« 「7days fuzz」制作話と腰痛の話 | トップページ | 冬コミの感想 »

2006年1月12日 (木)

アリシアさん落書きと「ARIA the ANIMATION」最終回感想

alicia
 
 
 
 
 
 
 
 
 アリシアさんを落書きしてみました。あと灯里もちょろりと。

 アリシアさんが着ているのは湘南爆走族のチームジャンパーで、灯里が着ているのは特攻服です。
 なんでこんな絵を描いたかというと、「ARIA」の原作を読んで天野こずえさんは吉田聡が好きなんだろうなぁと思って。あとスラムダンクも好きでしょうね。きっと。(暁とか花道入ってねっすかね?…受けキャラ風花道というかなんというか…)
 その辺の漫画を通ってきているんだろうなぁというのが、作品を読んでいて感じられました。
 で。なんかウンディーネに湘爆を重ねてみたりして。
 アリシアさんとか強そうだし速そうだし。アリアカンパニーは湘爆で、姫屋は地獄の軍団。オレンジプラネットは横須賀ハッスルジェット辺りかなぁ…なんて思ってみたり。
 だから、最新刊の灯里のゴンドラの話読んで桜井のGT380が壊れた時の話を思い出したりして、また湘爆引っ張り出して読んでしまいましたよ。

 そういえば。アニメの最終回の感想まだ書いてなかったのでここでさっくりと。
 最終回の前まで、シリーズ構成の意図として、第11話までで「癒し」という部分を意識して、第12話で「現実の自分の世界にお帰り」と視聴者を送り出す作り方をしていたように思っていました。
 だから、最終回は「おまけ」的な回になるだろうなぁと思っていたのですが、やはりそうでしたね。
 視聴者の代理的立場のアイちゃんが再びアクアにやってきて、灯里たちに会う。
 そこで灯里のメールに登場した人物達全員にも会うわけですが、それは視聴者に対するサービスで、賑やかな雰囲気で楽しいものでした。
 猫達にも会って「アクアに歓迎」され。そしてみんなで一緒に初日の出を見て。
 で、帰っていくわけですね。
 12話で「自分の世界に帰りなさい」と送り出された視聴者を代理する立場のアイちゃんは「観光」でアクアにまた来たわけだから、当然のように帰っていきます(この場合はホテルに、ですが)。そこには、アイちゃんにはアイちゃんの世界があることが前提として描かれているように感じました。
 一緒に過ごす時間があっても、それはそれ。

 でも、ああ、なるほど。と思ったのがラストでした。
 ラストでアリシアさんと灯里の二人が視聴者に新年の挨拶をして、アリアカンパニーが映って、そこには「Welcome to ARIA COMPANY」の文字が。
 「ああそうか!『癒し』という観光から帰ってきても、必要があればまた行っていいんだ!」
 とそれを見て思いました。
 「ARIA」は、「癒し」というものを掲げて作られながら「作品の中にどっぷり浸かって抜け出せなくなる」ような依存する見方を断固として拒否する姿勢を持つ、実は骨太な作品だと僕は感じていたのですが、やはりその根底には優しさがありますね。
 「依存はダメだけど。観光だったら何度でも来ていいんだよ」
 という、そのメッセージはエンターテイメントの本質を突くもののように感じられました。
 現実逃避は現実を生きる人間には必要なもので、現実だけを見て生きていると苦しさに押し潰されることもあるでしょう。昔っから、人は娯楽というものを持ち続けていて、それは言ってみれば精神の観光旅行なんですよね。
 エンターテインメントを提供する者はそれを知るべきだし、その上で何をサービスできるのかを考えるべきなのでしょうね。
 佐藤順一監督の優れたエンターテイナーとしての構成力、メッセージを見る、そんなシリーズでした。とても楽しく見ましたし、勉強になりました。

 そして、第2期へと繋がるわけですね。
 詳しいスタッフ名などはまだ公表されていませんよね?
 今回のシリーズは若手の育成なども兼ねていたように思われるところもあったので、第2期は助監督の布施木氏が監督になったりするかもしれないですよね。脚本は途中から何度か書いていた藤咲氏がメインになったりとか。分かりませんけども。今回は原作者との連携は無かったようですが、次はその辺りも出てくるかもしれませんし。楽しみですね。

 今回のシリーズは予算や準備期間、スタッフ収集に、つまりプロデュースに問題がありながらも佐藤監督の力で乗り切って、なおかつ良作に仕上げてきたように思います。
 第2期に対する期待はとてもありますが、プロデュースに対する漠然とした不安もあります。是非、より良い環境で作品が制作され、楽しませてくれることを期待しています。

 以上で、「ARIA the ANIMATION」第1期の感想を終わります。

|

« 「7days fuzz」制作話と腰痛の話 | トップページ | 冬コミの感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/8123431

この記事へのトラックバック一覧です: アリシアさん落書きと「ARIA the ANIMATION」最終回感想:

« 「7days fuzz」制作話と腰痛の話 | トップページ | 冬コミの感想 »