« 妄想イッパツ!(巨人と小さい少女で妄想) | トップページ | メイドは性奴隷であり、かつ暗殺者である。 »

2005年7月 9日 (土)

姉妹同時調教は男の浪漫。

さぁ。妄想しましょう。
今回のテーマは「SM」です。
せっかくの妄想ですので、やはりありえない妄想をするのが一番ですね。

しかし、よくある
「さらってきて」「監禁して」「陵辱しまくって」「中出しとかして」「ふふふ。お前は今日から俺の牝奴隷だ」「ががーん!」「END」みたいなのはつまんないのでそこは一ネタ入れる形で。

一ネタとは言っても、やはりここは定番ネタでいきたいですね。
なんと言っても、「借金のカタに娘を買い取り、好きなように弄り倒す」というのが良いでしょう。
「えー?それもありきたりじゃん」
と思うかもしれません。しかし、意味なく拉致るのはただの暴力です。
私は「暴力するよ?いいね?」と確認した上でそこに合意を得てから弄りたいのです。
同じありきたりであっても、やはりそこには美学の違いがあることを知り給へ。

さて。「娘」はやはり姉妹二人を一気に買い取りたい。
二人ですよ。二人。
二人の女の子を好きなように弄り倒すということは、つまり「6つ」です。「6つ」。「1×6」なわけですよ。もちろん、場合によって「不特定多数×6」というのもアリですが。
何を言っているか、お分かりですね?

この場合の姉妹に関して、妄想ですから。
やはり、姉は○校生、妹は○学生辺りを基本にしたいですね。
外見は、せっかく二人いるのだから違う要素を振り分けたい。
定番としては、「姉はロングヘアのおしとやか系」「妹はショートヘアの活発系」といったところでしょう。
そこまで王道でいいのか?
King`s Way…。
ふむ。
少し、思考を巡らせてみると。借金のカタに売られてくる姉妹はあまり髪を切りに行く余裕は無いのかもしれない。
となると、二人ともロングヘアというのが正しいか。
では、こうしよう。

「姉はストレートロングヘアのしっかり者。料理も上手な優しい子」
「妹は三編みお下げのドジっ子。勝気なようでいて泣き虫。姉にコンプレックスあり」

この二人を、陵辱していくに当って、せっかく金で買っているわけですから強引に責めまくるのではなく、自分の立場を自覚する形で調教していきたいですよね。
例えば、フェラをさせるに当っては
「どうか、ご主人様のオ●ンチンを…この哀れなめ…牝豚便器に、おしゃぶりさせて下さい・・・うぅっ…(屈辱と情けなさで思わず泣く)」
みたいに言わせてから「ふふふ。そら、口を開けて舌を出せ。もっと開けろ。そうだ。おうおう。間抜けでバカみたいな面だぞ。んん?」などと悦に入りながら一気に喉の奥まで乱暴に貫くわけです。

そして、せっかく好きに弄るのですから、口の次はア●ルからいただきたいですな。
私としては二人が処女であるかないかにはこだわりは無いのですが…。ふむ。とりあえず妹は処女。姉は経験アリ。但しア●ルは処女。という辺りが妥当でしょうか。
そうなると、ますます二人ともまずはア●ルからいただくのが王道。
そうです。King`s Way。
おっと。もう一つ王道を忘れていましたね。
やはり、ア●ルをいただくからには「浣腸」をしませんと。
グリセリン浣腸を、500cc…と普通な線で抑えてしまいそうですが。これは妄想です。
妄想なのです。
そうなりますと、やはり浣腸は2リットルは頑張りたい。
いや、無理とかなんとかではないのです。現実でやってはいけませんよ。浣腸は医療行為なわけですから。もしやるとしてもせいぜい50cc~150ccくらいでやめておきましょう。

浣腸でお腹をパンパンに膨らませた姉妹。
もちろん全裸にひん剥いて縛り上げています。
肛門にはきちんと栓をして漏らさないようにして床に転がします。
この場合の緊縛は仰向けで開脚がいいでしょう。
剃毛は当然必須です。

さぁ。ここからが妄想の妄想たる場面です。
なぜ仰向けにしたかお分かりですか?
それはですね…。
こうするためです。

お腹をパンパンに膨らませて転がっている姉妹を横に並べます。
そして、
姉のお腹に足を乗せます。
椅子か何かを用意して、手をかけ体重を足に掛けないように注意しつつ、もう片方の足を妹のお腹に乗せます。
ここで見下ろして残忍に笑うのもいいでしょうが、ここはあえて優しくにっこり微笑んであげたい。
さぁ。椅子から手を離して下さい。
体重が一気に姉妹のお腹に掛かります。
二人の肛門にしている栓は圧力に耐えかねてついに抜けてしまいます。

そして…。
悲鳴と下品な排泄音とのコラボレーションが室内に響くのです。

このような調子で、陵辱の限りを尽くしていくのですが、ただ弄るだけではありません。
時折優しくしてあげます。
服を買ってあげたり、美味しい物を食べに連れて行ってあげたり。
部屋をちゃんと用意してあげて、書物などを買い与えて学問をさせてあげたり。
もちろん、家の中のこともやらせるのですが、二人に料理もさせたりします。
妄想主はこの場合金持ちなわけですから本来はコックなどがいるわけですが、それでも姉妹に作らせたりするのです。すると出てくる料理は普通の家庭料理で素朴なものばかり。
これを全部残さず食べて「美味しかったよ。ご馳走様」などと優しく微笑んで労ってあげるのです。

そして、姉妹は気付くのです。
自分達のご主人様は、もうかなりの年でもあり、ずっと以前に奥方を亡くし、子供もなく孤独であることを。金持ちであるため親戚はハイエナのようなものであり、心を許せる者はいない。
彼が信じられるのは、ただ金と権力のみ…。

二人の心は少しずつ少しずつ動いていきます。
自分達を陵辱し、考えうるあらゆる屈辱を与えてくる憎い男。
しかし、その男が何か哀れに思えてしまうのです。
二人は、ご主人様に対して、ただ行動として服従するだけでなく、心の面でも主体的に「尽くす」ようになっていきます。
二人の肉体を弄びながら、男にもその二人の心の変化が感じ取れます。
三人の関係は、不思議な、不思議な愛情に包まれた主従関係へと育っていくのです。

男は、二人のために宝石なども買い与えていましたが、もともと庶民の出の彼女達。
まだ若く、幼さも残す姉妹は実は昔両親にねだって買ってもらえなかったぬいぐるみがあったことを男は知ります。
金持ちの男にとって、そんなぬいぐるみを買うことなどなんてことないわけです。
ちょっと下男でも使いに出せばいいことです。
しかし、彼はその日、自らの足でぬいぐるみを買いに行きます。
金持ちで権力もある彼が、何の気まぐれか。
ちょっと気恥ずかしそうに、ぬいぐるみを買います。
プレゼント用に包んでもらったそれを持って家に帰る時には、なんともいえないときめきを覚えながら、自然と軽やかな足取りになっていくことを感じます。

しかし。
そこで突然戦争が始まってしまいます。
突然の警報。
逃げ惑う人々。
男の頭には二人の姉妹のことしかありません。
走って家へと向かう男。
しかし、避難の誘導に巻き込まれてしまい、家へ向かうことができない。
そして始まる空襲。
焼ける家々。
男は必死でぬいぐるみを守りながら姉妹を探します。

嗚呼…。
三人はこれからどうなってしまうのか!?

ふぅ。
今回の妄想は長かったぁ。

|

« 妄想イッパツ!(巨人と小さい少女で妄想) | トップページ | メイドは性奴隷であり、かつ暗殺者である。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/4889880

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹同時調教は男の浪漫。:

« 妄想イッパツ!(巨人と小さい少女で妄想) | トップページ | メイドは性奴隷であり、かつ暗殺者である。 »