« 「ARIA THE NATURAL」第6話を見た。 | トップページ | 名探偵は事件を解決していた!? »

2006年5月 9日 (火)

「涼宮ハルヒの憂鬱」第6話を見た。

 おはようございます。だんちです。「吉永さん家のガーゴイル」と「Strawberry Panic」を見てからこの記事を書いています。火曜日は毎週徹夜でございます。
 さて、先程TVKにて「涼宮ハルヒの憂鬱」第6話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。
 今回見ていて、改めてハルヒが何を求めていて、何に苦しんできていたのかがまた少し感じられました。
 「世界を大いに盛り上げる涼宮ハルヒの団」だから「SOS団」ということなわけですが、そこには本来の意味での「SOS」ということも、やはりあるのでしょうね。

 今回、SOS団の夏合宿ということでとても楽しい話でした。
 隔絶された孤島の館で行われていることと言えば、美味しいご飯を食べて、海水浴をして、麻雀をしてビリヤードをして、王様ゲームをして、枕投げをして。
 最後にちょこっと殺人事件らしきことも起こるけれども、これはハルヒが最初から望んでいたことのように見えつつも、実はちょっとしたおまけみたいなものなのでしょうね。

 ハルヒが望んでいることを実現していく能力を持った少女であることが提示され、それにより「キョンとの関係が深くなることを望めない」少女らしい弱さを前回見せてくれました。
 今回は、それよりもずっと後の話のようですが、かの少女はやはりキョンとの関係についてはまだまだ勇気を持ち切れてはいないようですね。
 でも、彼女は一つの望みを実現させているように思います。

 それは、「仲間と楽しく夏休みを遊んで過ごす」ということ。

 時系列を飛ばしていることで、彼らの間に何があったのかは分かりませんが、ハルヒを監視観察するために送り込まれたというみくる、有希、古泉らと、ハルヒ、キョン達の間には、そういったドライな緊張感ではなく、友情や仲間意識が感じられるように思います。
 古泉が言った「かけがえのない友人の方達」という言葉が、あまりにも大袈裟だったため、何かが起こってそれに立ち向かった際に、それぞれの心の中に何らかの協調性や共感、友情が生まれたのではないか、と思えたんですね。
 時系列を先に飛ばしたことで、彼らは目的や任務のためだけでなく、友人としてハルヒの傍にいるのだということが、感じ取ることができました。

 つまり、それが「ハルヒが望んだことの結果」ということなのだと思います。
 そりゃ、不思議なことは起こって欲しいし、それを解決して名探偵になりたいとも思うでしょう。
 でもそれは子供じみたヒーロー(あるいはヒロイン)願望であって、表面的な願望なのだと思います。
 思春期の少女として彼女が本当に望んでいることは、「友達や気になる男の子と楽しく過ごしたい」ということなのでしょうね。

 その「望んだことの結果」を見て改めて思うのは、「望む前」の状況です。

 変人として見られ、クラスで話しかけてくる者はいない。
 理解してくれる人はいない。
 自分をちゃんと見て、ちゃんと向き合ってくれる人はいない。

 一言でまとめてしまうと「孤独」だったということが言えるのだと思います。
 それは、おそらくは「3年前」のことが原因で、ハルヒは現実逃避をして孤独の闇に閉じこもっていたのではないでしょうか。

 そんなハルヒに対して声をかけ、彼女を孤独の闇の中から「見つけた」 のがキョン。きっかけはハルヒの髪型のこと。彼は彼女が発する「SOS」に気づいたわけですね。
 キョンがハルヒを見つけたことで、彼女は髪を切り、SOS団を始めた。
 そこから彼女はやっと孤独を抜け出し、青春を得ることに向き合えて、少し勇気を持つことができたのではないだろうか、と思います。

 突飛で自分勝手で不可思議な能力を備えた物語のヒロイン、涼宮ハルヒですが。
 彼女の実像は、10代で思春期の少女そのものなのではないか、と改めて思います。

 孤独の苦しみがハルヒの出発点だったとしたならば、今回のお話は彼女が得たものの一つの結果であると思うわけです。
 孤独は嫌だ。望む。行動する。そして得る。
 彼女が傷つきながらも、もがいて得たものが、ああやって示されたことは、僕にとってはとても感動的でした。
 描かれていることは、ただただ「楽しい夏休み」でしかないわけですが。それを望んで行動して手に入れているところに、共感や感動を覚えます。
 そしてまた、そのハルヒが手に入れた結果から、ハルヒのSOSに応えそもそものきっかけを与えたキョンが、いかにハルヒの心の支えになっているかも窺えるのでしょうね。

 この物語は、

 孤独な少女が、一人の少年の存在をきっかけに、勇気を持って生きるようになり。
 そのきっかけを支えに、勇気を持って行動したり努力をしたりして、かけがえのないものを一つ一つ得ていく。

 そういう思春期の少女の物語であるのかもしれません。

 こうやって書いていたら、オープニングの冒頭のシーンが目に浮かびました。
 一人夜空を見上げるハルヒ。
 そこに差し伸べられる手。
 その手を喜びと共に握るハルヒ。

 原作未読の僕にはあのシーンが具体的にどういった場面なのかは分かりません。でも、今回気づいた「孤独とそこからの脱却」を象徴しているのではないか、と改めて思いました。
 孤独から脱却するきっかけを与えて手を差し伸べたのがキョンであるとして、ハルヒはそれを信じて握り返した。
 その一つの結果が、今回の「楽しい夏休み」なのだと思うのです。
 そう考えると、「殺人事件」が最後にちょこっとおまけのように出てくることは、本当におまけのようなもので、気にすることは無いのだと思えます。解決編があるかどうかも分かりませんが、おそらく必要ないでしょう。

 今回、僕ら視聴者に与えられた情報は、あの楽しい姿がハルヒが望んだことの一つの結果。そこにはつまり、それを望むだけの孤独があった。ということなのだと思います。
 そうそう。館の主人にハルヒが挨拶をするところで、ハルヒは驚く程常識的な挨拶をしましたが。ああいったところに彼女の孤独の片鱗を見る思いがしました。「本来は常識的で頭も良く、人に対して気配りできる」そういった子であるのかもしれないなぁとちょっと思ったんですね。それが彼女を孤独へと落ち込ませてしまったのかもしれない、と。この辺りも与えられた情報の一つということかもしれませんね。

 ハルヒのあの感じに、僕はものすごく感情移入しています。
 常識や良識のように見えて実は「臆病の殻」で自分を包んで人に対して壁を作り、孤独を感じていたことは、あったように思います。
 それを打ち破ろうと必死になって、友人と楽しい時間を過ごすことを本当に幸せに思うことも、やはりあったと思います。
 思春期の頃であれ、今であれ。
 人それぞれですので分かりませんが、そういう感じはおそらく多くの人にもあるのではないでしょうか。
 自分自身のSOSが人に伝わって手を差し伸べてもらえることは、とても嬉しいことですし、人のSOSを感じることがあれば、やはりできる限り手を差し伸べたい。

 今後の展開で、おそらくハルヒの心からのSOSが明らかになっていくのだろうと思います。
 それに対して、キョンや、ハルヒのかけがえのない友人となったみくる、有希、古泉達がどのように応えていくのか。
 一緒になってハルヒを救うような気持ちになって、見ていきたいと思います。

 思い入れたっぷりに、またもや長々と語ってしまいました。読んで下さってありがとうございます。
 以上で「涼宮ハルヒの憂鬱第6話」の感想を終わります。

 それでは、またです!

|

« 「ARIA THE NATURAL」第6話を見た。 | トップページ | 名探偵は事件を解決していた!? »

コメント

ども~今週もお疲れさまでした~。

「SOS」についての考察、またしてもやられたって感じですよ。いやー、これも気になってはいたんですよねー(←知ってたモン!と事後に雄叫ぶ小学生の図)。

「いい子ハルヒ」については、なるほどなぁ~と唸る一方で、この先にどこまで映像として描かれるのか興味津々というところです。私も原作は一冊目だけナンで本当のところはわからないんですけども、未読の方でここまで斬り込まれた方はなかなかいないんじゃないでしょうか?

既にヘロヘロの今週ですが、頑張って週末に辿り着きましょうね。あっ!時空を越えたところにコメントがっ!しかも、時空越えレベル2?!…すいません、こちらは後でレスします。orz ではまた!

投稿: てりぃ | 2006年5月 9日 (火) 06:24

以前、フルメタTSRの時にお邪魔させていたものです。
てりぃさんとだんちさんが自分の中でTSRレビューのダブルエース!と告白してたかもしれません(笑
ハルヒは原作を5巻まで読んで、このさき読み終えるのが寂しくて小休止してる意気地無しなんですが、だんちさんのハルヒに対する温かい眼差しと優しさに目頭が熱くなってしまいました。当のハルヒがだんちさんの考察を読んだら、まず間違いなく速効で否定するでしょうが(何しろツンデレどころかツンツンツンツンデレツンツンツンですから笑)きっと心の深奥には届くんじゃないかなあと思います。あぁ・・何か恥ずかしいセリフ禁止!って言葉が飛んできそうですが。

投稿: とーや改め八雲 | 2006年5月 9日 (火) 19:52

今回はすっかり長門かわええの~モードでした。はい。。

本来の意味でのSOSというのは、まったく考えてなかったですね。それから考えると「世界の中心で、○○を叫んだ(求めた)、涼宮ハルヒ」って感じでしょうか。

メッセでチャット中に
「キョンが異世界人属性なんだろうけど、なんか裏設定あんのかね。まぁあの状況に適応してる時点で一般人じゃねぇけど」
と言ったところ、
「違う違う、女の子が好きになった人が、他の人と同じなわけないやん。好きになった時点で世界中の他の人とは異なる特別な人なんよ。兄は女の子ってもんを分かってないなぁ」
てな会話があり、全く反論できませんでしたorz
さすがショートが好みと言われた翌日に、腰まであった髪をばっさり切っただけはある。。

投稿: led | 2006年5月 9日 (火) 20:03

>てりぃさん
今週もお疲れ様です!!(⌒▽⌒)
SOSについての考察は、知人の女性と話していたこともヒントになって考えがまとまっていきました。その人はハルヒのことを「王子様の目覚めのキスを待っているお姫様。だけど目覚めてしまうと世界も自分も変わってしまうから怖くて揺れ動いている」と言ってて。その辺りやはり女性はさすがです。

「いい子ハルヒ」については、なんというかそっちが本当は正体なんじゃないのかなぁと思ったりもしています。ああいう感じに、自分も身に覚えがあるからそう思うだけかもしれませんけれども。
こうやって未読であることをいいことに好き勝手斬り込んでいますが。全然違うところを斬っているのかもしれないよなぁとも思っております^^;

徹夜で毎回盛り上がっておるわけですが、お互いそれなりの歳ですし、無理をして倒れるまで頑張りましょうね!嘘です(笑)
無理をしないで作品を楽しんで、いっぱい感想を書いていきたいですね!

>とーや改め八雲さん
お久しぶりです!コメントありがとうございます。ダブルエースとのありがたい評価をいただいたこと覚えております。一緒に盛り上がっているてりぃさんの記事共々楽しく読んでいただけていることが本当に嬉しいです。
(ダブルエースとか双璧とか、そんな感じのことを言っていただいて、「おお!じゃあ俺はロイエンタールかミッターマイヤーか!」などと素直に浮かれておりました^^;)
ハルヒの記事も読んでいただきありがとうございます。
目頭が熱くなりましたか!!おぉ~…。原作を読んでいる方にそう言っていただけるととても嬉しいです。
当のハルヒに否定されるところ、聞いてみたいですね(笑)台詞を勝手に作って脳内で平野綾さんの声に変換してしまいそうです^^
でも、彼女の心の深奥には既にキョンがいるから、僕の言葉が届くことはないんですよ。
…と恥ずかしい台詞風に♪
またの恥ずかしい台詞をお待ちしております^^

>ledさん
てりぃさんへのレスでも書きましたが、知人女性と感想を話していたことがヒントになって本来の意味のSOSのことを考えました。
メッセで話された女性は以前話題にされていた従姉妹さん?
やはり女性はハルヒの気持ちを敏感に見抜きますよね。
その方が言われていることは、ハルヒという女の子を的確に表しているんでしょうね。いやいや、すごい名言だと思いますよ!
まぁそんなハルヒの気持ちをどれだけ分かっているのか分かっていないのか、みくるのビーチボールにうひょーってなっているキョンは、まさに我ら男性視聴者の代表って感じですね^^
そして僕らは有希にも目移りするし(笑)
私服姿むちゃくちゃ可愛かったですね!
…って、これがダメなんだよきっと(笑)

投稿: だんち | 2006年5月 9日 (火) 23:38

いつも楽しく読ませていただいてます。
僕も原作未読なんですが、今までのところアニメの変則的な構成には特に不満や違和感はなかったんですよ。ところが、今回は終わった後でさすがに首を捻ってしまいました。
「この終わり方で続けて後編やらないのは、いくらなんでもちょっと…」って。
でも、だんちさんの考察を読んで、自分なりに「ああ、なるほど」と思うことができました。
ようするにハルヒって、一見エキセントリックなようだけど、実際はごく普通のまともな女の子なんですね。確かに、別荘の主人への挨拶なんかを見てたら、ちゃんと常識をわきまえているようで、いくら名探偵になりたいからって、本気で人が死ぬことまで願うような子じゃないと思えます。
だから、おっしゃる通り、殺人事件はただのオマケであって、本当はハルヒは「ただ、夏合宿を仲間と楽しく過ごしたい」って、そんな当たり前のことを願っているだけだったんでしょう。そう考えると、前編の後にすぐに後編を持ってこない構成も納得がいきます。
少なくとも今のところ、ハルヒがそんな「普通の子」であることを、視聴者にわからせる流れにはなっていませんし、その辺りを他のエピソードでちゃんと描いてから後編、つまり、「ハルヒはただみんなと騒ぎたかっただけ」っていうのを描くんじゃないかと(だんちさんは解決編は必要ないとのことですが、僕は仲間と楽しんで満足して学校生活に戻るハルヒが描かれる(?)後編、ぜひ見てみたいです)。
「変人に見えて実は普通の女の子」が一番に願っていること、求めていることというのは、実はいたってささやかでありふれたものなんじゃないでしょうか。
だからこそ、それを与えられるのは、宇宙人の有希でも、未来人のみくるでも、超能力者の一樹でもなく、ただの普通人であるキョンなのではないでしょうか? キョンがハルヒに選ばれた理由はそこにこそあるように思えます。
それでは。

投稿: memento | 2006年5月10日 (水) 00:08

mementoさん。こんにちは。はじめまして。いつも読んでいただいて、またコメントを下さってありがとうございます!
僕が書いた感想が少しでもお役に立てたのでしたら嬉しいです^^
彼女が望んだことは、目の前で僕らが見ていること、として見てみると、彼女がいかに普通の女の子であるのかが分かるのだと思います。
だから、僕は既にハルヒがその内面においてはとても普通の女の子であることが描かれているのだと思っています。

SOS団を結成して彼女がしたことでアニメで描かれているものといえば、「気になる男の子や友達と一緒」に「映画を撮る」「野球をする」「週末集まる」「夏合宿をする」ということです。
これを見ていて、僕は「なんて普通の子なんだろう」と思えたんですね。
だから「視聴者にわからせる流れ」になっていると思うんです。
もし、ハルヒのことを「普通の女の子だと思えない!」と感じるのであれば、それは僕らが普段「女の子って分かんないよね」と言っていることと同じ感覚なのではないかな、とも思います。
つまり、僕らは「普通の女の子」というものを、そもそもそんなに分かっていないのではないだろうか、ということですね。
それが本来男の子の持つ感覚であるのならば、mementoさんのように「この展開はないよ!」と思うことは、それもまた当然なのかもしれません。

とはいえ。やはり後編は後編で是非見たいですよね。帰る時に「寂しい気持ちを隠そうとするハルヒ」とかをついつい勝手に妄想してしまいます^^

>「変人に見えて実は普通の女の子」が一番に願っていること、求めていることというのは、実はいたってささやかでありふれたものなんじゃないでしょうか。

僕も本当にそう思います。

>だからこそ、それを与えられるのは、宇宙人の有希でも、未来人のみくるでも、超能力者の一樹でもなく、ただの普通人であるキョンなのではないでしょうか? キョンがハルヒに選ばれた理由はそこにこそあるように思えます。

なるほど!確かに仰る通りかもしれません。本当は普通のことを求めているから、普通の男の子にそれを与えて欲しいと願う、というのはまさに描かれていることそのもののように思えます。
僕も改めてハルヒのことが少し分かったような気がします。ありがとうございます^^

よろしかったらまたご意見聞かせて下さい。
それでは失礼します^^

投稿: だんち | 2006年5月10日 (水) 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/9974751

この記事へのトラックバック一覧です: 「涼宮ハルヒの憂鬱」第6話を見た。:

» 孤島症候群(前編) [Old Dancer's BLOG]
 珍しく、ちょっと賭けてみたんだよね。大勢(たいせい)が「どーせ次は後編やんないんでしょ?」って状況の中でね、あえてここは「逆の逆」を行って、翌週は後編に違いない!とね、弱いくじ運を最大限にかき集めてえいっ!とね、全部はってみたのよ。さあ、その一世一代のBetの結果や如何に! ハ「次回!涼宮ハルヒの憂鬱第8話!!」 キ「って、解決編しないの?!Σ(゚Д゚;)」  ……負けた。orz 完膚無きまでに負けた。うぇ、罰ゲームに缶ジュース買ってくるっすか。ええと、フルーツ果... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 05:16

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 「孤島症候群 (前編)」 [垂れっ流しジャーマン]
振り返りながら「大好き♥」って言うのよ! 何か、違う… 何を企んでるか聞かせてもらおう! 大海原で一樹を問い詰めるキョン… ハルヒが望んだのはクローズドサークル。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 05:33

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 [パプリカのアニメ鑑賞よた話]
涼宮ハルヒの憂鬱 オフィシャルサイト アニメ・パプリカ ハルヒを退屈にさせないため、古泉の提案&提供で、彼の親戚の所有する無人島の別荘へ行くことになったSOS団。 そもそも、世界がこむら返りを起こしたような出来事が収められていそうな、ハルヒの言うところ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 06:39

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 [Todasoft Blog]
第6話「孤島症候群(前編)」 古泉がセッティングしたSOS団初の合宿。 知り合い... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 07:50

» 涼宮ハルヒの憂鬱を観る [うにゃ丼亭]
有希さんの私服ッ!! 至福の私服ッ!!(ぉ 初日の、肩紐のない服(女性衣料の語彙が少ない自分が悔しいw)がステキだッ!!薄緑色で、横のストライプ模様、色の濃さの違うヒラヒラが付いていて、とても可愛いです(はぁと) なんつーか、ほら、結構あるんですねッ!! 有希さんッ!!(大興奮)>何があるんだッ?!www ほら、このデザインだと、胸部肉量が少ないと、うれしいハプニングが不意打ちで心のやらかい所に大ダメージじゃないですかッ?!>よく考えてから発言しろwww しかし、有希さんはなかなかの... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 08:12

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 [バラックあにめ日記]
ハルヒにしては今ひとつでしたか。 無論、ハルヒにしては、という事なので、トータルのレベルは高し。 例えばキョンの妹がバッグに入り込んでいるシーンなど、センスの無い演出ですとババーン!と大々的に見せてしまう所を、スッとテンポ良くパンで流す。 ここぞ、とい..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 08:49

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 「孤島症候群(前編)」 [アニメって本当に面白いですね。]
涼宮ハルヒの憂鬱   現時点での評価:4.0〜4.5   [学園もの 変人コメディー]   ちばテレビ : 日曜 24:00   テレビ埼玉 : 日曜 25:30〜   テレビ神奈川 : 月曜 25:15〜   KBS京都 : 月曜 25:30〜   テレビ北海道 : 月曜 26:00〜   サンテレ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 09:32

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 [孤狼Nachtwanderung]
第6話「孤島症候群(前編)」 SOS団、夏休み初合宿です! 合宿先として孤島を提供してくれた古泉は二階級特進で副団長に。 なるほど~、こうして古泉は副団長の座に就いたわけだったのですね。 今回のハルヒは迷探偵!・・・いや、名探偵! カメラマンにはみくるが・... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 11:55

» 涼宮ハルヒの憂鬱第六話「孤島症候群(前編)」 [月桂樹]
白いワンピースの女の人はダレデスカ。 手紙、写真、花ってむしりすぎでは。 SOS団の合宿です。 場所が古泉の遠い親戚ってやっぱり超能力者? ハルヒが急に何か書き始めました。 功績が認められ古泉が副団長に二階級特進です。... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 12:51

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 「孤島症候群(前編)」 [ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜]
後編は来週やらないのかよ!!?(笑) まずそこにツッコミを入れるべきでしょう。まさに「起」・「承」・「転」で止まっちゃってる感じですw ハレ晴レユカイ平野綾 茅原実里 後藤邑子 平野綾 茅原実里 ランティス 2006-05-10売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 15:07

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 「孤島症候群 (前編)」 [あにめだもん!]
体は子供、頭脳も子供、その名は名探偵ハルヒ [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 15:32

» 涼宮ハルヒの憂鬱第6話孤島症候群(前編) [翔太FACTORY]
「涼宮ハルヒの憂鬱第6話孤島症候群(前編)…また話が飛びます。いきなり夏休み前に」「と、第6話の感想の前にコレの紹介を・・」「涼宮ハルヒの憂鬱のエンディング、ハレ晴レユカイが明日発売ッ!!早売りの所は今日発売です」「その為に、第1話朝比奈ミクルの冒険Episo...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 16:04

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話・「孤島症候群(前編)」を見て [サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改]
 今回は、ハルヒと愉快な仲間達が、イツキの知り合いの別荘にお招きにあずかるお話。相変わらず時系列無視で。全日本セミロリ愛好協会推薦キャラ:長門有希(年齢はややオーバー)  本日の感想:あっ!ミステリーになっちゃった!  さて、どんなお話かと思ったんだが…要するに、ハルヒが起こると思ったことは確実に起きてしまうわけで、さすればなーんにも無い場所で密室殺人事件が起きてしまうのも致し方�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 17:04

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 [パズライズ日記]
(後ろ向いて、振り返りながら)「大好き・・・」 今回ほとんどセリフの無かった長門有希。 海に来てもパラソルの下で本を読んでるだけかと思いきや、水上スキーしたり浮き輪でプカプカしたり。 でもいかなる場合でも本を読み続けていたのに笑いました。 特に水上スキ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 17:24

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 「孤島症候群(前編)」 [アカ乙ブログ]
やばい憂鬱の話よりこっちの方がテンションが上がるなw これは原作読んでるか読んでないかの差か あるいは番外編の方が色々と夢が広がるからなのか。 (ちなみに自分は憂鬱しか読破 [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 17:39

» ★涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「「孤島症候群(前編)」 [48億の個人的な妄想]
【公式】退屈話の孤島症候群。短編読んだ時はオチもそうだけど、ビミョーな話をアニメ [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 19:36

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 [King Of ヘタレ日記]
■涼宮ハルヒの憂鬱■ [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 00:21

» ダイスキ! - 『涼宮ハルヒの憂鬱』 - #6「孤島症候群(前編)」 [Syu's quiz blog]
『涼宮ハルヒの憂鬱』 - #6「孤島症候群(前編)」  前回、涼宮ハルヒが市内探... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 01:59

» (アニメ感想)涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 [萌え喫茶]
今なら言える!!SOS団に私も入れてくださいーー!!あぁもう、最初は活動内容とか意味分からなかったけど、めちゃくちゃ楽しそうですね、この部活(`・ω・´) はいはい、先週、予想した通り後編はすっ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 02:38

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 長門はいったい何冊持ってきてるんだ? [―SEED・エスカフローネに愛を注ぐ―]
特におもしろいと感じることもなく・・・ 今回は「かわいいw」と、思うところが多かったので 長門特集をしたいと思います(ぇ) キョンがみくると妹を見ているっていうのに、既に振り向いている長門。 数秒待たされる。 淡々とばば抜き... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 03:09

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」(アニメ感想) [電脳羅針盤]
今回は合宿のお話。古泉の副団長任命、そして、名探偵。相変わらず面白い人たちだ(褒め言葉)妹さんレギュラーキャラなのでしょうか?ていうか、エスパー伊藤ごっこ禁止!お兄ちゃんを犯罪者にしたいのか(汗気づかずそのまま持っていってたらキョンは一....... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 08:23

» [涼宮ハルヒの憂鬱]第6話 孤島症候群(前編) [もえろぐ]
「涼宮ハルヒの憂鬱」第6話です。 原作をいっぱい読んだので予習は十分ですw 今回のお話もちゃんと予習済み^^v さぁ、ハルヒ団長曰くSOS団の夏合宿をやるとのこと。 例に漏れず盛り上がっているのはハルヒだけなのですが 拒否権なんてものが団員に与えられているわけもなく ・・っていうか行くか行かないかなんて選択できないしw そもそも選択肢が表示されない一本道ルートですw ということで古泉が用意した・・というか見つけた島へ。 そこには古泉の金持ちの知り合いが別荘を持っているの... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 08:56

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 ハルヒの感想は叫ぶ専用に最近なってきたw(ぉぃ [〜気まぐれ人間の日常〜]
よっしゃあああああ!!!! 今回も叫ぶぜ!!!!(ヤメレ だってほんとこれを見ると叫びたくなる!!ww(ぉぃ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ えええええええええええええ え... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 17:36

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 『孤島症候群(前編)』 [ティンカーベルをください]
ありえねぇぇぇぇえ(´Д`;) 今回はSOS団の夏合宿話☆ 古泉の紹介で、孤島にあるお屋敷に合宿でお世話になることに。 そこで事件は起こるのか…?! テキトー感想、いきます! [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 23:46

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」(アニメ感想) [すのくろブログ]
今回も、いい具合に吹っ飛んでる、涼宮ハルヒの憂鬱。久々に感想行きます。 [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 17:22

» (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 「孤島症候群(前編)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
涼宮ハルヒの憂鬱 (1) 合宿に行くわよ!!いつもの調子でハルヒのワガママが炸裂です。「クローズドサークル」だそうです。孤島に取り残されたハルヒ達の身に起こる重大事件と言うのはを期待しているのですね。つまり今回は探偵ものですか。犯人はお前だ!!・・・。... [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 01:28

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 [火焔の剣]
えっと・・・今週は何話に当たる話でしたっけ?(何 ああ、そうだ9話だ。 だからややこしすぎだと(ry 今日は簡潔に終わらせ&キャプはなしです。 なぜか孤島に着たSOS団。 それには理由があった。 それはSOS団の合宿だった。 更にハルヒはその孤島に奇怪な事件... [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 19:06

» 『涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 「孤島症候群(前編)」』 [ひろしのアニオタ日記]
さて質問です。   <質問> 上記の画像 [続きを読む]

受信: 2006年5月12日 (金) 22:05

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 [高校生の愚痴]
?また話が飛んでるから次回の続きが気になるけど 今回は「孤島症候群(前編)」です前編かヾ(@°▽°@)ノ・・・前編か・・・ 後編は見れるのかな・・・ 前回は長く書いたのだが、今回は時間がないしみじかめってことで(;´Д`)y─┛~~ ハルヒが名探偵になりたいと言う理... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 14:47

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」 [今日もコレクト!]
え〜、W録君の録画失敗により視聴はあきらめていたのですが、便利な世の中になったものですね♪それでは感想です。 [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 20:12

» 涼宮ハルヒの憂鬱 第06話「孤島症候群(前編)」 [AGAS〜アーガス〜]
{{{: 古泉の遠い親戚の別荘で、3泊4日の合宿する事になったSOS団。 ハルヒはクローズドサークルを願っていた、すると台風がやってきて本当にそうなってしまった。 そして事件発生、何とオーナーの弟が行方不明になってしまったのだ。 その事をオーナーに連絡しようにも内線に出ない、部屋に行っても中から鍵がかかっていた。 これはヤバイと思い、キョン・古泉・執事の荒川さんの3人はドアに体当たり。 中に居たのはナイフで胸を刺され倒れているオーナーだった。 }}} ===== いきさつ =..... [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 07:09

» 06:孤島症候群(前編) [かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん]
 次回後編じゃないのかYO!!  ・・・・・・  ・・・などと言えるほどのサプライズは自分の場合、既に他の方のレビューを大量に読み込んでいることから難しいんですな(‘・ω・`) [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 23:00

» 「涼宮ハルヒの憂鬱」エンディング [高校生の愚痴]
↓すごいのみつけましたΣ(´Д`lll)↓ http://ankadeblog.web.fc2.com/dance/ 1コマ1コマ解説してます・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル さらに 華麗にエンディングを踊る人を見つけました( ̄□ ̄;) http://www.youtube.com/watch?v=6FmZIAr3HCk これはとりあ... [続きを読む]

受信: 2006年5月16日 (火) 23:35

« 「ARIA THE NATURAL」第6話を見た。 | トップページ | 名探偵は事件を解決していた!? »