« 演技論番外編・訓練1 | トップページ | 「ライト」からの脱却~フルメタル・パニック!TSR第12話「燃える香港」 »

2005年10月13日 (木)

守備的には成功でしょうね。サッカー日本代表、ウクライナ戦

 サッカー日本代表の欧州遠征。二戦目。
 今回はフィジカルは普通に上がっているでしょうから、そこは問題ないとして。
 課題は「前線でのキープ」と「サイドでの勝負」かなぁと思いつつ、テレビ観戦。

・前半(前半が終わった直後と、試合が終わった後にビデオを流しながらタイピング)

 日本、守備のバランスはいい感じ。
 ラトビア戦とは違い、なかなかフリーでボールを持てない。
 これはウクライナの守備がとてもバランスがいいから。
 ウクライナは守備ブロックを作って組織的に動いてくる。当りも強い。ムチャクチャ強い。

 日本、前線でのキープなかなかできないですね。頑張ってはいるけれども…。
 とにかくウクライナのプレッシャー速くてキツイですね。
 よく走りますよね。
 攻撃でも守備でも一人だけで走っているっていうことが無いですよね。

 日本、サイドで縦に勝負するシーンがやっぱりないですね…。
 駒野の上がりも遅いし、アレックスも縦に走りませんね。
 ウクライナのサイド攻撃に押し込まれているということなのか。
 引き気味になってしまっているからウクライナのサイド攻撃を呼び込んでしまっているのか?

 裏へのパスはあるけど、ラトビア戦の前半みたいなミドルシュートが無いですね。
 攻撃的に行くというようなメディアに対するコメントもあったようだけど、どうも日本は守備に意識を持って臨んでいるようですね。
 その意味では、集中して良く守っていると見るべきか。
 でもその分、攻撃の迫力は明らかに足りない…。
 ちょっと引きすぎな気もするし。
 今日は、「守ってカウンター」っていう感じの課題なのでしょうかね。

 いいキープができるといい攻撃ができますね!
 高原がポストになって右サイドの俊輔に出して、そこからセンタリング!
 いいですね!「前線のキープ」「サイド攻撃」がこうやってあると迫力ありますね!アレックスも深いところからセンタリング上げましたね。
 あー…。でも、駒野はこの雰囲気に入って行けてないような…。サイドからセンタリングを上げる意識が無い?
 カウンターも、前線の動きと後ろからの玉出しが合ってないですね。やっぱり前線の動き出しが悪いのかなぁ…。

 とはいえ。
 ウクライナの守備の良さというのはやっぱりあるんでしょうね。守備ブロックをきちんと形成されていると、そこでボールをキープするためには相当の工夫とか動きの質とか量とか、必要なんでしょうね。
 雰囲気的にはイラン代表をグレードアップした感じ?
 とにかく、ウクライナはラトビアと比べて全てにおいてワンランク上ですね。
 こういうチームとアウェーで試合ができるのは非常にいいことですよね。

・後半(リアルタイムタイピング。でもフルメタがあったので残り20分はビデオ見ながらタイピング)

 鈴木入ってきましたか。これはやはり前線でのキープ力を上げるためですね。
 ありゃ!中田浩二一発退場ですか!!
 うーん。ビデオでしっかり確認しないと分からないけども…。ちょっと見せしめ的だよなぁ。
 まぁでも仕方ない。こうなったらこうなったで、やり方をしっかり考えないとね。運動量のある選手を入れないと。そうなると俊輔を下げるべきかなぁ…。

 お。箕輪登場っすか。3バックにするんですね。ここは混乱しないできちんと確認して欲しいですね。
 しかし。今日のヒデの運動量はすごいですね。すごいよ本当。動き出しの早さも非常にいいし、戻りも早い。上げてきてますね!

 ウクライナ、前半から目立っていたフリーランニングが減りましたね。体力的なものと一人多いアドバンテージから積極性が減退しているからでしょうけど。これは有りがたいですね。
 お。アレックス交代ですね。イエロー一枚もらっているし、カッカきてたし、いい交代ですね。
 俊輔も代わりましたね。松井はラトビア戦で消えてたことを反省して動きまくって欲しいですね。

 おお!!駒野が!!初めて勝負しましたね!!センタリング上げましたね。
 しかも、もう1回勝負した!コーナーになったし。いや。これは素晴らしい。この二つのシーンを見れただけで、この試合の価値ありますね。
 やー。やっと吹っ切れたかぁ。良かった良かった。
 ウクライナ、足止まったかなぁ。疲れた?
 本当に走らなくなったなぁ。ウクライナ。これはもう怖くないですね。点を取られることは無いんじゃないかなぁ。

 うおー。ヒデの運動量すげぇ~。
 お…おお!おおおお!!やっべぇ!やべぇ!!!!
 ふ~~…いやいやいや。すげぇピンチ!!よく取られなかった!!
 シュートの嵐でしたね!!!

 バーに当ったシュートを打った選手をフリーにしていたのは松井ですか?ビデオ再生で一人ボールウォッチャーになっていた選手がいましたね。松井かなぁ…あれは、最悪ですね。なんで守備しないか…。わけわからん!!だって一人少ないんだぜ!?守備しないでいい選手なんていねぇべよ!!これはもう…代えていいよ。正直言って。必要ないどころかマイナスでしょう。今のは酷い。

 あー。松井も反省したのか、厳しく行きましたね。そうですね。アツクなって「代わってしまえ!」と思ってしまったけど。失敗を失敗として認識して成長できれば一番いいわけですからね。

 ミスもあったが…うん!カウンターいいですね!村井もセンタリング上げたし、松井も二人に囲まれていいセンタリング上げましたね!これは、ミスを挽回しようという意識もあってということなのでしょうね。

 日本、引きすぎなのは仕方がないか…。でももうちょっと中盤の守備が欲しい…。

 おお。中盤の守備が復活してきましたね。お!ヒデナイスディフェンス!!
 これは鈴木のチェイシングがスタートでしたね。
 前線の選手がボールを追い込むことで中盤の守備が復活してきましたね。鈴木生きてますね!!

 おぅ!またピンチ!!
 しかし。一人足りない感じじゃないですね。イーブンの戦いになってきてますよ。これ、ウクライナの監督カンカンでしょう。走らなくなったねぇ。ウクライナ。
 これなら、バランスさえきちんとすれば、守り切れる!
 おかげで日本の中盤が復活しましたね。村井のポジショニングいいですね。うん!いいカットした!
 お。コーナー取ったか。
 やはりサイドを…って、ゴールキックかよ!
 えぇ!?駒野のこれがファール?はぁ?おいおいおいおい。
 まぁ。いいか。こういうこともある。
 ウクライナ、集中力切れましたね。上手くいけば、一点ねじ込めそうだけど…。

 しかし。日本、運動量あるね。
 ラトビア戦はなんだったんだよー。もー。すげー走ってんじゃんかよー。

 ウクライナの2トップ、笑っちゃうくらい止まってますね。
 ひゅー!ヒデすげぇ!!!本当に今日のヒデはすごすぎですね!!って、これもファール無しっすか…。

 はぁ?PK?
 やー。
 これは、うーん。我慢して見てきましたけど、完全にレフェリー意図的ですね。
 ち。
 入ったか。
 試合壊してくれやがったな。
 なんじゃこりゃ。
 もー。何も言う気が無くなった。

 と、言っても仕方がないので。やはり、強化ということでちゃんと見てみたいですね。

 お。遅延行為。
 ウクライナ、一点を守るわけですね。そこで日本どうするか?
 ナイスカット!全然イーブンの動きですね。
 あー。この時間で大久保かぁ。もっと早く見たかったが…。

 んー。終わったか。
 まぁ。強化試合だから結果はどうでもいいわけですけれども。
 とりあえず、レフェリーのことは頭から追い出して。

 今日は、どうも日本代表は守備のバランスを重視していたようですね。
 その意味では、本当に危ない場面はあまり作られていなかったように思います。
 前線、中盤の守備も良かったし。
 全員でよく守りました。

 ただ、今日のウクライナはよく走る組織されたチームだったけど、意外性は皆無でした。
 ドリブラーもいなかったし。
 そういう意味では、守ろうと思えば守れる相手だったというのは、あるのかもしれません。
 ただ、センターバック二人も集中してよく守っていて印象に残りました。

 攻撃に関しては、やはり前線でキープできてサイドから攻撃することができれば、大きなチャンスを作れることが再認識できました。
 ラトビア戦で1回たりとも勝負をしなかった駒野が勝負をしたのは、良かった。
 途中出場の村井も非常に良かったですね。
 ただ、少ないチャンスをものにするのであれば、カウンターでの共通の意識を、もっと練り上げていくべきなんでしょうね。
 今後は、こういう戦い方が増えてくるのかなぁ。
 それはそれではっきりしていくのであれば、いいことだと思います。

 それにしても!
 やはり運動量は正義ですよ!!!
 中田ヒデすごかった。この試合のヒデは本当に素晴らしかった!!!
 あとは前線でも運動量のある選手が欲しいですね。
 その意味では鈴木良かったと思います。

 うわ。気がつくとすっげー長い記事になってる…。
 あれか。眠いんだ。眠くて文章がまとまらないんだ。
 じゃあ、このまま書いててもずるずる行ってしまうということか。
 ここらでストップしなければ。

 では、印象をまとめると。
 「守備に関しては成功」した試合だったと思いますし、その点に関してはいい遠征になったと思います。ラトビア戦でミスからの失点をしたのも、結果的に良かったということですね。
 ただ、攻撃に関してはやっぱり何かが足りない感じですね。
 よく言われる決定力不足っていうことになるわけですが、結局それは「チャンスを作る回数」が少ないっていうことですから。
 チャンスを作るには、どうするべきなのか?
 やっぱり、前線でキープすることと、サイドで勝負することではないか、と思います。
 その点は、ほぼ進歩が無かった遠征だと思います。

 必要なのは、技術、体力の発展と同時に、動きの量と質を高めることだと思います。
 フリーでボールを受ける動きを向上させていけば、チャンスはもっと多く作れると思うのです。

 その意味で、やはり僕はフィジカルに関して向上させていくことが、重要になってくるのでは、と思っています。

 今回の遠征で得た課題などを、今後どのようにクリアしていくのか。
 楽しみですね!!

|

« 演技論番外編・訓練1 | トップページ | 「ライト」からの脱却~フルメタル・パニック!TSR第12話「燃える香港」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/6373740

この記事へのトラックバック一覧です: 守備的には成功でしょうね。サッカー日本代表、ウクライナ戦:

« 演技論番外編・訓練1 | トップページ | 「ライト」からの脱却~フルメタル・パニック!TSR第12話「燃える香港」 »