« 米澤嘉博氏のご逝去を悼む。 | トップページ | 「ARIA The NATURAL」最終回を見た。 »

2006年10月 3日 (火)

サンシャインクリエイション33にサークル参加してきました。

 こんにちは。だんちです。
 1日、池袋サンシャインシティにて開催された同人誌即売会「サンシャインクリエイション33」にサークル参加してきました。
 朝は晴れていたのですが、午後からかなりの雨が降っていましたね。僕は油断して傘を持っていかなかったのですが、一緒に帰った友人が大きな傘を持っていたお陰で荷物を濡らさずに済んで助かりました。参加された皆様も大変だったことだと思います。スタッフの皆様、一般参加の皆様、そしてサークルの皆様、大変お疲れ様でした。

 当日、スペースまで来て下さった方、本を買って下さった方、本当にありがとうございました。僕は相変わらずの寝不足で(というか、また徹夜で…)、スペース内で寝ていたり、ぼーっとしていたりという有様だったと思いますが、お陰様で楽しい一日を過ごすことができました。
 本を手に取って下さった方には、是非またご縁があってスペースに立ち寄っていただければ、と思いますし、本を買って下さった方には、是非とも買っていただいた本を少しでも長く楽しんでいただけることを、心より念願しております。
Yukaritop
当日頒布した「ペルソナ3」の岳羽ゆかりちゃん本の表紙と裏表紙。ちょっと何かがハジけております。
 
 
 ところで、今回の即売会は、思うことのある一日でもありました。ちょっとそのことを書こうかと思います。

 今回、日程的には夏コミの一ヵ月半後ということで、全体として人出もあまり多くなかったのかもしれません。印象として、本を手に取ってくださった方も、そもそも目の前を通られる方も、少し少ないように感じました。
 その辺りは、印象でしかないことではあるんですけれども。

 ただ。
 周囲から、どこからともなく聞こえてくるんですね。

 「売れない」「今日は売れない」「売れてないなぁ」

 …というような、近所のサークルさん達の声が。
 そういう声が聞こえてくることは何も今回に限った話ではなくて、様々なイベントでスペースにいると時たまそういう声は聞こえてきます。

 今回。
 僕は続きものとして出している「7days fuzz」の続きが間に合わなかったことと、連続ものにしようと思っているハルヒ本の準備も物理的に間に合わないことから、どういうスタンスでイベントに参加するのか、考えました。
 突発の新刊として「ペルソナ3」の岳羽ゆかりちゃんの短いエロ本を用意しましたが、やはり、僕のところは「オリジナルの本格SM漫画」がメインなんだ、ということを改めて意識しました。
 なので、ボードも机の上の真ん中も、「7days fuzz」を中心にしました。

 売れるとか売れないではなく、何を読んでもらうのか。

 それが、今回改めて考えたことだったわけです。
 なので、僕にとっては、買っていただけた方に本を楽しんでいただけるのかどうか、が一番気になることでしたし、今も気になっています。

 いつも、原稿やプリントアウト、製本、そして当日の頒布を配偶者に手伝ってもらうのですが、本を作っている最中、配偶者氏は「喜んでもらえるといいよね」と言い、イベントが終わった帰り道でも「喜んでもらえるといいよね」と同じことを言っていました。
 僕は「そうだよね」と、二度とも答えたわけですが。この会話は思い返せばイベントの度にしているように思います。
 今回特に周囲の「売れない」という声がよく聞こえてきたからか、後になってこの配偶者氏の言葉がとても印象深いものとして感じられました。

 僕の価値観を押し付ける言い方をするならば。
 売れないと言ったところで買ってくれる人はいるんだから、思ったより売れなかったことよりも、買ってくれた人に思いを馳せるべきなのではなかろうか。
 それに、そもそも人の耳のあるところで売れるの売れないのと話しているのも、いかがなものか、とも正直思う。

 勿論、売れれば嬉しいし、用意した本があまり売れなければ当然寂しい。

 でも、それが読み物であるのなら。
 どう読まれるのか。読んでもらって、その本が何を与えることができるのか。それをこそもっと気にするべきだと僕は思う。

 そこで改めて、僕はしっかり読んでもらえるものを作っていきたい、と思いました。
 絵も上手く描きたいし、自分の萌えるものを描いたりもしたいけど、同時に、上手い下手とか考えずに、たっぷり読んでもらえるもの、読んで充分に楽しんでもらえるものを描きたいし、また僕はそれをするべきなんだ、と思います。

 迷ったり、悩んだり、疲れたり、腰を痛めたり、作品に向き合う気力を上手く充実させられなかったり。そういうことはこれからもあるだろうけど、でも今回、自分にできること、やるべきことを改めて何か掴んだ気がします。
 その意味では、今回何故だかやたらと「売れない」という声を耳にし、違和感を感じたことは必然だったのだろうと感じます。

 できる限りのベストを尽くし、そしてベストを尽くし続けること。
 漫画を描くことで、そのことに挑み続けていきたいと思います。
 その上で、夢もありますが。
 まぁ、それは黙っておきます。
 実現すると、いいなぁ。

 今まで以上にベストを尽くし、本気の上にさらに本気を上乗せするつもりで、これからも頑張っていきたいと思います。
 やはり、イベントは素晴らしい。
 参加する度に大きなモチベーションを手に入れることができます。
 これからも、いろいろ参加していくつもりでいますので、「関東WILD CHICKEN」を見かけられましたら、是非お立ち寄りください。
 とりあえず、年内は冬コミに申し込んでいます。
 昨日、受付確認葉書が届きましたが、果たしてスペースが取れるかどうか。当落を気にしつつも、準備を進めてまいりますね。

 今後とも、よろしくお願いいたします。

 それでは、またです!

|

« 米澤嘉博氏のご逝去を悼む。 | トップページ | 「ARIA The NATURAL」最終回を見た。 »

コメント

こんばんは、はじめまして。
ペルソナ本出してましたかー。一通り回っては見たんですが気づきませんでした。申し訳ない。
今回のコメント見させてもらって
だんちさんの人柄に惹かれました(^^)
ペルソナ本目当てだったのですが、
他の本も読んでみたくなりました。
次回冬コミのときは是非ともお邪魔させてもらいますね。乱筆乱文失礼しました。ではでは。

投稿: いつき | 2006年10月 3日 (火) 18:15

いつきさん。こんにちは。初めまして。コメントありがとうございます^^
ペルソナ本を探していらっしゃったんですね。
僕のところでは目立つような置き方をしていませんでしたし、表紙もペルソナ本っぽい色合いとかでもないし、発見しにくかったかもしれません。もうちょっとアピールすれば良かったですね。すいません^^;

ペルソナ本以外のものも読んでみたいと言っていただけて、すごく嬉しいです!
ペルソナ本自体は、かなりペラいものなんですが…。それでも、少しでも楽しんでいただけるものになっているといいなぁと思っております^^

僕のところはオリジナルのSM漫画が中心のサークルですが、冬に向けて頑張って準備を進めてまいります。冬コミ、スペースが取れましたら、是非遊びにいらっしゃって下さいね!^^

投稿: だんち | 2006年10月 4日 (水) 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/12132331

この記事へのトラックバック一覧です: サンシャインクリエイション33にサークル参加してきました。:

« 米澤嘉博氏のご逝去を悼む。 | トップページ | 「ARIA The NATURAL」最終回を見た。 »