« 漫画家は聴くべきかも!「Radio Licks」 | トップページ | 耳コピ祭り!苺ましまろ。そして第10話を見て立てた仮説 »

2005年9月29日 (木)

男子にとって起こり得ること…フルメタル・パニックTSR第10話「ふたつの香港」

 悩める宗介、どん底へ!サディスティックな気持ちで楽しめる回でしたね。

 見所としては、根谷美智子さん演じるマオ姐さんのリーダシップと仲間を思う女らしい気遣いが非常に良かったと思います。悩める主人公の脇にいて、宗介の苦しんでいる様子が彼女の視点を通すことでこちらに明確に伝わってきます。その見せ方と同時に、根谷さんの演技も素晴らしかったですね。
  前々回がゆかな氏、前回が雪野五月氏の演技が素晴らしかったとするならば、今回は根谷氏の演技が目立っていました。ゆかな氏、雪野氏の演技は「迫真の」というものであったわけですが、根谷さんの演技は渋かったですよね。主人公を心配し支える上司としての暖かさを、出過ぎず、かといって地味にならず、的確に演じていたように思います。

 そして、そのマオ姐さんの演技が良かったことで、宗介の現在のダメっぷりがもう際立つ際立つ!
 やー。すごかったですね。宗介のダメっぷり。
 でも見ていて思いましたよ。
 「こういうことは、男子には起こり得る」
 と。

 前回、かなめは取り残され、そこで奮起して行動を起こし闘ったわけですが。今回の宗介はまったくその逆。
 でも、男と女ってこういうところあるよな、と思います。リアリティありますよね。
 目的があってやる気が充実している時の男って、大きな力を発揮するけど、その目的ややる気が失われると、途端にしぼみにしぼんでしまう。
 なんだか、宗介、仕事に遣り甲斐を無くしてしまったサラリーマンのようでしたよね。

 その意味では「人材をどう使うか」という組織としてのテーマなんかも考えさせられます。
 「命令だ」と言って、人材の気持ちを考えずに使うと、その人材の持っている能力を発揮することができないだけでなく、損害まで負いかねない。だからと言って、いちいち人材の気分ばかりを気にしていても、それはそれで仕事にならない。
 そこはバランスが大事なのでしょう。
 宗介に与えられた任務のことを思うと、ちょっとバランスが悪いわけですね。なぜあんな状態の宗介が香港に送り込まれたのか。カリーニンの心配そうな表情を見ると、何かしら狙いがあるんでしょうけど。後で分かるのかな?

 その狙いは分かりませんが、この「バランスの悪い使われ方」は、仕事をする男子には起こり得ることです。仕事に限らず、スポーツなんかでもあるでしょう。あー。そういやパルマ時代の中田ヒデとか、そうでしたよね。
 このことは、男子にはほぼ100%起こることでしょうね。僕だって、勿論ありました。
 ここもまた、前回同様疑似体験の世界になっていくわけですね。
 果たして宗介は今抱えている悩みをどのように認識していくのか。
 そしてそこからどのようにして脱していくのか。注目せざるを得ません。

 組織が個人をどう使うのか、という部分。
 個人が組織にどう使われていくべきか、という部分。
 そういうところは、単純な問題でなく、なかなかに深く難しいものがあります。
 その難しい問題に直面した宗介。
 彼には、是非とも僕らに勇気や希望を与えてくれる脱し方を、見せて欲しいものですね!

 しかしやっぱり。すごいことですよね。
 かなめが窮地で奮起し、宗介が遣り甲斐を失って腐ってしまう。
 その、男と女に起こり得る普遍性を楽しめるエンターテインメント作品として提示する。
 これはやっぱりすごいことですよ。
 「フルメタル・パニック」という一連の作品は、時代が移っていっても楽しんでいける、そういう優れた作品であると、改めて感じます。

 次回は武本監督が脚本で山本寛氏が絵コンテ&演出ですね。
 となると、次回も丁寧な描写が見所になりそうですね。
 更に、作画監督が米田光良氏なので、ハードボイルド展開も期待していい、と。そんな感じでしょうか。
 楽しみですねぇ♪

 そういえば。今回の絵コンテ&演出は若手(?)の吉岡忍氏でしたね(前回担当は「とりのこされて」)。マオ姐さんの渋い演技を引き出したのは、この吉岡さんなんでしょうね。やはり、女性なのかなぁ。女性キャラを演出するのが上手いわけですが、全体的には映画的で骨太な誤魔化しのないガチンコな演出をする人ですよね。そういう人はけっこう貴重な気がします。今後の活躍も楽しみですね!

 それにしても。
 次回予告のラストカット。夜の公園に呆然と座る宗介を見て、爆笑してしまいました…。
 次回も、サディスティックな気持ちで楽しめそうですな♪

|

« 漫画家は聴くべきかも!「Radio Licks」 | トップページ | 耳コピ祭り!苺ましまろ。そして第10話を見て立てた仮説 »

コメント

こんばんは~

今回の宗介はいじめられまくりで最高でしたね(ぉぃ

宗介も思春期って奴ですよねww

投稿: keita | 2005年9月29日 (木) 21:07

初めまして。
だんち様の洞察力の鋭さ、確かさに惹かれて
お邪魔させていただいております。
さて、今回の「二つの香港」ですが原作ファンとしては少々、残念な部分が。
それというのも、TSRは原作小説からアニメへとメディアが変わる過程において毎回、
素晴らしい「翻訳」がなされていて原作の魅力、設定を映像として見事に表現していたのですが、今話はそれが弱かったですねぇ。
特にアルとの会話をほとんどはしょられてしまったのは痛かった・・・下手すれば致命傷になりかねないぐらいです・・
それとソースケが偵察のメンバーに選ばれたのはマオ、ヤン、ウーと共に東洋系の顔立ちってのが理由です笑 

投稿: とーや | 2005年9月29日 (木) 22:05

> keitaさん
こんばんは!コメント&TBありがとうございます。

≫ 今回の宗介はいじめられまくりで最高でしたね(ぉぃ

あははは。サディストですねぇ。(笑)
次回もまだまだウジウジしそうで、楽しめそうですよね♪

≫ 宗介も思春期って奴ですよねww

青春ですな♪やっぱり人殺してばっかりじゃなくって恋をしないとダメですね☆

>とーやさん
初めまして。コメントありがとうございます!

≫だんち様の洞察力の鋭さ、確かさに惹かれてお邪魔させていただいております。

お褒めいただき、恐悦至極に存じます。
いやもう。書いている時は夢中で書いていますので、読みにくかったりもすると思いますが…。楽しんでいただけているのでしたら嬉しいです!!

≫特にアルとの会話をほとんどはしょられてしまったのは痛かった・・・下手すれば致命傷になりかねないぐらいです・・

なるほど。
僕は「終わるデイ・バイ・デイ」のみ、まだ読んでいないので、原作とTSRとの比較は分からないのですけれども。
まぁでも。原作との比較や違いに関しては、TSRの放送が終わってから、ってことでいきましょう!
まずは本放送をしっかりたっぷり楽しむっていうことで!

≫ それとソースケが偵察のメンバーに選ばれたのはマオ、ヤン、ウーと共に東洋系の顔立ちってのが理由です笑

そうなんですよね。後になって「そういえば、ミスリルって深刻な人材難だったんだ」って気付きました。
やはりここにも「組織が人材をどう使うか」の問題が、ってことでしょうね。
それにしても。やっぱりヤンは地味ですよねぇ。(笑)

投稿: だんち | 2005年9月29日 (木) 23:21

どうも、毎度お世話になります。

> 次回も、サディスティックな気持ちで楽しめそうですな♪

ナンかムチャムチャ楽しそうですやん?!(笑)

いや、私もある意味「作品を楽しんで」はおりますが、だんちさんのそれはちょっとマネできそうにありませんです(^^; ええ、キャラとともに壊れていく、それがてりぃスタイルなものですから。

次回、彼女の問題と双璧をなす話として、宗介のターニングポイントが良質なドラマとして描かれるのをワクワクしながら待ちましょう。

投稿: てりぃ | 2005年10月 1日 (土) 00:28

>てりぃさん
いつもお世話になっております。コメントありがとうございます!!

≫ ナンかムチャムチャ楽しそうですやん?!(笑)

あははは!ダメですか!?
フルメタを見ていると、いかに自分が変○であるか、の自覚を深めてしまう今日この頃です。

≫ いや、私もある意味「作品を楽しんで」はおりますが、だんちさんのそれはちょっとマネできそうにありませんです(^^;

こっちの水は甘いよぉ♪おいで~なぁ♪

≫ ええ、キャラとともに壊れていく、それがてりぃスタイルなものですから。

てりぃさんのテンション高い文章好きですよ。いつも楽しみにしています!

≫ 次回、彼女の問題と双璧をなす話として、宗介のターニングポイントが良質なドラマとして描かれるのをワクワクしながら待ちましょう

そうですね!サディスティックな視点ばかりでなく。(笑)
実際、男子刮目の回となりそうですよね。楽しみです!!

投稿: だんち | 2005年10月 1日 (土) 03:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/6166221

この記事へのトラックバック一覧です: 男子にとって起こり得ること…フルメタル・パニックTSR第10話「ふたつの香港」:

» 『フルメタル・パニック! The Second Raid』 #10 [【T】 Tsukasa♪'s Blog!]
今回は、香港でのASバトルがメインか・・・と思いきや、 殺戮姉妹(笑)・姉のモノと思われるASによる、一方的な破壊活動がメイン。 [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 08:52

» フルメタル・パニック The Second Raid 第10話 「ふたつの香港」 [萌えと燃えの日記。]
今回はフルメタル・パニック The Second Raid 第10話 「ふたつの香港」の感想を書きます。 [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 20:12

» フルメタル・パニック!The Second Raid #10 「俺の宗介がうわの空」 [When the cicada cries]
かなめの事を考えてしまう宗介 ナビとの会話は面白かったです。直感とか直感とか直感が スパロボJのおかげで、なんとか話についていけたな〜 早いところ前作を見たいものだ [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 21:24

» フルメタル・パニック!TSR 第10話「二つの香港」 [ぷらすまいなす研究所・夢幻]
あ~、今日はマジで疲りた~。 大好きなフルメタなんですが、今回はちと短めで失礼。 フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene00<初回限定生産>賀東招二 武本康弘 関智一 ハピネット・ピクチャーズ 2005-06-24売り上げランキング : 1,026おすすめ平均..... [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 22:56

» フルメタル・パニック!TSR 第10話「ふたつの香港」 投稿者:たまら [〜腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ〜]
どんどんヘタレ男に・・・<あらすじ>いよいよ本格的に、宗介に任務が。不明ASによる香港での大規模破壊行為に当たり、マオを含む数名が派遣された。香港は、北と南の中国軍がにらみ合う緊張状態が続いている。任務開始までの間、自らのアーバレスのAI「アル」と会話す....... [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 23:43

» フルメタル・パニック! The Second Raid 第10話「ふたつの香港」 [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
リンク WOWOW ONLINE アニメ・パプリカ いきなりテッサが詠うからエレメンタルだと思ったよ。 でも、マオ姉さんと宗介の話だったからテッサの出番は少ない少ない…。 ハーバード出のボンボンとの結婚式当日に、ウェディングドレスのまま海兵隊に入隊したマオ曹長の....... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 01:02

» フルメタルパニックTSR 第10話 [Mugi_Sta 2]
9/28 WOWOW 24:30〜 宗介は気まぐれにアルとの対話は宗介のイライラさを表していかのよう しかし、アルも結構食いついてきたのには驚きましたが… 要は宗介の気持ちが集中していないから不完全だと言いたいんでしょう さて、今回の作戦は当てになら....... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 02:41

» フルメタル・パニック!TSR 第10話 [Cosi Cosi]
フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene00&lt;初回限定生産&gt; フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene02+03 (初回限定版) 【ふたつの香港】 次回のタイトルが「彼の問題」なんだけど、今回は「彼が問題」って感じでした。 香港へ不信A...... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 09:33

» フルメタルパニック TSR第10話[病んだ街] [キミヲカガク BLOG 化学変化は望めない]
第10話<ふたつの香港> [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 11:35

» 10「ふたつの香港」 フルメタルパニックⅢ [フルメタTSR ふもいのあらすじ]
「主よ、われらが大いなる力よ。大海の底に届く その長き腕を持ちて、深き海をゆくわれらを支え守り給え」  テッサの祈りから作戦会議へ。 「ラムダドライバについて」 LDを長時間使用することはできない、とレミング少尉。 LDについての説明はイマイチよくわかりません。 宗介は一人格納庫へ。 アーバレストと「気まぐれ」について話す。 このときのアルはまだ・・・。 そこへマオが「少佐が任務だって」と呼びに来る。 バニの話出ませんでしたね。  一機のASが九竜半島で暴れて未だ潜伏... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 21:55

» フルメタル・パニック!TSR Scene10「ふたつの香港」 [Old Dancer's BLOG]
 ヘタレ、ヘタレと言って、あんまり宗介を責めないでやってくれっ!あの、じわじわと、静かに忍び寄ってくる暗さには、オレも身に覚えがあるんだよ~(泣)。辛いよ痛いよ切ないよ~!(ノД`)  「ふたつの香港」というサブタイも「こっち」と「あっち」、と読み替えが可能なわけで、これもまた、マオを始めとする正常なミスリルの人員側から、次第に「あっち」側へ離れていってしまう宗介を象徴する語句だと思われます。そう言えば、南側に移動する際、「意外にあっさりと通してくれた」のも、人間、越えてはならない境界を越える... [続きを読む]

受信: 2005年10月 1日 (土) 00:24

» フルメタルパニックTSR 第10話 「二つの香港」 [無幻回廊]
宗助へタレまくり・・・・。 メリッサ( ゚д゚)ポカーン ヘタレ街道を転がり落ちる相良宗助の運命やいかに。 [続きを読む]

受信: 2005年10月 6日 (木) 12:02

» 【5.1ch】『フルメタル・パニック! The Second Raid』Scene10「ふたつの香港」 [『遍在 -omnipresence-』]
 皆さん、お久し振りです。  長らく、『フルメタル・パニック! The Second Raid』(監督:武本 康弘)の感想をお待たせしてすいません。  さて、S [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 21:02

« 漫画家は聴くべきかも!「Radio Licks」 | トップページ | 耳コピ祭り!苺ましまろ。そして第10話を見て立てた仮説 »