« SoltyRei第16話「冗談です、半分」を見てみた | トップページ | 日本代表対アメリカ代表戦から探るポジティブな点 »

2006年2月11日 (土)

サッカー日本代表対アメリカ代表戦をテレビで見た。

 ついさっき終わったサッカー日本代表対アメリカ代表の試合をテレビで観戦しました。
 完敗でしたね。追い上げはしたし、そのことに意味はあるとは思うけど。でも、とにかく内容で完敗だったと思います。

 とはいえ。強化試合は勝ち負けが問題なのではなく、目的が果たせたかどうかが重要かと思います。
 今回の日本代表の目的はやはりワントップ&ダブル司令塔が機能するかどうか、というのがまず大きな課題だったかと思います。
 これはW杯本大会を睨んでのシステムだったと思うし、そのシステムからカウンターを志向するのではないか、と思って見ていました。一応、「3-6-1」とは言われているけど、実質「5-4-1」だと思うし、試合を見てみるとそうでしたよね。

 で。
 そのワントップが機能したのかといえば、全然ダメでしたね。
 全然トップにボールが入らないもんだからカウンターも形ができなかったし。
 ただ、だからといってシステムが悪かったのか、メンバーの選出が悪かったのか、戦術が悪かったのか、と言うと、そういうことが原因じゃないだろうなぁとも思います。
 システムとか戦術とか以前に、日本の出来があまりにも悪すぎましたね。
 逆に、アメリカの出来はすごく良かった。
 アメリカはフィジカルの強さは誰もが認めるところなわけですが、基礎技術のレベルの高さも素晴らしいものがありましたね。

 印象なんですが。
 アメリカの攻撃は大きくて勢いがありました。
 それに対して日本の攻撃は小さくてオドオドしている感じに見えました。
 ピッチが滑りやすいといったって、条件は一緒なわけだから、これはもう準備の差ということでしょうね。
 その準備の差はフィジカル的なものがメインになるとは思いますが、身体的な準備の差がメンタル面にも大きな差を与えていたように思います。

 さて。
 だからといって、ネガティブなことを書き連ねることはしたくありません。
 今回の印象からポジティブなところを探ってみたいと思います。

 あ。でも来客があるので、とりあえず今はここまで!
 また後で続きを書きますー。

|

« SoltyRei第16話「冗談です、半分」を見てみた | トップページ | 日本代表対アメリカ代表戦から探るポジティブな点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/8606946

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表対アメリカ代表戦をテレビで見た。:

« SoltyRei第16話「冗談です、半分」を見てみた | トップページ | 日本代表対アメリカ代表戦から探るポジティブな点 »