« W杯モードになってきましたね!アンゴラ戦感想 | トップページ | 青春の香りがした!「ぱにぽにだっしゅ!」21話 »

2005年11月17日 (木)

レイアウトに惚れ惚れ!ARIA第7話「その 素敵なお仕事を…」

 いやもう。今までも何度か思っていたことですが、今回のレイアウトの切れ味は凄まじいものがありましたね!レイアウト監修に入っている荒川眞嗣さんの力ということなのでしょうか。
 絵コンテの人や作画監督の力?はたまた佐藤順一監督の力?
 とにかく、第一回からずっと、AQUAという世界を見せるためにレイアウトにこだわって見せてくれていたのは感じていましたが、今回のレイアウトはもう、見ているだけでヨダレ垂らしてしまいそうなくらい、素敵でした!
 まさに「素敵なお仕事」!!

 絵の良し悪しというものは、見た目の綺麗さとか派手さなどに左右されて評価されてしまうところが、どうしたってあると思います。しかしその構成力、つまりレイアウトというものも、絵、表現としての画面の評価としてとても重要なものだと思います。
 その観点で言うならば、今回の画面は本当に優れていたと僕は評価します。

・視聴者の代理としての夫婦

 今回は晃のゴンドラに3人娘が乗って研修を受けるところと、実地訓練をするところとで、ネオ・ヴェネツィアの様子をじっくり見せてくれる回でした。
 ハネムーンの若い夫婦がそこに同乗するというのは、アイちゃんの存在と同じで、僕ら地球に住んで画面のこっち側からARIAを見ている視聴者の代理的立場として描かれていたのだと思います。
 だから、彼らがああやってハネムーンで来つつウンディーネの訓練に付き合うことになる展開も、細かいことを気にせず「一緒にゴンドラに乗っている」気分になって楽しむのが良いのでしょうね。

 そこがまた粋ですよね。
 僕らが晃や灯里達と一緒にゴンドラに乗っているようなシチュエーションを与えてくれるわけですから。
 だからあの夫婦はああいうキャラ造詣だったのでしょうね。
 奥さんは普段とは別の世界に来てはしゃぎすぎ。旦那さんは別の世界に来てガイドブックと首っぴきでテンパってる。なんというか、観光客の典型という感じですよね。典型的な様子を誇張して表現すると、あんな感じになるのでしょう。
 その辺り、晃の手を取らなかった旦那さんの心を閉じている感じに表れているところだったのでしょうね。ずっとガイドブックを見ていて周囲を見ようとしなかったり。
 それに対して奥さんの方は表面的な部分に目を奪われてしまっている感じに描写されていて。そんな奥さんにとっては、表面的に分かりやすい優しさは優しさとして伝わるわけですね。だから、席を譲っている旦那さんの姿を見て「優しい人だ」と惚れてみたり、晃が心を尽くして接客してくれることに感激してみたり。だけど、晃が本当に後輩のことを心配して厳しくしている優しさには気づけないわけですね。

・2種類の優しさ

 今回表現されていた「優しさ」には2種類あって。一つは分かりやすく表現される優しさ。もう一つは厳しい優しさ。どっちも、その中身は一緒なわけですね。
 目に見える優しさは、甘いものに見える。だから、旦那さんには愛想がいいだけにしか見えないわけですね。
 ゴンドラを漕ぐことにしたって、別に大したものだとは思えない。
 そこで晃は訓練に付き合わせるわけですが、そこに「表面」と「中身」ということが、仕事の面と優しさの面において同時に表現されていくわけですね。
 ゴンドラを漕いで案内するというサービス業を実際にやっていくには、厳しい訓練とプロ意識が必要という部分での表面と中身。
 そして優しさに関しても、厳しく接して鍛えていきつつ、それが後輩のためだという部分での表面と中身。

 その表面の部分が展開していく中で、2種類の優しさがぶつかる場面がやって来ます。旦那さんが「方法を教えてやったらどうだ!」と言い、「口出し無用」と晃が答える場面ですね。
 そこで旦那さんはついにガイドブックを置いて顔を上げるわけです。
 更に場面は展開し、再び2種類の優しさが表れます。
 閉じた扉をウンディーネ三人が開けようとしている時に、手を貸そうとする旦那さんの優しさは分かりやすい優しさで、それを止めた晃の優しさは厳しい優しさ。
 既にガイドブックを見ることを止めていた旦那さんは、ここで晃の厳しさの「中身」に気づくわけですね。
 だから、最後に旦那さんは「後輩たちのことを本当に心配している」と言うわけですね。本来は優しい人だから、ちゃんと向き合って見てみれば、晃の心、厳しさの中身に気づけるのですね。

・今回のメッセージ

 今回、作品から与えられたメッセージは、灯里がアイちゃんへのメールで書いていた「厳しく叱られることは、掛け替えの無い贈り物」という部分がまず一つですよね。
 そしてもう一つ重要なのは、その厳しさに向き合って自分の目で物事を見た時に、それが贈り物だということに気づけるということが、もう一つの、そしてもっと大きなメッセージだったのかな、と感じました。
 それが、旦那さんのガイドブックの描写に象徴されていたところなんだと思います。
 ガイドブックをずっと見ている旦那さんは、目の前のことに向き合っていない状態として表現されていて、それだとせっかくの観光を心から楽しむことはできないわけですね。
 晃の観光客向けの優しさも表面的なものだと疑って「愛想がいい」としか受け取れないし。
 だけど、ガイドブックを閉じて晃に向き合うと、彼女の本当の優しさに気づく。
 それは、自分に向けられた「自分の目で楽しんだらどうですか?」という言葉も、晃の心からの優しさから出たものだということに気づくというプロセスでもあるのでしょうね。

 そして最後に彼はガイドブックを捨てるわけです。

 そこが、今回のメッセージの肝ですよね。
 自分に向かって送られる優しさ、掛け替えの無い贈り物というべき想いは、自分から向き合っていかないと気づけない。
 そこに、心の壁を立てたりしているんだったら、それは取り払って向き合ってみれば、見えなかったものが見えるかもしれない。
 本質を見ていけるかどうか、は自分の方の心のありようによる。ということになるでしょうか。

 今回、ラストカットの捨てられたガイドブックの図を見た時に、その構図の美しさと相俟って、ものすごくドキっとするものがありました。
 メッセージとして向けられたものの力強さを感じた瞬間だったのだと思います。

 レイアウトの美しさがありつつ、視聴者の代理として描かれる旦那さんがああやってガイドブックを置いて、それを視聴者に見せる。
 言ってみればそれは「あなたはどう?捨てるべきガイドブックを、あなたも持っているんじゃないんですか?」と問い掛けられているようで。
 「あ。作品に話しかけられた!」というような、そういう意思や意図を感じ取ったのかもしれません。

 なんだか。
 今思い出しても、ドキドキするラストカットでした。

|

« W杯モードになってきましたね!アンゴラ戦感想 | トップページ | 青春の香りがした!「ぱにぽにだっしゅ!」21話 »

コメント

どもども。久々のコメントです。

ラストカット、良かったよね。
最初のCM前に見たときから印象的でした。
そのとき実は飲み干されたカップのほうが気になっていたんだけど、だんちさんの記事読んで、あっ!と思いましたよ。
途中、アリシアさんがお茶をすすめて、夫婦が「美味しい」と飲むシーンがあったけど…ラストカット、「出されたものを飲み干している」旦那さんは目の前のアクアの世界を自分の中にすっかり受け入れている。そしてガイドブックを置いていく。
そういうカットだったんだ!と。

ARIAのこのきめの細かい描写には毎週うっとりさせられてしまいますなぁ。

投稿: ともはな | 2005年11月17日 (木) 18:29

ともはなさん。久々のコメントありがとう!

>ラストカット、「出されたものを飲み干している」旦那さんは目の前のアクアの世界を自分の中にすっかり受け入れている。そしてガイドブックを置いていく。
そういうカットだったんだ!と。

あ!!なるほど!!
それは気づいていなかった!!確かにそうだよね。
それで、あのラストカットはあれだけ印象的だったわけだ。
ガイドブックと、飲み干されたカップをしっかり見せる構図になっていて。「あ。カップの中身が飲み干されている」というのに気づきつつ、「ガイドブック、置いていったんだ」となるカットだもんね。
あのカット、何度も見直しているけど、カップとガイドブックが絶妙の距離感があって、目線が散らないんだよね。自然と眼球が両方を捉えようと動く感じ。
縦や横でもなく、ちょっと斜めな配置とかも、スッと眼球が動いて捉えられるような、そんな安定しつつ動きがあるものだったよね。
いや、すごい!

>ARIAのこのきめの細かい描写には毎週うっとりさせられてしまいますなぁ。

本当にそうだよね。レイアウト、画面の見せ方が優れていると特に感じた今回だったんだけど。しっかりと意図を持った画面作りをしているっていうことなんだよね。
そうか。ということは画面構成の素晴らしさは意図の持ちようから生まれてくる、ということなのかも。
勉強になるなぁ。
それだけ意図を持った作品を見れるというのは、本当に嬉しいことだよね。
来週も楽しみですな!!

投稿: だんち | 2005年11月18日 (金) 05:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/7162408

この記事へのトラックバック一覧です: レイアウトに惚れ惚れ!ARIA第7話「その 素敵なお仕事を…」:

» ARIA 第7話 感想と考察もどき [さくぞうの半ヲタ日記]
その素敵なお仕事を・・・ ARIA 2006 COMIC BLADE カレンダーコレクション(A2壁掛け)天野 こずえ マッグガーデン 2005-11-30売り上げランキング : 528Amazonで詳しく見る by G-Tools 今回は晃さんが3人娘を鍛えるという話でした。 原作では、現場での3大妖精の実力をそ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月17日 (木) 20:07

» ARIA The ANIMATION 第7話「その 素敵なお仕事を・・・」 [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
ARIA The ANIMATION アニメ・パプリカ 今回は、灯里、藍華、アリスが晃さんに直接訓練を受けるというエピソード。 実際、予約したゴンドラがいきなり後輩の訓練も錬も兼ねているといわれても、落ち着かないし、雰囲気とかあるし困るけど、ウンディーネ・マニアに....... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 02:37

» (アニメ感想) ARIA The ANIMATION 第7話 「その 素敵なお仕事を・・・」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
アリア社長の○門芸も定番になりつつありますが、ま-くんの参戦により新たなワールドが開けてきた感があるこのアニメ。今回もどんな世界を見せてくれるのか楽しみですw。いや、ホント癒されるのでこのアニメはずーと続いて欲しいです。1クールで終わるなんて・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 04:30

» ARIA The ANIMATION 第7話「その素敵なお仕事を…」 [ひとりでもいくぞ]
きつく叱られるとへこんじゃうけど、その言葉には暖かい気持ちが溢れていて いつの間にか自分の中で光り始める。 それは掛け替えのない人からの掛け替えのない贈り物。 今回はそんなお話。... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 05:09

» ARIA The ANIMATION 第7話 [パズライズ日記]
早くも折り返しの第7話です。 どうして2クールじゃないんでしょうかねえ。 2クールどころか4クールだってそれ以上だってあってほしい、最高のまったり雰囲気アニメなのに。 今日は灯里と藍華とアリスの3人が、三大妖精の一人である晃に指導を受ける話。 午前中は....... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 06:48

» [ARIA]第7話 その 素敵なお仕事を・・・ [もえろぐ]
「ARIA」第7話です。 晃さんと、いつもの3人組が合同練習です~ まずは晃さんのゴンドラに乗ってお仕事拝見~ お客さんが乗ってきますが アリスちゃんは有名人ですね~^^ 早速握手を求められちゃってますw 接客モードの晃さんは やっぱすごいな~~、さすがは3大妖精。 そんな素晴らしい人が目の前にいるってのに お客の男の方はガイドブックばかり・・w 晃さんに没収されてしまいますw ルートを回り終わってからも 午後も同乗したいと言い出す女性客。 練習があるから断... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 08:57

» その 素敵なお仕事を・・・ [tune the rainbow]
豊口さんもビックリだけど、旦那さんは鳥海さんだったよね?? 鳥海さんに乾杯!! [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 08:59

» ARIA THE ANIMATION・第7話「その 素敵なお仕事を…」を見て [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 今回は、晃が訓練として、三人娘とお客を乗せるお話。  今回は晃が非っっ常に格好よかった。新婚さんも言っている通り、愛想がいいのは客の前でだが、その実は厳しい。が、それも愛あってのはなし。むやみやたらに褒めもせず、また無用な叱りかたもせず、その出来た人間ッぷりには感服した。  最近、「怒る」のと「叱る」を混同している人が多い中で、こうやってその分別をきちんと付けられてい... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 11:11

» ARIA The ANIMATION 第7話 [ホビーに萌える魂]
今回のARIA The ANIMATIONは、AパートとBパートで午前・午後と分けてAパートは晃のゴンドラで新婚夫婦のお客と同乗して見学。Bパートはそのままお客を乗せて実地訓練でした。 [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 11:39

» ARIA The ANIMATION 第7話 「その 素敵なお仕事を…」 [萌えるアニメは好きですか?]
ARIA The ANIMATION 第7話 「その 素敵なお仕事を…」 灯里「プロとしてお客さんを楽しませるってやっぱり大変な事なんだね。」 藍華「はいはい、わかってます。プロになるっていうのはと [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 14:33

» ARIA 第7話 [アニメは声優]
「その素敵なお仕事を…」 晃の厳しさは本人のためを思ってなんだよね。 経験ありますこういう叱られ方(+д+) 満ち潮で通れなくなる箇所が増えて行くそんな中、 廃屋の中を進むのはアリなのでしょうか。 暗闇で体を張るアリア社長。かっこいい。というか、かわゆ....... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 16:26

» ARIA The ANIMATION 第07話 「その 素敵なお仕事を…」 [Anime Watch]
☆今回イチオシの台詞 灯里「キツく叱られるとへこんじゃうけど、その言葉には暖かい気持ちが溢れていて、いつの間にか私の中で光り始める。それはかけがいのない人からのかけがえのない贈り物なんだね。」 ☆今回イチオシのカット ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 18:07

» 『ARIA』 晃さんにしごかれるお話 [SLOTH DIARY ]
『月間ウンディーネ』が読みたい。そんな『ARIA』ももう7話。時が過ぎるのは早いものだ。 今回は晃さんによる新人研修のお話。原作では出てこない新婚さんのせいで、研修が壮絶なものになりました。いや、研修そのものは原作と同じだったけど。 皆さんが一通り凹んだところでアリシアさんが登場。相変わらずタイミングのいい人だ。 なんかこの作品において無敵の存在だよな、アリシアさん。彼女は完璧超人だよ。 そして水上実習。ハネムーンのお客さんがいるせいで、原作よりプレッシャーがかかります。彼らがい... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 20:31

» ARIA The ANIMATION「その�敵なお損事を…」(ネタバレ有り) [いずみんの日記 ~アニメ・ゲーム・PC卒連~]
アリア社長またですかって。頻繁に多べ物に惹かれてしまうのか! ��練習などは会社の枠を飛び越えないと思うのだが、そのの枠を超え練習に�き合うというのは、やはり晃さんの�文里�發靴譴覆ぁ+ 藍華「私はアリシアさんに指導されたいわ」 それに対して晃さんの「�こ..... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 21:19

» ARIA The ANIMATION  7話「その素敵なお仕事を・・・」感想 [月の砂漠のあしあと]
 ウンディーネ業界は、横の繋がりがかなりオープンのようで、他社の先輩、しかも業界三大巨頭の一人から、実地指導を受けられるという素晴らしさ!  業界全体での人材の育成・層の底上げを企図しているのか、こういった交流がオープンなのは、羨ましいところです。 ....... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 22:41

» ARIA #7「その 素敵なお仕事を・・・」感想 [endlessspace-無限空間]
今週もこのアニメで癒されるとするかっ! アリア社長見てると癒されるなぁ〜ちくせう! ハネムーンに来てたお客を乗せることに。 男ウザイ・・・ (ガイドブックより他に見るとこあるだろ!) 完全に営業スマイルですね (マクドナ○ドのスマイルって頼むのに結構、度胸いりますよねw) アリシアさん来た━━━(゚∀゚)━━━ 三大妖精の二人がここに現る! (ダンナもっと喜べよっ) 営業スマイル取るとこんな感じ。 今の時代、二重人格って多いそうで... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 22:44

» その 素敵なお仕事を・・・ [舞い降りる剣]
今回は待ちに待った晃さんの回です!そんなこともあってか、始まる前から思っていたことがあります・・・・・それは・・・・・・ 間違いなく今回は血をみるな・・・・・(マテ ・今回血をみるな・・・・・と思ったシーン 1、灯里が遅刻してきたとき(マテ・・・ 2、... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 01:06

» ARIA The ANIMATION 第7話 [Mugi_Sta 2]
11/09 TXN 25:30- 今回は新人ウンディーネの研修でした 研修といえども3人もの新人さんって多いんではないでしょうかね? 乗り方からきめ細やかな気配りをしなければならないので大変ですね 晃の客いびりもなかなかの物ですが 接客・案内もなかなかうまいもので....... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 01:56

» ARIA The ANIMATION #7 その 素敵なお仕事を・・・ [とってもゲームライフ]
 原作では晃さんとの特訓のみだったが、アニメ版では前半を観光案内、後半を客をそのまま乗せて特訓開始。ウンディーネの華麗な部分と大変な... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 16:55

» ARIA The ANIMATION  第7話 「その 素敵なお仕事を…」 [現代視覚文化研究会「げんしけん」]
 第7話の物語は「本日、【アリシア】さんと同じ三大妖精の水先案内人(ウンディーネ)のひとり、【晃】さんによる実地指導を受けられるんです。いついかなる時も、お客さんをもてなす心を忘れない。それが【晃】さんの心情。それを生で、【晃】さんが実際にお客さんをガイドする姿まで見学できるなんて、滅多にない機会です。【水無 灯里】だけでなく、【藍華】や【アリス】も、【晃】さんの仕草ひとつひとつに関心しながら、チェックしまくり。... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 18:05

» ARIA The ANIMATION #07『その 素敵なお仕事を』 [ルーシェと種]
今日は晃さんとの実地訓練の日です。 午前中に乗せた新婚のお客さんが午後の実地訓練に参加したいと言って… [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 21:02

« W杯モードになってきましたね!アンゴラ戦感想 | トップページ | 青春の香りがした!「ぱにぽにだっしゅ!」21話 »