« フルメタTSR第二話「水面下の状景」 | トップページ | アニメ「苺ましまろ」第一話を再評価 »

2005年7月23日 (土)

アニメ版「苺ましまろ」第二話

漫画版も楽しんでいますが、アニメ版「苺ましまろ」も楽しく見ています。
その感想もちょろりと。

でも、今仕事も切羽詰っているので、ちょこっとってことで。

まず、ちょっと進行中のことについて。

「いつどこ」は今、書き溜め中です。今、新展開ですね。楽しんでもらえるといいなぁと思ってます。
「恋愛シュミレーションゲーム風」はガールズサイドの次のネタが決まりましたですぜ。「ご主人様のネクタイを締める」でございます♪お楽しみに♪
「BabyDog」はちょっと枚数多めに更新したいですね。けっこういい話なんですよ。これ。早く読んでもらえるように頑張りますですよー。

さてさて。
「苺ましまろ」第二話「アナ」の感想ですが。

今回は絵コンテ、演出が、女の子ものアニメでその名を知られている「神戸守」氏だということで注目しました。
さすが!というレイアウト技術とカメラワーク、演技でした!

特にAパート(前半15分ですね)の出来は素晴らしかったですね。
黒板に文字を書くところのカメラワークやキャラクターの動きには感心しました。
「おお!面白いな!」って。
僕は、キャラクターの中ではかなり美羽が好きなのですが、「オッオゥ」は最高でしたね。アホで可愛かった♪
伊藤姉妹もかなり好きですが。いや、みんな好きだけれども。

ただ、Bパート(後半15分)の出来はちょっと…もうひとつだったかなぁ。
作画はばっちりだったんだけど。
なんとなく、伊藤宅に女の子5人が集結してから「どう演技させるか」のところで迷いがあったように見えました。
ぎこちなかったんですよね。
脚本の横手さんといい、まだキャラクターを掴みきれていないのか?
原作に対して遠慮している部分があるのか?
もっとネタを膨らませて「もっとやっちゃっていい」と、僕なんかは思うんだけども。
今回の場合だと、美羽にもっと思い切って「ババ」を引かせても良かったのでは、と。
美羽は言ってみれば「若手芸人」みたいなもんだし。

ふーむ。
その辺り、今後どうなっていくのか注目してみたいですね。

あー。
あと。
個人的には笹塚君が、アニメで動く中で実際にああいう扱いをされてると、ちょっとキツイかなぁと感じました。
漫画で読んでると「おいおい。笹塚君酷い扱い受けてるなぁ」でさらっと流せるんだけども。
動きと声がつくと、ちょっと可哀相すぎるかなぁ…。
その辺りは受け取り方は人によって違うだろうけど。
僕も、小学校6年の時は実際担任に虐められてたから。「うーん…」と、なってしまいました。
笹塚君ネタは原作でもあるわけだから。「アニメだからどうこう」っていうことでもないわけですけれども。

何はともあれ。
次回も可愛い女の子達の可笑しな様子を楽しませて欲しいなぁと思っています。

なんつか。
「苺ましまろ」は見てると「父」入ってきますね。「兄」とかじゃなく。
「父プレイ」
いや、「プレイ」はいらないっすかね。
「プレイ」…

つぶやき残して、今回はこの辺で!!

|

« フルメタTSR第二話「水面下の状景」 | トップページ | アニメ「苺ましまろ」第一話を再評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/5099764

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「苺ましまろ」第二話:

» レビュー・評価:苺ましまろ/第2話 「アナ」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 24 / 萌え評価 51 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 15 / シリアス評価 12 / お色気評価 15 / 総合評価 20レビュー数 58 件 イギリス人のアナは日本暮らしが長く日本語はペラペラ(というよりも英語が話せない)。転校を期にイギリス人らしく振舞おうと、日本語を話さないことを決意するが、登校途中、美羽に出会いあっさりと日本語で挨拶してしまう。出鼻をくじかれたが、彼女とは学年が違うことが分かり一安心。転入したクラスは茉莉のクラスだった。隣の席にな... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 14:54

« フルメタTSR第二話「水面下の状景」 | トップページ | アニメ「苺ましまろ」第一話を再評価 »