« 「ウィッチブレイド」第14話を見た。 | トップページ | 「ARIA The NATURL」第16話を見た。 »

2006年7月18日 (火)

ちのつながらないいもうと。

 こんばんは。だんちです。
 僕にはとある事情で血の繋がらない妹がいるのですが(血の繋がらない父や母や弟もいます)、その妹の一人がですね、写真を撮っておりまして。
 今月20日発売の「デジタルフォト」という雑誌に投稿した写真が掲載されるとのことです。
 なんと「最優秀賞」らしいです!

 書店などにお立ち寄りの際は、ちょっとひやかしに探してやって、見てやって下さい。

 以前にも紹介したことがあるのですが、そのいもうとの写真ブログはこちらです。
 良かったら見てやって下さいねー。

 ではでは、またです!

|

« 「ウィッチブレイド」第14話を見た。 | トップページ | 「ARIA The NATURL」第16話を見た。 »

コメント

だんちさん、おはようございます。
早速ですが妹さんが最優秀賞をとられた事、おめでとうございます!
ブログも拝見しました。花を撮るのがお得意みたいですね。
最初の方に載っていた百合の写真の中にカマキリがいたのには
驚きです。その姿が花弁に溶け込んでいるので、見た瞬間は
ちょっと気が付きませんでした(^^;
写真を撮る技術をもっと磨いてこれからも多くの人たちを感動させてくれると嬉しいですね♪

投稿: フレア | 2006年7月22日 (土) 09:44

こんばんは。mementoです。
「デジタルフォト」見ました。DMC…じゃなかった、dpc(デジタルフォトコンテスト)2の最優秀賞でしたね。
いやー美しい!
緑の葉っぱの筋も、それに映った三つの鈴蘭の影もくっきりと鮮やかで、瑞々しい感性と草花への愛情にあふれていますね。
こういう写真雑誌を買うのは初めてなんですが、ほかの写真も凄く綺麗で、なんか見ているうちにデジカメが欲しくなってきました…。
あーでも、デジタル一眼レフって高いなあ…。

投稿: memento | 2006年7月22日 (土) 23:07

>フレアさん。こんばんは^^

≫早速ですが妹さんが最優秀賞をとられた事、おめでとうございます!

ありがとうございます^^
義兄としても、鼻高々でございます。
ブログも見て下さってありがとうございます。上手く撮るもんでしょう?すげぇよなぁって、僕もいつも感心しています。
カマキリ、綺麗に撮れてますよね。
今、やつらがどんどん発生する季節ですからね。まさに旬の写真ですね^^
良かったらまた見てやって下さいね!

>mementoさん。こんばんは^^
おお!!「デジタルフォト」を買って下さったのですか!!ありがとうございます!!
家の近所では売ってなくって、僕はまだ発見できていません^^;
探索に出掛けなければ!!

≫いやー美しい!
緑の葉っぱの筋も、それに映った三つの鈴蘭の影もくっきりと鮮やかで、瑞々しい感性と草花への愛情にあふれていますね。

おおぉぉ…。お褒めの言葉をありがとうございます^^
すごく可愛い写真ですよね。光と影とが生み出す「絵」を自然に写していて。
仰る通りで、すごく愛情を感じる一枚ですよね。
元々、絵を描いたり詩を書いたりしてた子なので、ずっと培ってきた感性がカメラを手にしてより生きているところがあるんだろうなぁと、身内ながら思ったりしています。
楽しんでいただけて、嬉しいです!!

≫こういう写真雑誌を買うのは初めてなんですが、ほかの写真も凄く綺麗で、なんか見ているうちにデジカメが欲しくなってきました…。
あーでも、デジタル一眼レフって高いなあ…。

写真雑誌見てると、写真撮りたくなりますよね^^
デジタル一眼レフは、安くても10万くらいするみたいですね。
それくらいあったら僕はまずギターを買ってしまいそうです^^;
普通の安いデジカメでも、やっぱり写真を撮るのは楽しいですし。撮る人間によって個性が出て、撮るのも見るのも面白いですよね。
僕は、いつかエロくて可愛くて面白い写真が撮りたいなぁ…(理想高すぎ)
写真を撮るようになったら、是非見せて下さいね!^^

投稿: だんち | 2006年7月23日 (日) 20:27

こんばんは。たこーすけです。

ちょwww mementoさん、DMCてwww
ゴートゥDMC!ゴートゥDMC!

すみません。取り乱しました。


だんちさん、いもうとさん最優秀賞おめでとうございます。
いやー、ほんと、どの写真も素敵ですね!すごくイイです!
そうなんですよね。感性が出てるんですよね。
いもうとさんの感性、素晴らしいなあと思いました!

ちょっと以前思ったことがあるのですが。
テクノロジーの進歩によって、誰でもプロ並のものが作れるようになったと感じたことがありました。
いろんな分野で言えることなのだと思いますが、ぼくにとっては、DTMとか打ち込み的な音楽においてでした。
ほんと、それっぽいのが簡単に出来ちゃったりするんですよね。
もちろん、そこにはまだまだテクニックが存在するわけですが。
でもテクノロジーの進歩によって、ひと昔前なら高価な機材や専門的な知識がなくては作れなかったものを、簡単に作れるようになった感じがありました。
で、そうすると、誰でも作れるだけに、感性がモロに反映してくるというか、その人の感性がすごく大事になってくるわけです。なんというか、テクニックの差はなくなっちゃうんですよね、テクノロジーの進歩によって。
職人技を素人でも出せるようになったというか。
もちろん全てではないですよ。「それなりのもの」を誰でも作れるようになったという感じで。「技術」や「その機材の原理の知識」は依然として、とても大事です。

それで、カメラというかデジタルカメラも、そういうところありますよね。
誰でも、綺麗な絵を撮ることが出来るようになった気がしますし、フィルム代とか現像代とか気にせずバンバン撮り直し出来たりもして。それって、すごいことですよね。
で、そこで、その人の感性がすごく大事になってくるんですよね。
いや、ぼくデジカメ持ってないので想像で言ってるんですけれども。(笑)
でも、ちょっと気の利いた、綺麗な絵は、結構誰でも撮れちゃうんじゃないのかなと思ったり。
だから、「お!おぉ~」と思うものには、「何か」があるよなーと思います。
いもうとさんの感性、凄いなあと思うわけです。いいよなあー。


それでは。

投稿: たこーすけ | 2006年7月29日 (土) 23:48

たこーすけさん。こんにちは^^
いもうとをお褒めいただき、ありがとうございます!!
フレアさんmementoさんのコメントもそうですが、たこーすけさんのコメントも本人に伝えさせていただきました^^

写真ブログ、見てあげてくださったんですね。
僕も写真の技術のことなんて何も分からないのですが、見ていると画が今にも動き出しそうなその切り取り方は、やっぱり感性なんだろうなぁと感じます。

テクノロジーの進歩によって感性がより克明になってしまうという話は、良く分かります。
音楽の世界だと特にそうでしょうね。僕なんかでもMIDIで適当に音楽作れちゃったりしますし(実はこのことと感性のこととで続けたい話もあるのですが…今度メールででも書きますね)。
カメラの世界でも、そういうところはやはりあるのでしょうね。
そこで問われるのは、「何を見て」「何を感じて」「いつ」「どこで」シャッターを切るのか、の根本的な感性の部分なのかもしれないですね。

僕は、絵を描いているわけですけど、技術と同時に求められるのは、「勇気」なんですよね。
真っ白なところに、世界を生み出していくことは、勇気と決断がすごく必要で。そこが「絵」というものが「命を削って描く」なんて言われる所以でもあるのでしょうね。
でも、多分、それは音楽でも一緒なんだろうと思います。
何も音が無いところに、「その音を出す」というのは勇気と決断が絶対に必要なんだと思います。
カメラでは、動いているものを、ずっと動き続けている時間を、その一瞬のうちに切り取るという、そこにもまた「勇気」と「決断」がいるのではないかな、と感じます。

それが、感性の一面なのではないかなぁ、などということも思ったりします。

その意味では、身内びいきではありますけど、いもうとのシャッターの切り方は、本当に素晴らしい「勇気」と「決断」を持った感性があるのだと思います。
「バガボンド」の花の茎を刀で切って、その花が「生きている」のか「死んでいる」のか、なんていうところで剣技の鋭さを感じさせるエピソードがありましたけど、彼女のシャッターにもそういうものがあるような感じがします。
シャッターを切って撮った画が、ちゃんと生きている。そんな感じが、するんですよね。
その感性が、こうやって多くの人に見てもらえることは、僕もとても嬉しいです^^
これからも見てやって下さいね!

投稿: だんち | 2006年8月 3日 (木) 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/10999617

この記事へのトラックバック一覧です: ちのつながらないいもうと。 :

« 「ウィッチブレイド」第14話を見た。 | トップページ | 「ARIA The NATURL」第16話を見た。 »