« 「ARIA The NATURAL」第18話を見た。 | トップページ | 「ウィッチブレイド」第16話を見た。 »

2006年8月 3日 (木)

今日のお宝。

 こんばんは。だんちです。
 今日は久々に町田に行って心の洗濯をしてきました。購入したお宝は以下の品々。
Takara02

 
 
 
 
・「デジタルフォト8月号」。
 ちのつながらないいもうとが撮った写真が掲載されている「デジタルフォト8月号」。超ベタ誉めされててびっくりよ!でっかく写ってるし。すげぇ。それにしても、やっぱりこの写真はいいですね。素晴らしい!いもうとの写真ブログはこちら

・「コミックマーケット70のカタログ」。
 我が「関東WILD CHICKEN」のサークルカットは930ページにあります。わーい。SMものがいっぱいだ!いろいろ見て回ろー。

・「ARIA~ピアノ・コレクション~スタジオーネ―季節―」。
 ARIAのBGMのピアノバージョンなわけですが、これはもう絶対買わなければ!と心に決めていた一品。もー、超素晴らしい!!うっかり泣きます。ジャケットやブックレットの西川淳一郎(美術監督)氏のイラストがまた素晴らしい!

・「PERSONA3 Original Soundtrack」。
 ゲームは血の繋がらない配偶者が楽しんでいるのですが、音楽は一緒になって楽しんでいます。個人的には作曲演奏を担当された目黒将司氏がブックレットに「73年製のストラトをマーシャルJTM60にアンプ直で突っ込んで、フロントピックアップで弾いた」と書いていた、「Blues in Velvet Room」にそそられています。ラインじゃなくってマイク3本で録ってるとのことですが、いい音してますよ!全体的にファンキーで非常に心地いいです。

・「涼宮ハルヒの動揺」「涼宮ハルヒの陰謀」。
 先に「憤慨」と「暴走」を読み終えて、もっと読みたい!となって購入。これで発売されている8冊のうち、後半4冊を入手したことになります。前半4冊は後で読もうという天邪鬼っぷりでございます。
 しかし、読みやすくていいですね。楽しく読んでいます。ハルヒとキョンの距離感がなんともたまりません。瑞々しいわぁ。不器用な青春がちょっと気恥ずかしい感じでなんとも心地良いです。実際、器用な青春なんざ送れるやつぁいないわけですからね。

 読んでいると、「頭のいいキャラクター」が普通に出てくることが、漫画描きとしては羨ましい。最近、商業漫画はほとんど読んでいないのですが、いまだに「うだつのあがらない不良」とか出てくるのかなぁ。「パシリ」とか。たまに漫画原作のアニメとか見てても、なんでだか意味なく「不良」っていう設定出てくるもんね(大概最初だけ不良で、しばらくすると無意味な設定になる)。僕も「主人公をうだつのあがらない不良にしよう」なんて編集に言われたことあったけど、そんなもん、面白いのかねぇ。
 キョンは「うだつのあがらない」主人公のようではあるけれども、それは「平均より下」的なところでもがいている感じではなく、ニュートラルであるからのように思えます。「普通である」というところに、魅力を持たせていて、キョンは普通であることに若干の寂しさを持っていつつも、普通であることから変化していこうとはしていなくって。そこに作品のメッセージの一端もあるように思えます。

 未来人、宇宙人、超能力者は出てきつつも、不良なんてなものが無意味に出てこないところにホっとさせられます。
 魅力のある主人公像やキャラクター像というものについて、なんだかちょっと考えさせられます。

 アニメだけでなく、小説も僕にとっては学習機会となりそうです。またいろいろ考えて、あれこれ書いてみたいですね。
 ではでは、今回はこれにて。
 またです!

|

« 「ARIA The NATURAL」第18話を見た。 | トップページ | 「ウィッチブレイド」第16話を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/11247501

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお宝。:

« 「ARIA The NATURAL」第18話を見た。 | トップページ | 「ウィッチブレイド」第16話を見た。 »