« 今週見たアニメ一言感想 | トップページ | 土曜日~金曜日のアニメ感想 »

2006年3月 1日 (水)

サッカー日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦テレビ観戦感想

 サッカー日本代表のボスニア・ヘルツェゴビナ戦をテレビ観戦しました。
 この試合、イギリスに住んでいる姉がドルトムントまで直接観に行ったはず。いずれ土産話として直接観戦した感想など聞いてみたいものです。
 さて。この試合の感想ですが。良いところと悪いところがはっきりした、強化試合としてはとても面白い試合だったと思います。

 良いところとしては、とにかく得点の形が二つとも素晴らしかったことだと思います。
 セットプレーで、身長のあるチームからまんまと得点した一点目。
 そしてサイドからのセンタリングに2列目からの飛び出しで二点目。
 良かったですね!

 特に二点目に関して重要だと思うのが、この得点が最終ラインの宮本が前線に入れたことにより成し遂げられたという点です。
 日本の攻撃の特徴はボール扱いの上手い中盤の選手による繋ぎというところにあるのだと思います。
 でも、それは中盤で狙われると厳しい。
 そこで、最終ラインからの精度の高いフィードがあるとこれは絶対に武器になると思うんです。
 今回、DFラインからの球出しは全体的に良くなかったように思いますが、最後の宮本のボールは非常にコントロールされていて良かったように思います。
 今後、もっともっと最終ラインからの球出しにもチャレンジして欲しいですよね。
 ああいう、ロスタイムのパワープレー時だけでなく、試合の時間帯や状況に関わらず、時折精度の高いボールをクサビや裏を狙って出せるようになるといいなぁと思います。

 良かった点を他にも挙げると、ペースを握られたところから取り返そうとタフに踏ん張った点でしょうか。
 明らかにアメリカ戦よりもメンタル面で強さが出てきたように思います。
 2失点は食らってしまいましたが、後半の序盤でペースを一気に握られた後、中田や中村が前へと上手く展開させたり、高原が遠めからでもシュートを撃ったりして、ペースを取り返せそうになっていたところに逞しさを感じました。
 ボスニア・ヘルツェゴビナはアメリカとは違い、最初からメンタルをコントロールしていた相手ではなく、後半、おそらくは監督からカツを入れられてから盛り上がってきたチームだと思います。
 旧ユーゴらしく、ノってきたら止まらない盛り上がりに日本代表は飲み込まれそうな勢いでしたが、そのボスニア・ヘルツェゴビナの高揚したメンタルにしっかりぶつかれたように思います。
 そのあたり、欧州組の経験やメンタルの強さを感じました。
 内容としては、負け試合といっていいわけですが、成長を感じる試合だったように思います。
 このまま、6月に向けて徐々に気持ちを盛り上げていって、本番ではどこにも負けない気合いを漲らせて欲しいものです。

 また、悪かった点ですが。
 やはり、なんといってもサイドのディフェンスの弱さだと思います。
 個人を槍玉に上げられることでもないんでしょうけども…。どうしても日本の左サイドがズタズタに破られている状況が気になってしまいますよね。
 これはアレックスだけの問題ではなく、中盤の運動量やポジショニングの問題もあるでしょうから、頑張って改善して欲しいですよね。
 ボスニア・ヘルツェゴビナの監督が、日本のことを「フェア・プレーだった」と評価していましたが、そこに後半の苦戦の原因があったようにも思います。
 ボスニア・ヘルツェゴビナは日本が中盤で繋いでいても、ガッツンガッツンと削ってきていて、ファールしてきました。日本はFKは取れるわけだけど、繋ぎを分断されて勢いが削がれてしまっていたように思います。
 それに対して日本は、中盤でのファールがほとんど無い。
 ファールがあるのはDFラインばかり。これは、いつものことなわけですが、もっと激しくいって欲しいですよね。
 特に、テクニックがあってノってくると勢いが出てくるチームなんかには「プロフェッショナル・ファール」は絶対に有効だと思うんですよ。
 イメージとしては日韓W杯の戸田とか、そういうタイプですよね。ああいう「犠牲になれるタイプ」が必要なんだと思いますけど。現状だと福西辺りにそういう立ち位置が求められるのかもしれませんね。でも、俊輔や小笠原が相手を削るような、そういう荒々しいプレーをするところも見たいですよね。
 勿論、本番では激しく当る逞しい日本の中盤が見られることだと期待しています。

 あと、セットプレーのディフェンス。
 運動量。
 ポストプレーの質。
 そういったところでしょうか。

 まぁでも、技術とか戦術なんていうものが今更どっかんと伸びたりするわけもないでしょうから。メンタル面がどれだけ充実していくのか、の過程を見ていきたいですね。
 つまりどのようにして「戦う集団」になっていくのか。
 アメリカ戦から、徐々に戦う集団に近づきつつあるように思います。
 是非、本番ではぞくぞくするような戦う男達の研ぎ澄まされた心を感じさせて欲しいものですね。

|

« 今週見たアニメ一言感想 | トップページ | 土曜日~金曜日のアニメ感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/8887959

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦テレビ観戦感想:

« 今週見たアニメ一言感想 | トップページ | 土曜日~金曜日のアニメ感想 »