« 荒川静香さんに見るメンタルコントロールの重要性 | トップページ | 今週見たアニメ一言感想 »

2006年2月24日 (金)

荒川静香は滑る前からその首に金メダルを掛けていた。

 トリノ五輪、女子フィギュア、フリープログラム。早朝の生中継見ましたよ!
 美姫ちゃんの演技はちょっと席を外してて見れなかったんだけど、荒川選手、村主選手の素晴らしい演技、また他の一流選手達の演技を心から楽しく見ることができました。

 さて。まず金メダルの荒川選手ですが。もう、さすが!の一言でしたね。
 やはり、彼女は完璧なメンタルコントロールをして演技に臨んだようですね。インタビューでも、「楽しむこと」や「無欲」や「歓声を聞かないようにした」などなど、平常心を保つために心掛け、それが金メダルに繋がったことを示すキーワードがいくつも聞けました。
 ショートプログラムでの彼女の演技を見て、「この人はメンタルコントロールの技術を持っている」と思ったわけですが、そう思ったのは演技の前の彼女の振舞い方、目線の動かし方などを見て、「あ。全て意識してやっている」と感じたからでした。そうやって見ると、演技が優れていた選手は必ずといっていい程、リンクへの入り方にメンタルコントロールの手順が見て取れたように思います。

 でも、「本当に荒川選手はメンタルコントロールができるのか?ショートの時にたまたま上手くコントロールできただけということも、あるかもしれない。果たして…?」という疑念や興味があって、フリープログラムはかなり楽しみでした。

 でも、実際の演技の前に行われた最終四組目の練習を見ていて、「あ。これはもう荒川が金だ」と確信しました。
 練習中の彼女は既に完璧なメンタルコントロールをしていて、その首にはもう金メダルが掛かっているように見えました。
 練習中の荒川選手が、その時に何を思っていたのかは分かりませんが、その時の雰囲気を勝手にアテレコすると、
「私は、最高の演技をしてもう金メダルを取っている。全ての順位も決まっている。だから後は気持ち良く楽しく演技するだけね」
 という感じでした。これから女王になるのではなく、彼女の中では既にもう女王に君臨していたように見えたんですね。だから、彼女が最高の演技をするであろうことは、もう見なくても分かりました。

 やはり、荒川選手は己の精神を最高の状態にする技術を持っていますね。
 その意味では、演技自体も素晴らしかったのですが、あの練習風景を見れたのは本当に良かったと思います。
 いいものを見せてもらいました。
 今後、彼女が金メダルを獲得した過程を追いかけて、そのメンタルコントロールの技術を学びたいと思いますし、また、僕と同じように多くの人に様々な教訓やヒントを学びとって欲しいとも思います。

 逆の教訓もあって。それもまた勉強になります。
 安藤選手が「五輪はいつもの大会と違った」というようなことを言っていたということを聞きました。
 それは、コーチや彼女を支えていたスタッフの失敗だな、と思います。
「ここは五輪だけど、なんだ、いつもと一緒だよ」
 という精神状態を作ってあげることができなかったのでしょうね。「あ。ここはいつもと違う」なんて思っていい演技ができるはずがないですよね。
 まだ若い子だし、大人のコーチとのコミュニケーションにもまだまだ問題があるのでしょうね。
 これから、様々な問題を乗り越えて、是非「完璧な精神状態」を獲得できるようになって欲しいと念願しています。

 さて。それにしても。
 女子フィギュア。様々なドラマが見えて良かったですね。けっこうなんだか涙腺が緩んで大変でした。
 フリーの一番最初に滑ったイタリア選手の、彼女の演じ切った後の号泣がもう、いきなり火をつけてくれましたね。
 解説とかで「引退状態だった」とか、そういう話を聞いたりもして、その上であの感極まった表情をされちゃうと、もうこっちまで一緒になって泣いてしまいますよね。
 力強い演技を見せてくれた中国系の女の子もすごく良かった。のびのび活き活きと滑って飛んで。とても気持ち良かったですね。

 それに、なんといっても村主!!!!
 彼女の演技には本当に感動しました。
 今回見ていて思ったのは、トータルで見せてくるタイプと「ドラマ」を見せてくるタイプとがあったように思います。村主は明らかに後者で、演技を見ていると演じているドラマが見えてきて、それこそ台詞とかまで聞えてくるようでした。身体と顔の表情で、ヒロインのドラマを演じ切り、ドラマチックなストーリーを見せてくれました。
 彼女の前に演技した荒川はトータルでフィギュアの芸術を見せてスタンディングオベーションを受けましたが、村主が受けたそれは、荒川のものとは違った種類のものであるように思いました。
 フィギュアとして最高の演技を披露した荒川。
 それに対して、「舞台」として最高の演技を披露した村主。
 その技の種類などからいっても、メダルは難しいだろうというのは思いましたが、でも彼女はそんなもののために滑ったわけではないんだな、と感じました。
 「自分の演技を観客に見てもらう」というその思いがお客さんに伝わったから、あれだけのスタンディングオベーションを浴びたのだと思います。本当に素晴らしい演技でした。
 最高の舞台で、何ができるのかをコーチ、スタッフと共に一体となって考えて臨んだのでしょうね。
 インタビューの時にも感極まって泣いていた彼女の涙は、本当に印象的でした。
 荒川選手と共に、村主選手のあの演技に至るまでの過程も興味を持って追いかけてみたいと思います。

 女子フィギュア。とても楽しかったです。演技者の精神状態があれだけ浮き彫りになるというのが、本当に興味深かった。こんな風に興味を持って見たのは初めてなのですが、これからはもっともっと注目してフィギュアを見ていきたいと思います。

 ともかく。
 荒川選手。金メダルおめでとう!!
 村主選手。素晴らしい演技をありがとう!!

|

« 荒川静香さんに見るメンタルコントロールの重要性 | トップページ | 今週見たアニメ一言感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/8815511

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川静香は滑る前からその首に金メダルを掛けていた。:

« 荒川静香さんに見るメンタルコントロールの重要性 | トップページ | 今週見たアニメ一言感想 »