« 正しい批評はどうあるべきか。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第14話(第一期最終回)。感想書き込み用エントリー »

2006年7月 3日 (月)

中田英寿引退。お疲れ様でした…。

 こんばんは。だんちです。

 プロサッカー選手、中田英寿選手が現役引退を表明しました。今さっき、彼のホームページで彼の言葉をこの目で読みました。

 なんとも…言葉が出てきません。
 W杯での動きなどを見ていると、選手としてまだまだやれるフィジカル、技術をキープしているのは誰が見たって明らかのことだとは思うのですが…。そういう問題ではないのでしょうね。
 人間は、体だけでなく、心もあって存在しているものですから。
 彼の心は、もうピッチの上で戦える状態ではないのだな、と改めて思いました。

 プロとしての10年間。海外に渡ってからの8年間。そこでの彼は想像も絶するようなプレッシャーと戦い続けてきたのでしょうね。
 それはまた、一切の手抜きをせず、プロサッカーに打ち込んできた歴史でもあるのだと思います。
 「もうできない」
 というところまで、やり切ったんだな、と思うと、引退を惜しむ気持ちと同時に、「よく頑張ったよな…。本当に偉かったよな」という気持ちが沸いてきて、なんというか、変な言葉なんですけど「おめでとう」というような、そんな言葉も心に浮かんできます。
 ドイツのピッチで倒れこんで泣いていた彼を見て、僕も泣きましたが、同時にとても羨ましかったのだとも思います。
 倒れるまで戦った彼が。
 「もうここまでだ」というところまでやり切った男が。

 彼のプロフェッショナルとしての10年間は、ファンとして見続けてきた僕にとって、とても眩しい輝きに満ちた宝物のような思い出です。
 そして、同時に、男としてとても悔しい気持ちになる思い出でもあります。

 「悔しい」「俺だって」と思うこの気持ちを与えてくれた男、倒れるまで戦い切った男、中田英寿に、尊敬と感謝の念を抱かずにはおれません。

 中田英寿選手。
 10年間、お疲れ様でした。素晴らしいプレーを、本当に、ありがとう。

|

« 正しい批評はどうあるべきか。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第14話(第一期最終回)。感想書き込み用エントリー »

コメント

だんちさん、こんばんは。
私も中田英寿選手の突然の引退発表の報を聞いて
驚きと残念な想いを感じた者のひとりです。

先日は別のコメント欄で彼に対する批判的な
ことを書いてだんちさんのお気持ちを害して
しまいましたが、私とて決して中田選手が嫌いで
書いたのではない事をご理解頂きたいです。

私も中田選手のファンであるのは事実ですし、
彼がこれまで日本のサッカー界を背負ってきた事
日本のサッカー界に計り知れないほど貢献してきた事
もし彼がいなかったら日本のサッカーはここまでには
至らなかったであろう事
なによりも多くのファンに感動と勇気を与えてくれた事
など、多くのことに感謝しています。

ピッチに寝転がるのを嫌っていた彼がブラジル戦の後
あれほど長い時間を自らの体をピッチに横たえていた時に
彼の心の中を過ぎっていたものは・・・?

サッカーを始めた子供の頃のこと?
これまで歩んできた道のり?
自分のやるべき事は全てやり尽くし、真っ白に燃え尽きた
そんな想い?
他人の私たちにはもはや想像することすら許されませんね。
なぜならば、あの時間・あの空間は彼ひとりのものだったと
思いますから・・・。

いまは「お疲れ様でした、今まで本当にありがとう!」の
言葉を贈りたい気持ちです。
中田選手のこれまでの活躍を見た子供達がこれからの
日本のサッカー界を担っていってくれることを願うばかりです。

投稿: フレア | 2006年7月 7日 (金) 21:34

フレアさん。こんばんは^^
ブラジル戦の記事でのコメントについては、反省してくれたのが分かっていますので、気にしていませんよ。
ああいう批判を抱くこと自体も問題ではありませんし、それを意見として表明することも建設的なことだと思います。

ただ、「あの記事」に、というのが良くなかったと思っています。
「意見」を「どこ」で「どのタイミング」で述べるか、については、僕もまだまだ未熟者で失敗することも多いです。
お互い、意見を交換し合いながら、学んで成長していけると良いですよね^^

「中田選手のファン」である、ということを言って下さって嬉しいです。
仰られる通りで、彼の気持ちを推し量ることは僕らにはできないことですよね。
彼のあの姿を見て、引退ということを聞いて、やはり出てくるのは、彼が与えてくれたことに対する感謝の気持ちと、そのことに対する労いしかないですね。

>中田選手のこれまでの活躍を見た子供達がこれからの
日本のサッカー界を担っていってくれることを願うばかりです。

中田選手がイタリアに渡ったのが8年前ですから、これからプロデビューする選手達は子供の頃に彼の活躍を見ていたりするでしょうね。楽しみですね!

投稿: だんち | 2006年7月 8日 (土) 04:15

だんちさん、おはようございます。
早速のコメントをいただきありがとうございます。

中田選手がブラジル戦の前にブログの中で書いた決意、
「守らなければならないものは唯一“誇り”」
これは私自身が忘れかけていたものを呼び覚ましてくれたような
気がしてなりません。
「誇り」
この言葉を心に刻んで、私も人生という長い旅を歩んで行きたいと思います。

投稿: フレア | 2006年7月 8日 (土) 08:03

おはようございます。遅ればせながら。

中田選手引退、とても残念です。4年後は厳しいのかも知れませんが、彼のプロ意識の高さと「世界に呑まれない」ハートの強さは、オシムジャパンでもきっと貴重なものだったと思うので。

…が、「4年後は厳しい」というのも理由の一つなのかも知れませんね。若いといえばまだまだ若いけれど、今回まさしく「刀折れ矢尽きた」のでしょう。お疲れさまでした。

投稿: Iuth | 2006年7月 8日 (土) 09:39

Iuthさん。おはようございます^^

やー。中田引退、本当に残念です。
特番も一生懸命見てしまいました。

≫彼のプロ意識の高さと「世界に呑まれない」ハートの強さは、オシムジャパンでもきっと貴重なものだったと思うので。

そうですよね。ただ逆に彼以外の選手のプロ意識やハートの強さって、どうなんでしょうね。相対的に中田の意識が高く見えているだけなんだろうとは思いたいところですが…。
個人的には戸田に復活して欲しいところでございます。

≫今回まさしく「刀折れ矢尽きた」のでしょう。お疲れさまでした。

あぁ…。まさにそんな感じですよね。戦い切った姿は本当に男らしくて、痺れましたね。引退と聞いても納得がいく戦いっぷりでした。

是非、後継者が出てきて欲しいですね!!^^

投稿: だんち | 2006年7月19日 (水) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/10777131

この記事へのトラックバック一覧です: 中田英寿引退。お疲れ様でした…。:

« 正しい批評はどうあるべきか。 | トップページ | 「涼宮ハルヒの憂鬱」第14話(第一期最終回)。感想書き込み用エントリー »