« FC東京対清水エスパルスを観てきた。 | トップページ | 俺ってセンスねぇなぁと思いつつアップしてみる。 »

2006年3月19日 (日)

WBC準決勝日本対韓国戦をテレビで見た。

 日本のテレビでは昼から生中継されたWBC準決勝、日本代表対韓国代表を見ました。
 やー。やっと勝ちましたね。日本。
 両チームとも無得点のまま静かに進んでいくように見えた試合は、国際試合らしい独特の緊張感を持ったメンタルゲームとなったように思います。

 僕は見ていて「韓国の方が落ち着いているように見える。日本は初球を無闇に叩いて簡単にアウトを取られすぎている」と感じていました。
 プレーに対する丁寧さで韓国の方が上回っているように見えたんですね。
 だから、こりゃ日本厳しいかな、と思いました。

 でも、ゼロ進行の中、先に崩れたの韓国でしたね。
 日本がホームランで2点を取った時、韓国のピッチャーがプツっと緊張が途切れてしまったように見えました。
 で、そこから日本が一気に大量点を叩き込んだのですが、日本は7回のツーベースヒットで一気に火が付いたようでしたね。
 精神的に、もう一つ盛り上がれなかったところでやっときっかけを得た。
 火が付いた日本と緊張が切れた韓国。
 もうここで勝負はつきましたね。

 韓国があんな風に崩れるのはちょっと意外な感じがしました。
 兵役免除も決まってモチベーションが下がっていたのかな?日本には2連勝しているし、対戦に新鮮味が無かったのかもしれないし。んー。決勝に進みたいっていう強い気持ちが無かったように見えましたね。
 やっぱり兵役免除が大きかったのかなぁ。
 日本も日本で、棚ボタで獲得した準決勝はもう一つ気持ちが盛り上がっていないような感じもしました。一度切れた気持ちを取り戻すのに手間取っているような、そんな風に見えたんですが。どうだったんでしょうね。
 なかなか「準決勝」というのは微妙なもんだよなぁって思いますね。
 決勝まで行ってしまえば、あとは思い切りやるだけだったりするけども。その一個手前はグループリーグを突破した喜びをリセットしたり、決勝に対する目標認識を再設定して高めていったりと、気持ちの面で難しさがあるのかもしれません。

 それにしても、韓国の野球は丁寧で強いですね。
 日本はちょっと雑でまとまりがもう一つ無いような感じがします。その辺が、今までのゲームでいいところまで行っていてももうちょっとで勝てなかったりしていたところなんでしょうね。
 まとまりや準備が不足していても、なんとかかんとか勝ちあがって行けるところは実力ということなんでしょうね。
 今日の勝利でチームとしての結束が深まれば決勝も期待できるかもしれませんが、今日見た印象だけで言うと、日本に優勝の資格はまだ無いのかなぁとも思います。

 本当に実力が発揮されるのは精神的なバランスが良い状態で保たれている時でしょうから、決勝のキューバ戦、両チームの精神状態が勝敗を左右しそうですよね。つまり、目標に対する準備の質の部分。

 やはり、国際試合はたまらない緊張感があります。なんだかんだいっても、あんな野球の試合は初めて見ました。面白かったですね。
 決勝も、楽しくテレビ観戦したいと思います。

 そういや、今日はデービッドソン君は何もしなかったね。
 せっかくなんだか何かやらかして欲しかったよね。
 まさか決勝に取っておいた?アメリカ戦じゃないからどうでも良かったのかな。
 でも、「繰り返しは笑いの基本」なんだから。
 空気読んで欲しかったかなー。

 なんていうのは、勝ったから言えるのね。

|

« FC東京対清水エスパルスを観てきた。 | トップページ | 俺ってセンスねぇなぁと思いつつアップしてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/9162450

この記事へのトラックバック一覧です: WBC準決勝日本対韓国戦をテレビで見た。:

« FC東京対清水エスパルスを観てきた。 | トップページ | 俺ってセンスねぇなぁと思いつつアップしてみる。 »