« 見てはいけない人? | トップページ | フルメタTSRを楽しむために過去の作品をどう押さえるかの私的見解 »

2005年8月18日 (木)

フルメタル・パニック!TSR第6話「エッジ・オブ・ヘヴン」

 ついに…ついに来ましたね!切ない愛の物語が!!!!
 非常にいい回でした。
 いい回でした。
 見終わってからちょっと放心してしまうくらい。良かったわぁ…。

 そんなわけで、フルメタル・パニック!TSR第6話「エッジ・オブ・ヘヴン」の感想でございます!!

 前回もそうだったのですが、今回、耳を覆う形のヘッドフォンを装着し、大音量で視聴しました。
 これは、大正解でした。
 とにかく、今回「音の演技」がものすごく素晴らしかった!!!かなめが宗介の散髪をするところの音、皆さん聞きました!?すごかったですよね。

 基本的に、今回の話はアクションなどが派手にある回でもなかったのでBGMが少なかったですよね。特に散髪のシーンはずっと効果音と台詞だけで、音楽は一切無しでした。
 散髪のシーンもものすごくしっかり描写されていて、すごかったですよね。
「うわ、ここまで真正面から『演技』をさせるか!!」
 と思って、しびれましたね。

 今回の話は、本シリーズのものすごく重要な回なんだということが見ていてすごく伝わってきたのですが、そこで、とことん「演技」にこだわった姿勢は喝采を送りたくなる程素晴らしいものだったと思います。

 絵によるキャラクターの演技。
 声優さんの演技。
 効果音による演技。

 すごかった。
 本当にすごい。
 いや、あそこまでのことを「しようと思う」ことも「実際にする」ことも、できるんだとは思います。だけど、すごいのはその演技、演出がきちんと「こっちに伝わってくる」ことなんですよ。
 いくらすごいことをやっていても、それが伝わらなければ仕方がないわけですが、この話ではムチャクチャ伝わってくるんですよ。

 クオリティ、高い。
 本当に高い。
 「伝える」ことのクオリティが、ものすごく高い。
 それはつまり「伝えようとしている」ということなわけですよ。
 そして、それは「伝えたいことがある」ということからきているわけです。

 画面クオリティが高いだけのアニメなら、実際いくらでもあるとは思います。
 でも、何かを伝えようとしてくる作品、何かが伝わってくる作品は、そんなに多いものではありません。
 今回の話を見ていると、宗介とかなめの心というものが本当に丁寧に描写されていて、そこに彼らがお互いのことを信じ、そして実は強く強く互いを求めていることがひしひしと伝わってきます。

 物語は、特殊な戦闘状況を描写しますし、主人公もヒロインも特殊な存在であったりします。
 でも、彼らが感じること、思うことは、誰もが経験することであるように思います。
 彼らは「好き」とか「愛してる」とか、全然言いません。そういうことを言えないキャラクター達なわけですし、彼らが感じている気持ちを的確に表現する言葉、ボキャブラリーを持っていないとも言えるかもしれません。だから、「信じてる」という言葉や、何も言わず眠ってしまったりすることから、彼らの気持ちを感じ取っていくことになるわけです。

 そしてそこで感じ取る彼らの気持ちというものが、誰もが経験する気持ちであると思うのです。

 かなめが悪い奴らにさらわれたり。
 宗介が戦って傷ついたり。
 そういうことと同じようなことを僕らはおそらく体験しないでしょう。
 だけど、自分達のことに置き換えることはできると思うんですよ。

 例えば、かなめは「狙われる立場」にあるわけですが、女の子は基本的に「狙われる立場」にあると思うんです。古今東西問わず。ある意味普遍的な立場ですよね。それは、肉体的な意味だけに留まらず、経済的な意味でもあるわけですよ。よく言われる「商品作りに迷ったら、とりあえず女子供をターゲットにしろ」ってやつ。家庭にあっては財布を握っていたりもするわけですから、そりゃ狙われますよね。
 かなめはその「狙われる」ことが極端に描写されている、と受け止めることができるわけです。

 宗介の「命令にひたすら従う兵隊」の立場なんざ、もう会社で働く男そのものなわけじゃないですか。宗介の育ちや性格、技能が特殊なものであったとしても、立場自体は日本のサラリーマンと実は一緒なんですよね。
 その意味では、彼は今回「単身赴任を命じられた」ようなもんなわけですよ。それが、ものすごく極端に描写されている、と受け止めることが、やっぱりできるわけです。

 物語では極端に描かれるから、彼らは文字通り命を賭けて戦うし、命の危険にも晒されるし、そんな生きるか死ぬかの中でお互いを求めていくことになります。
 でも、それは極端に描かれることではあるけれども、やっぱり僕らに置き換えることができると思うんですよ。

 生活していくこと、人を愛すること、求めること。
 それは片手間にできることじゃないですよね。その意味では、僕らも彼らと同じ立場にあると言えるわけです。
 宗介やかなめが物語の中で経験し感じることは、実は僕らが経験し感じることと全然離れていない。そして、そこに今回のシリーズで「伝えたいこと」があるんだろうと感じるのです。

 それを今の段階で読み取って「それはこれこれこういうことだと思う」と言うのはできません。
 物語を最後の最後まで、最後のエンドロールまで見届けなければ語れないことでしょう。
 しかし、「伝えたいことがあるんだな」ということが、まずは伝わってきているということは、言えます。
 本当に、最後まできちんと見届けたい作品ですね。

 次回もまた楽しみです!!

 …と。
 「伝えたいこと」があることの素晴らしさについて語ってきたのですが、そのことを書いているこの感想が、果たして伝えたいことを伝えられているのかどうか…。疲れと眠気もあって、ちゃんと書けているのか自分ではよく分かりません。もしかして、無駄に長く書いてしまっているのだろうか…。(汗)

|

« 見てはいけない人? | トップページ | フルメタTSRを楽しむために過去の作品をどう押さえるかの私的見解 »

コメント

どうもお世話様です。ようやく昨夜自分の感想を書き上げ、遅まきながらTBさせていただきました。

いやーもーナンと申しますかー悶えまくりですよ今回。だんちさんのご意見も、ぶんぶんと頭を振り頷きながら読ませて頂きました。一から十までごもっともで、非常に共感いたしましたです。

>果たして伝えたいことを伝えられているのかどうか…。

ばっちぐー(死語)です!GJ!

投稿: てりぃ | 2005年8月21日 (日) 11:08

てりぃさん、コメント&TBありがとうございます!
今回、悶えましたよね~!!思い出すだけで今でもいくらでも悶えられます!

悶えた挙句放心状態で書いたので、ちゃんと文章になっているか心配だったのですが、「ばっちぐー」の一言をいただけてホっとしました。(⌒▽⌒)
てりぃさんの感想も楽しく読ませていただきますね!!

投稿: だんち | 2005年8月21日 (日) 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/5522032

この記事へのトラックバック一覧です: フルメタル・パニック!TSR第6話「エッジ・オブ・ヘヴン」:

» フルメタル・パニック! The Second Raid [A&G流し打ち さくら]
今回は、宗介がかなめに髪を切ってもらって護衛の任務を頑張ろうと再び決意。そうしたら護衛の任務終了のメールが来て、以後かなめとの接触を一切禁止するという内容に宗介がキレる、という感じだった。まぁ、ひとまずそれは置いておくとして 「ポウッ!!」テメェ!オレの双子をどうしやがっ... [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 11:47

» フルメタTSR感想:#6 エッジ・オブ・ヘヴン + 「デス・ノート」アニメ化? [あ〜あ、やっちゃった。]
大雨です。雷です。停電です。なんか大量のノイズとか一瞬の停電とかでまともに見れなかったorzとりあえず感想。まぁ小説とほとんど同じ流れですね。服が違ったのが気になったけれどね。さすがに軍服はまずかったのでしょう。「それに私なら手を切り落としている。」・・・ソース... [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 11:50

» フルメタルパニック TSR第6話[尽き果てる瞬間] [キミヲカガク BLOG そこに一切科学は存在しない]
第6話<エッジ・オブ・ヘブン>普段は賑やかな教室-生徒たちの騒がしい声や、何故か多種多様な実戦装備の衝撃や爆発音まで-が、いまはテスト期間中の雰囲気に飲まれ、回答用紙の上を奔るペンの音だけが響いている。担当教諭の合図で用紙を捲(めく)る一瞬の緊張感が、けして緩和する事なく続く。テストの前に開いた教科書の記述が出題されるか否かという、細(ささ)やかな幸運がもたらされるかどうかの別れ道。巡り合えた者はすでに第2問の出題に目を通し初めており、そうでない者は変わるはずのない用紙を見つめて、世界が終...... [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 16:02

» フルメタル・パニック!TSR 第7話「エッジ・オブ・ヘブン」 [ぷらすまいなす研究所・夢幻]
宗助に降りかかる非情な通告。 フルメタTSRも本格的に面白くなってきました! フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene00<初回限定生産>賀東招二 武本康弘 関智一 ハピネット・ピクチャーズ 2005-06-24売り上げランキング : 960おすすめ平均 Am..... [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 16:07

» 『フルメタル・パニック! The Second Raid』 #6 [【T】 Tsukasa♪'s Blog!]
相良宗介、初めて美容院へ(笑)。 [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 17:03

» フルメタル・パニック! The Second Raid 第06話 [暇人堂]
第06話「エッジ・オブ・ヘブン」 魅せるアニメ、というのを改めて認識させられたな ブルーノの尋問シーンのテッサの表情や かなめが宗介の髪を切っているところとか 宗介・かなめ、互いの気持ちが丁寧に描写されてた 任務だから守るから、自分の意思でかなめを守....... [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 18:11

» フルメタル・パニック!TSR 第6話「エッジ・オブ・ヘヴン」 投稿者:たまら [〜腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ〜]
  おっぱ・・・ぃ   ハァハァ・・・          気恥ずかしいほどにラヴかったですね〜今回。     <あらすじ> 「あんたいつまでこんな生活を続けるつもりなの?」というマオ姐の言葉に、自分を見つ... [続きを読む]

受信: 2005年8月18日 (木) 23:33

» フルメタルパニック!TSR 6話感想 [月の砂漠のあしあと]
 フルメタル・パニック! The Second Raid Scene01 +α 初回限定版  テスト中だというのに、落ち着きのないかなめ、答案に『宗介』の名前を書きかけたり、宗介の席をみたりしてます☆みられたらカンニングを疑われますぞ!☆  そんなかなめの想いが通じたのか、なんと....... [続きを読む]

受信: 2005年8月19日 (金) 01:46

» [フルメタルパニックTSR]第6話 エッジ・オブ・ヘヴン [もえろぐ]
「フルメタルパニックTSR」第6話です。 ミスリルの行っている あの裏切野郎への尋問がなかなか壮絶であります。 艦長はやはり優しい人なのでちょっと耐え難いようですね。。 宗介は先生へ謝りに行ったようで。 いや~・・よく許してもらえたもんだw ま、それはそれとして宗介を美容院へ連れて行くことにw 床屋じゃなくて美容院ってところが まったくもって面白そうであるのですが まぁ、予想通り面白いw 宗介はわけのわからん自己暗示をかけながら耐えていますが やはりわけのわからん脊髄反... [続きを読む]

受信: 2005年8月19日 (金) 07:29

» フルメタル・パニック! The Second Raid 第06話 「エッジ・オブ・ヘヴン」 [現代人は俺を●●●と呼んでいる]
今週の話は、情報部の裏切り者さんが、拷問受けます。ソースケのほうは、散髪に行って暴れだす話です。ハゲ親父のところは、A.S.を奪取される話です。 今回の話も、面白いところがあれば、かっこいいところもあります。( ゚∀゚ )カナリイイ!! 情報部の裏切り者のほう...... [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 11:28

» フルメタル・パニック! The Second Raid 第06話 「エッジ・オブ・ヘヴン」 [吠刀光 【遊撃】]
 全然寝てねーじゃん というツッコミは無しの方向で。  続き→ [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 11:38

» フルメタル・パニック!TSR 第06話「エッジ・オブ・ヘヴン」感想 [レビューときどきツッコミ]
 あらすじに関しては他のレビューサイトさんにお任せして、どうしても気になった突っ込みどころを追求したいと思います。(重箱の隅をつつくとも言うが) [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 11:58

» フルメタル・パニック! The Second Raid 第06話 エッジ・オブ・ヘヴン [ボーっとしてても時間は過ぎてゆく]
フルメタル・パニック! The Second Raid 第06話 エッジ・オブ・ヘヴン [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 12:51

» フルメタル・パニック! TSR Scene06 「エッジ・オブ・ヘヴン」 [PAWA-TYPE]
今週も相変わらずのクオリティの高さ。 あの漫画のキャラクターもチラッと出てきています。 [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 17:18

» フルメタルパニックTSR 第6話 「エッジ・オブ・ヘヴン」 [ニュータイプでいきましょう]
L!!!ちょ、デスノートアニメ化するの?まさか、京アニが製作すんのか? [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 22:13

» フルメタル・パニック!TSR Scene06「エッジ・オブ・ヘヴン」 [Old Dancer's BLOG]
 今回は、グリグリと動くアクション関係の描写はほとんどなく、マシン自体も敵ASがちょこっと映るのみ。逆に、繊細な動きに存分なこだわりを注いだ人物の心理描写と、静寂な場の雰囲気作りに力点が置かれ、とりわけ宗介とかなめの絶妙な距離感の表現に焦点を絞った傑作でした。  以上。  え?こんなに長いことかかって、たったそれだけってことはないだろうと?いつものようにもっと色々と語れと?はっはっはーのはー、いやー私もそうしたいのはマウンテンマウンテンなんですがねー。いざ語ろうとすると切なくて切なくて。... [続きを読む]

受信: 2005年8月21日 (日) 11:03

» 【5.1ch】『フルメタル・パニック! The Second Raid』Scene06「エッジ・オブ・ヘヴン」 [『遍在 -omnipresence-』]
 さてこのエントリは、8月28日(日曜日)にアップしています。  そうです、『AIR In Summer』(監督:石原 立也)(前編)の放送前にアップしています [続きを読む]

受信: 2005年8月28日 (日) 23:00

« 見てはいけない人? | トップページ | フルメタTSRを楽しむために過去の作品をどう押さえるかの私的見解 »