« 日本対マルタ戦とオーストラリア対オランダ戦の印象を。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第10話を見た。 »

2006年6月 6日 (火)

「ARIA the NATURAL」第10話を見た。

 こんばんは。だんちです。テレビ東京にて「ARIA The NATURAL」第10話を見ましたので感想を書きたいと思います。
 今回は時間が無くってペン画スケッチが描けませんでした…。とほほ残念。

 前回に続いての岡田麿里さんの脚本でしたが、素晴らしかったですね!良いお話でした。
 人形使いのおっちゃんが、人形に手を振らせているシーンでは涙が滲みました…。

 今回のお話を見ていく上での大きなポイントが二つあったように思います。
 その一つは、タイトルバックの一連のシーン。
 まず青空がまぶしく映し出されて、タイトルが出るところで空と同じ色のネオヴェネツィアの水面が映る。灯里が様々な人々と触れあいながら、空とそれが映る水とが印象的に映し出されます。
 もう一つは、タイトル空けのカフェでのシーン。ウェイトレスの若奥さんが灯里に感謝の気持ちを伝えます。灯里が教えたおまじないで結婚指輪が見つかった、と言うわけですね。
 実はこれ、伏線だったんですね。
 なくしたものを、灯里のおかげで見つける。ということの。

 今回、藍華やアリスが見失っていたものが、灯里を追いかけることによって見つかりました。

 それは、子供の頃人形使いの路上パフォーマンスを心から素直に楽しんだ思い出。

 なぜ、灯里のおかげで失っていたものが見つかるのか。
 それが、タイトルバックの一連のシーンに示されているのだと思います。

 空の青さを、そのまま映す水。

 空の青さと水の青さに挟まれゴンドラを漕ぐ灯里。
 それはまさに灯里の素直さを表しているのだと思います。

 彼女の持っている素直さ、あるがままをあるがままに受け止める心の素直さが、周囲の人に失っていた何かを見つけさせるのでしょうね。
 だから、藍華もアリスも、見失っていた思い出を見つけた時に、自然と恥ずかしい台詞を口にします。それは灯里の真似をしたのでもなんでもなく、元々彼女達の心にある素直な言葉だったように思います。

 今回、藍華とアリスが、なぜ灯里に知り合いが多いのか、を探るお話でした。
 それは、ヴァポレットというのんびりレトロな乗り物に乗るところで象徴的に描かれ、彼女は何も特別な何かをしているわけではないし、特別な存在でもないことが示されます。
 そして、「灯里」というヴァポレットに乗っていくと、忘れていたもの、見失っていたものを見つける停留所にたどり着く。

 つまり、藍華やアリスと一緒に、見ている僕らも、見失っていたものを見つけることになるわけですね。
 自分の中の素直さとか。
 思い出とか。
 それは、人それぞれなんだろうけど。何かを見つける。
 そんな仕掛けのお話だったわけですね。

 僕の場合は何だろう?
 やっぱり。
 「うおっ!お話作りってすげぇ!」
 「話を作る人ってすごい!」
 と憧れる気持ちでしょうか。
 見失っていたわけではないつもりだけど、やっぱり、タイトルバックの見せ方、冒頭のカフェでのエピソードの見せ方なんかを見ると、素直に感動して憧れてしまいます。「こういう仕掛けをやりてぇ!!」って。

 それと、もう一つ。
 印象的だったのは、人形使いのおっちゃんですね。
 失っていたものを思い出す、ということで言うならば。かつて訪れた街で自分の芸を楽しんでくれた子供達の笑顔を、彼は思い出したのかもしれません。
 その成長した姿を一度は見ていながら、灯里と会う前にすれ違った時には思い出せなかったけど、灯里と一緒に時間を過ごした後には、思い出した。
 だから、藍華とアリスに、人形を通して再会と別れの挨拶をした。
 僕にはそう見えました。

 物語であったりパフォーマンスであったり、様々な形で僕らを楽しませてくれる人達がいるわけですが。僕らは彼らのことを覚えていたり、忘れていても思い出したりします。
 だけど、それは彼ら「楽しみを与える」側の人達もそうなのかもしれないですね。
 …ということは、あの人形使いは佐藤監督!?あんなに痩せてねぇだろ!というツッコミはさておいて。灯里とアイちゃんのメールのやりとりの中、夕暮れの街を歩く人形使いの後姿がとても印象的だったんですね。

 楽しみを与える側と受け取る側。
 その両者は、それぞれ素直に向き合えば、見失っていた楽しい一時を、一緒になって取り戻すことができる。
 そんなことを訴えてくるラストカットだったのかもしれません。

 丁寧に作られ、そして溢れてくるようなメッセージに、心地よい感動を与えられる、そんなお話でした。

 次回は…ヴェネツィアンガラスのお話ですね!!
 もう、今からわくわくどきどき…楽しみで仕方ありません!!

 ではでは、またです!!

 参照:「なぜアニメの感想を書くのか。どういったスタンスで書くのか。」
    :「『音響監督佐藤順一』の手法に注目してみる」

|

« 日本対マルタ戦とオーストラリア対オランダ戦の印象を。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第10話を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/10404700

この記事へのトラックバック一覧です: 「ARIA the NATURAL」第10話を見た。:

» ARIA The NATURAL 第10話 [おちゃつのちょっとマイルドなblog]
ARIA The NATURAL 第10話、「その あたたかな街と人々と・・・」。 地元民である藍華やアリスよりも知り合いが多いという灯里の謎をとくために灯里を尾行する2人。普段灯里はどんな風に知り合い作りをしているのでしょう...という話。 ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 18:17

» ARIA2#10 [悪のめいどブログ]
今日はARIAのみなので、まったりこのまま眠れます でっかい、まったり(笑) んで、今回は、水上バスの話でしたな ミッション 灯里をマークせよ 誰彼なく知り合いの多い灯里 でっかいナゾに包まれた彼女の本当の姿に、藍華とアリスが迫ります 水上バスでの密会 そして、明らかに怪しいエージェントとの接触 もしや、灯里は、マンホームがAQUAのスローライフ急進派を探らせるために派遣したスパイ? とおもいきや、何やら怪しげな踊りでお子様の洗脳を始めました やばい、やば... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 20:46

» ARIA The NATURAL  第10話 「その あたたかな街と人々と…」 [恋華(れんか)]
ARIA The NATURAL  第10話 「その あたたかな街と人々と…」 灯里ちゃんが尾行される…。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 21:14

» ARIA The NATURAL 第10話 [ミルクレモンティー]
・ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due (ドゥーエ) ・ARIA The NATURAL ~遠い記憶のミラージュ~(仮称)   「その あたたかな街と人々と・・・」   食事中の灯里のもとに店員のおねーさんが奢りのサラダ  を持ってやってくる。ε( ̄0 ̄ε)およよ?  ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 22:06

» ARIA The NATURAL 第10話「その あたたかな街の人々と・・・」 [火焔の剣]
今週は街と人々との交流を描いたお話。 一部の方には9話としてTBを送ってしまいましたが10話です・・・。 練習中に街の人々と会話をする灯里。 更にカフェで昼食を取っていると灯里が店員さんと仲良く話している姿を見て驚く愛華とアリス。 しかも灯里と店員さん... [続きを読む]

受信: 2006年6月 6日 (火) 22:56

» ARIA The NATURAL 第10話 [パズライズ日記]
テレビ大阪では2話連続放送の2話目。 今回は、知り合いが異様に多い灯里の日々の行動を、藍華とアリスが観察する話。 灯里が観察対象になっていつもと少し違う感じの展開で、新鮮でした。 誰とでも気軽に話せてすぐに仲良くなってしまう灯里は凄いです。 いつもと同....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 04:01

» ARIA The NATURAL 第10話 その あたたかな街の人々と… [木下クラブlog]
一言 りんごって水に浮くんだ、新発見 [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 07:05

» ARIATheNATURAL第09・10話感想 [accessのweb飛行機写真館]
あまりの時間のなさに今回も二話一気に感想です。こんなすばらしいアニメすら見る時間がないとは・・・★予約特典:ARIAナチュラルバスエッセンスもれなくプレゼント!ARIATheNATURALNavigation.1第09話「その素顔の星たちは…」なんか一期の終盤を思わせるような演出でし...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 8日 (木) 22:41

» ARIA The NATURAL 第10話「その あたたかな街と人々と・・・」 [AGAS〜アーガス〜]
[[attached(1,left)]]いつもの練習中、色んな場所で沢山の人と話をする灯里を見て 藍華とアリスは地元出身の自分達より知り合いが多い事に気付く。 そこで2人は灯里の知り合いを増やす方法を調査する為尾行する事に。 行く先々で知らない人と気軽に話す灯里、謎のおじさんにも声をかける。 2人はそのおじさんが人形を動かす姿を見て懐かしさを感じる。 灯里のおかげで、忘れかけてた昔の思い出を思いだした2人だった。 脚本:岡田麿里 演出:いとがしんたろー・金澤由季 絵コ:いとがしん..... [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 01:07

» ARIA The NATURAL 第10話「その あたたかな街と人々と…」 [今日もコレクト!]
ARIA The NATURAL Navigation.1posted with amazlet on 06.06.08メディアファクトリー (2006/07/25)Amazon.co.jp で詳細を見る アクアはもうすっかり夏。 空と水が色鮮やかに、青くなったように感じるのは気のせいでしょうか。 さて、練習中に街の人たちによく話しかけら....... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 15:59

» ARIA The NATURAL 第10話 [King Of ヘタレ日記]
■ARIA The NATURAL■ [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 02:39

« 日本対マルタ戦とオーストラリア対オランダ戦の印象を。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第10話を見た。 »