« フルメタル・パニックTSR第一話!! | トップページ | 保存版ですな!「RADIO LICKS」 »

2005年7月15日 (金)

機動戦士ガンダム第08MS小隊

 レンタルビデオで鑑賞した作品(主にアニメ)のレビューを書いていく「レンタルビデオ生活」。
 第3回は「機動戦士ガンダム第08MS小隊」です。

 この作品自体はけっこう前のものですね。
 でも、一時期、Zガンダム以降乱発される「ガンダム」にちょっと嫌気がさしていて、しばらくずっとガンダムものは遠ざけてきていました。

 それは、何回も書いているように「アニメを否定しようとする商業漫画の風潮」に毒されていた影響も、あったんだろうとなと思います。

 だけど、「∀ガンダム」を本放送後数年経ってから見てみて、「やっぱりガンダムは面白いな。アニメは面白いな」と思うようになり、OVAや劇場版のガンダムもいろいろと見てみようと思うようになりました。

 特に、この「第08MS小隊」は敬愛する神田武幸監督の作品です。
 「銀河漂流バイファム」を中学生の頃夢中になって見ていた者としては、これは見ないわけにはいきません。
 それに。
 残念なことに、「第08MS小隊」は神田監督の遺作になってしまいましたし。
 第四話までを神田氏が監督し、第五話以降は飯田馬之介氏が監督を引き継いでいるわけですが、基本的なプロットやスタッフ選出は神田さんの仕事だったことでしょう。
 これはもう、襟を正して、心して見なければなりません。

 で、レンタル屋でどかっと借りてきて一気に見たわけですが。
 いやもう。
 面白かったですね!
 神田監督の実力とサンライズの底力を見た気がします。

 作品自体の感想として「素晴らしい!」というのも勿論あるのですが、感心するのはとにかくスタッフワークですね。
 脚本、演出をちゃんと力のある人にやらせていて。
 だけど、デザインや作画に関しては若くて馬力のあるスタッフをどんどん起用する。
 神田さんの全体観というものを感じさせるスタッフ配置ですよね。
 そういう仕事ができるというのは、やはりサンライズの底力ですね。

 さて、内容の感想ですが。
 第一話を見て、「うお!これはまさに神田監督の世界だ!」と思いましたね。
 宇宙を漂流してしまい遭難する主人公とヒロイン。
 そこからいかに生還するか、に時間を割いてきちんと描写するところが、バイファムでもあった「丁寧なシチュエーション描写」ですね。それは作品世界に奥行きを、登場人物に血肉を与えるものですが、そこで物語が地味になりすぎたり、つまらなくなったりしないよう、演出などにきちんと気を配っていますね。

 やー。もう、とにかく。この作品は第一話が本当に素晴らしかった。

 神田監督は、記憶違いでなければファーストガンダムで脚本をやっていたように思います。
 はっきり覚えていないので断言できませんが。(これは記憶違いだったようです。失礼しました)
 でも、とにかく。バイファムで星山博之さんの素晴らしい脚本を引き出したように、優れた脚本を導き出せる監督なのだと思います。

 この第一話の脚本はまさに秀逸です。

 主人公シローと、ヒロインアイナとの出会いもいいのですが。僕がこの第一話で好きなのはサンダースとのエピソードですね。
 これがまたすごくいいんです。
 シローの「味方を見捨てるわけにはいかない!」という心意気と、それを受けて遭難したシローを「助けに行くんだ!」とズタボロのジムを応急修理して飛び出すサンダース。
 たまりません!
 なんかもう。
 このエピソードを見て思わずウルウルしてしまいましたよ。
 やー。やっぱりこれこそ男の子の世界!ってやつですよ。

 物語は戦争の状況なわけで、そこで「命を賭けた男達の選択」みたいなことが描かれるわけですが。
 でも、ああいうことは僕達の日常生活でもあるわけじゃないですか。

 同じ職場の人間が苦しい状況にあったとして、その時、自分がどういう状況であったとしても「今手を貸さないでどうする!」と男気を奮い立たせることとか、あるじゃないですか。
 ちょっとした優しさで自分を支えてくれた人に対して、報いようと何か行動を起こしてみたり。
 「あの人のためなんだから、頑張ろう!」ってなったり。

 そういう普遍的な人の心を感じさせるエピソードで、見ていてストレートにぐっときました。

 本当に、いいエピソードでしたよ。

 そんな感じで非常に丁寧にエピソードが構築されていき、神田監督の死を乗り越え、第五話以降もスタッフが力を合わせ素晴らしい仕事を見せてくれます。

 やっぱり、素晴らしいのはこの物語がラブストーリーなことですね。
 ラブはいいっすよ。
 モビルスーツがいくら格好良く動いていても、色気がなくっちゃね!
 特に第七話で風呂に入るところは最高です!
 ああいうシーンものすっごく好きですわぁ。

 また、恋愛だけでなく、ノリスのアイナへの忠誠心(おそらくはアイナの父への)がまたいいんですよ!
 それも一つの愛情なわけですが。
 ノリスは最高でしたね。
 自らは脱出できない状況。しかし、仲間の退路確保のため、決死の単独出撃。
 そして作戦の遂行。
 「勝った…」は本当に最高でした。
 たまんなかったっすねぇ…。

 さすがにちょっと最終話はバタバタした印象はありましたが。
 その辺りはプロデュースの問題もあったのでしょう。多分、本当はワンクール分、13話で構成されていたんだろうし。11話が最終話というのは、不自然ですからね。

 でも、実質最終話になる後日談「ラスト・リゾート」がまた泣ける話で良かったですね!
 シローとアイナは基本的に出てこないんですが、それでも彼らが物語の中で確実に感じられるという、これまた非常に優れた素晴らしい脚本でした。

 この「ラスト・リゾート」がまたベタだけれども心憎い演出をするわけですよ。
 それは、オープニングの使い方。
 第11話まで見てきて最後の最後で「お!こうきたか!!」と。
 すっごい爽やかで良かった!
 そこにはシンプルだけど非常に力強いメッセージがこめられているわけですが。
 ここまで真っ直ぐにメッセージを伝えてくることに、素直に感動しました。

 このシリーズは、とにかく「真正面」な作り方なのが本当にもう素晴らしいです。

 神田さんは亡くなりましたが、でもこの作品には確実に神田さんの魂が宿っています。
 勿論、一人一人のスタッフ達のそれぞれの仕事の素晴らしさもまた敬意を抱くところではありますが。
 でも、僕は神田監督のファンとして、この作品を心に留め、愛していきたいと思うのです。

|

« フルメタル・パニックTSR第一話!! | トップページ | 保存版ですな!「RADIO LICKS」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/4976502

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム第08MS小隊:

« フルメタル・パニックTSR第一話!! | トップページ | 保存版ですな!「RADIO LICKS」 »