« 涼宮ハルヒの憂鬱第10話の語れる点と語れない点。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第11話を見た。 »

2006年6月13日 (火)

いや、残念だ。サッカーW杯日本対オーストラリア

 こんばんは。だんちです。
 いやー。もうちょっと上手くゲームを運べば勝てた試合でしたね。W杯サッカー。日本対オーストラリア。
 でも、負けは負け。残念です。
 まぁ、この試合、絶対に「ジーコの采配ミス」という論調が体勢を占めることでしょうね。勝てば官軍、負ければ賊軍。実力通りであれば勝てる相手、勝てる試合でしたが、采配も含めて、これが日本の実力ということですね。
 何はともあれ、選手もスタッフもよく頑張った試合だったと思います。

 勝てば官軍、ということで言えば。見事勝利を勝ち得たオーストラリア代表を褒め称えなければなりません。

 俊敏性や経験で劣るオーストラリア代表は、よく粘りましたよね。もっと精神的に集中が切れるかと思ったけど、かなり踏ん張っていて驚きました。肉体的にタフでも精神的には少し幼稚なところのあるチームだと思っていたんだけど。やはり、そこはヒディングのマネージメント能力ということなのでしょうね。
 先日、テレビの特集で、ヒディングが韓国代表の監督だった時にソル・ギヒョン選手に施した「朝起きたら100回『俺が韓国を背負って立つんだ!』と唱えろ!」というメンタルトレーニング法を取り上げていました。それを見て、「うわ!やっぱりヒディングはすげぇな!」と思ったのですが、オーストラリア選手がメンタル面で集中を切らさず、最後まで攻め続けたのは、監督の手腕であり、そしてその監督を信じた選手たちの努力の賜物なのでしょう。

 僕らは、勝者、オーストラリア代表を褒め称え、そこから勝利の方策を学び取っていく謙虚さを持つべきかもしれません。
 同時に、負けたとはいえ、汗だくになって戦った日本代表を賊軍扱いすることは、僕にはできません。
 W杯はまだまだ始まったばかり。世界規模のサッカーイベントを、これからもいっぱい楽しんでいきたいと思います。

 それでは、またです!

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱第10話の語れる点と語れない点。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第11話を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/10501460

この記事へのトラックバック一覧です: いや、残念だ。サッカーW杯日本対オーストラリア:

« 涼宮ハルヒの憂鬱第10話の語れる点と語れない点。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第11話を見た。 »