« 「物語り人(ものがたりびと)」であること。…学習機会レポート2 | トップページ | ハルヒさんで小ネタ。 »

2006年9月 4日 (月)

順当な敗北。サッカーアジア杯、サウジアラビア戦。

 おはようございます。だんちです。深夜のサッカー日本代表の試合、対サウジアラビア戦をテレビ観戦しました。
 0-1での敗戦でしたが、点差以上に日本代表の内容の悪さが印象的な試合でした。前半を見ていて、これは勝てるわけがない。サウジの内容が良いこともあるけど、それ以上にとにかく日本が悪すぎる、と感じていました。

 前半特に感じていたのが、ボール保持者が考えすぎている、ということでした。しかも、ボールを持ってから考えている感じ。
 で、3タッチ4タッチしてから見え見えの縦パスを出してはカットされる。
 なんというか、「うまいことやってやろう」という感じに見えるというか。
 もっとサウジみたいに簡単にパスを回していけば、サイドのスペースをもっと突くことができるだろうに、と思ってしまったのですが。
 でも、遠征直前までJリーグがあって練習スケジュールが限られていたわけだし。こんなもんでしょうかね。
 限られた状況の中で、なんとか誤魔化して上手いことやれたらと望んだところで、まぁそれは虫が良すぎるってなもんですよね。
 サウジはコンディションが良くって、攻守の切り替えがスムーズだったし、日本を倒すための練習もしっかりと積んできている感じでしたよね。
 そこにある内容と結果を見れば、サウジがインスタントに日本を破ろうとしたのではないことがよく分かります。
 それに対して、日本はスケジュールの組み方も選手の頭の中も、ちょっとインスタントだったんじゃねぇかな、と感じます。だから、順当な敗北だなと思えます。

 で。
 その「インスタントさ」はどこから来るのだろうか?という疑問が、試合を見ていて頭に浮かんだんですね。
 「楽に勝とう」なんて、やってできるわけがない。なんだけど、準備が足りなければ足りないほど、そういうインスタント思考が出てきてしまう。そこに、日本選手の抱える根本的な問題点があるようにも感じます。
 その「頭の中身」は、要は子供の頃から叩き込まれてきている部分なんだと思うんですよね。

 小さな努力で大きな成果を得ようとする。損はしないで得だけしようとする。

 そういう思考を、家庭であったり学校であったり、友人関係の中であったり、様々な場面や状況の中で植えつけられてしまっている。そういうことがあるんではなかろうか。
 だから、それはサッカーだけの問題ではなくって、今現在僕らの周辺でも起こっていることなんではないか、とも思うんですね。
 漫画だと、なんだか意味なく主人公がとにかく不良だったり。ラノベやアニメだとなんだかとにかく魔法使いがやたらと出てきたり。萌えっていうととにかく意味なくメイドが出てきたり。商売に困るととにかく「女性向け」「女性に優しい」とか言ってみたり。

 おいおい。それはそれで別に構わないとは思うんだけど。でもどうなの。ちょっと楽してねぇか?

 と思うことが、多いように感じます。
 今回の日本代表の試合を見ていて感じることも、そういう感覚と重なるものだったんですね。
 なんというか、日本が借金まみれの国であることはやっぱり必然だよな、と改めて強く思います。

 得をしたければ、相応の努力や働きをしなければなりません。
 そういえば、楽をして大儲けをしようとした元社長さんの公判が今日だったりもしますが。「うまいことやろう」たって、うまくいきゃしねぇんですよ。
 当然、僕自身もそういう教育を至るところで受けてきているし、「うまいことやろう」としてうまいこといっていない現状の只中にいるわけです。
 で、やっぱりそれは間違っているよな。やるべきことをやらなければ、満足いく内容も結果も得られないよな、と昨今自覚を深めている中での日本代表のサウジ戦。とても教訓になる試合だったように思います。
 技術とか戦術とかの問題ではなく、選手の頭の中、そして培ってきた思想、思考。そういったところに大きな問題を感じるように思います。これは、改善されるにはかなりの時間が掛かるかもしれませんよね。
 そしてその問題は、僕ら多くの日本人が抱えている問題でもあることでしょうから、日本代表を見つつ、共に改善していけると良いのかもしれませんね。
 その意味では、まさに「日本を代表している」存在として見て、そこにある問題や内容、結果を自分自身の問題と重ね合わせて感じ取っていくことができるのだと思います。
 見ていて、なんとも情けなくつまらなく感じる試合だったわけですが、観戦した意義は大きかったかもしれません。
 今後はそういった「日本が抱える問題とそれを解決するアプローチのモデル」というテーマも持ちつつ、日本代表のサッカーを見ていこうかな、なんてなことを思います。

 ところで。夏休みが終わったわけですが。
 「『オシムの言葉~フィールドの向こうに人生が見える~』の感想文を書こうと思ってみた。」は高校生諸氏には役立つものだったでしょうか?参考にされた方は自己申告でお礼の言葉を述べなさい。なんつってね。

 ではでは、またです!

|

« 「物語り人(ものがたりびと)」であること。…学習機会レポート2 | トップページ | ハルヒさんで小ネタ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/11754097

この記事へのトラックバック一覧です: 順当な敗北。サッカーアジア杯、サウジアラビア戦。:

« 「物語り人(ものがたりびと)」であること。…学習機会レポート2 | トップページ | ハルヒさんで小ネタ。 »