« 「LICKS&ROCKS」トライセラトップス | トップページ | 劇場版「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐ者〜」を観てきました!! »

2005年7月10日 (日)

ジョン・メイヤー「ルーム・フォー・スクエアズ」

今回ご紹介するのはJOHN MAYERの「ROOM FOR SQUARES」というアルバムです。

このアルバムは2001年に出たものですが、アメリカで超ヒットしてグラミー賞も獲ったりとかしたらしいです。詳しくは知らないのですが。

僕がジョン・メイヤーを知ったのはクラプトンが主催したブルースフェスティバルのライブ映像で、「うわ!こいつ誰!?ムチャクチャ上手いじゃんか!!」と一発で惚れました。
でも、そんな超ヒットアルバムを出しているアーティストだとは全然知りませんでした。
ジョン・メイヤーは今年のグラミー賞でも「DAUGHTERS」で賞を獲っていましたが、日本ではほとんど話題になってませんよね?なんだか現在の日本での知名度は相当低いように思えるのですが…。

でも!
日本での知名度が低かろうと、このアルバムの素晴らしさは変わりません!
このアルバムはムチャクチャいいです!
超お気に入りです!!

すごくポップなアルバムで、どの曲もキャッチーです。
しかし、ただポップなだけでなく、ギターとヴォーカルを担当するジョンのレベルの高さと、バックを支えるバンド演奏のグルーヴ感とが、音楽そのものが持つ高揚感を見事に体現しています。
つまり、「すごくいい!」んです。

ジョン・メイヤーはブルースから音楽に入って、バークレー音楽院なんかでも勉強したらしく、ポップスを志向しつつもその音楽の基礎はとてもしっかりしているようです。
このアルバムでのギターもジャズっぽいアプローチを随所に感じますし、ブルースフィーリングも感じさせます。
アレンジもすごく良くって、ギターもベースもドラムも全体の音数をしっかり絞って、的確な音で的確に、かつ若干ラフに演奏されています。このバランスがもう!たまらんのですよ!!

一曲目のイントロなんかもう、本当に最高です。
ギターの音色も本当にすっごくいいのですが、侮れないのがベースです。
音数は少ないんだけど、聴いていてすっごく心地いいんです。
なんというか…。奥行きを感じさせるんですよ。
アルバム全体を聴いていて、非常にビジュアルを喚起させるものなのですが、ベースの音色がその印象をより深いものにしているように感じます。

このアルバムは部屋で聴いてもすごくいいし、車で聴いても最高です。
これもまたあれですよ。
ちょっといい雰囲気になりたい女の子を部屋に呼んだり車に乗せたりしたら、絶対にこのアルバムはあなたを助けてくれることでしょう!
あとは、ちょっとした気の利いた話をしていい感じで盛り上げればバッチリ☆

まぁ、ジョシュア・レッドマンのところでも書きましたが。
そうはいっても、その「ちょっとした気の利いた話」っていうのが、難しいんですがねー。
今の私は、どんなステキな音楽が流れていても、Zガンダムの話をしてしまうでしょう!

あ。そうだ!
そうそう。ジョシュア・レッドマンだったら、アダルトでちょっと危険な感じの話題(要は軽くエッチな話題ですな)をするのがいいと思うんだけど、ジョン・メイヤーだったら明るい未来とか夢の話なんかをするのがいいかもしれない。「ちょっと子供っぽいところのある僕」を演出だぁ!

いや、まぁ。
そんなことはともかく。
本当にとてもいいアルバムなので、興味のある方は是非聴いてみて下さいね!!

|

« 「LICKS&ROCKS」トライセラトップス | トップページ | 劇場版「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐ者〜」を観てきました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/4908849

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・メイヤー「ルーム・フォー・スクエアズ」:

« 「LICKS&ROCKS」トライセラトップス | トップページ | 劇場版「機動戦士Zガンダム〜星を継ぐ者〜」を観てきました!! »