« 「リーンの翼」を一挙無料放送で全話見た。 | トップページ | 「ネギま!?」第6話を見た。学習機会メモ付き。 »

2006年11月 8日 (水)

TVKで高校サッカー選手権「秦野対武相」を見た。

 こんばんは。だんちです。
 今日、TVKにて1時間のダイジェストで放送された全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選準決勝「秦野高校対武相高校」の試合を見ました。
 いやもう。それまでのスコアから予想していた通りの、守備の固いチーム同士によるギリギリのせめぎ合いのガチンコ勝負でしたね!!
 素晴らしい試合でした!!

 両チームともよく組織されていて、しかも気持ちを強く持って勝つために走り、戦い、本当によく頑張っていましたね。
 結果は先に知っていたわけですが、見ていて「これは…これだけ本気で走って闘って、それで負けたら、これは泣くよな」と思いました。なんというかもう、それだけ本気で走っている様子を見ているだけでとでも感動してしまいました。

 秦野高校は母校で、選手達は後輩になるわけですから、当然彼らには勝って欲しかったし、苦しいPK戦を勝ち抜いての勝利は本当に嬉しかったのですが。でも、武相の選手達にも本当に心から感動させられました。

 素人目なわけですが。両チームとも似ていましたね。
 忠実なディフェンスとスペースへのラン。
 サイドでは絶対に勝負。
 セットプレーでは集中。
 攻守の切り替えはとにかく早く。ボールを奪ったら絶対に前に走る。

 その徹底された基礎力の高さは、「ナビスコ覇者のジェフ千葉に見劣りしないよ!」と唸ってしまう程のものだったように思います。実際「オシムサッカー高校生版」を見ているようでしたね。一人二人の才能がいて勝負を決めるのではなく、全員で守り全員で攻撃する。基本を徹底すると、そこから生まれてくるものは一つの「スタイル」となって似てくるのかもしれませんよね。勿論、それぞれの監督がオシムサッカーを教科書にしていたのかもしれませんが。

 あと、秦野高校のプレーを見るまでは、スコアなどから「よく走り、よく守る、カウンターのチームなんだろうな」とは予想できていました。それはやはり当たっていたわけですが。実際、テレビを通してではあってもそのプレー振りを見てみると、ボール扱いの上手さ、基本的なトラップやキックの上手さにも目を見張らされました。
 これは…よっぽど基礎練習を積み重ねてきたのだろうな、と思い、監督の指導力の高さと選手達の意識の高さを思い知らされました。
 試合後のインタビューで、キャプテンとキーパーが「優勝します!」と力強く発言していましたが、それはそれだけの練習を積み重ねてきて、「自分達が優勝に値するチームである」という絶対の自信を持っているからなのだと感じました。
 関東リーグだったかで優勝も経験しているようですし。練習と経験を積み重ねて、とても充実しているのでしょうね。

 それと、身体的な部分でもしっかりしたものを持っているチームだとも思いました。
 DFには長身の選手がいてセンタリングを跳ね返し、セットプレーでは武器になる。
 サイドには脚の早い選手がいて縦への突破を常に狙っている。中盤の選手は運動量があり、パス&ムーブを何度も繰り返す。
 チームのヴィジョンがはっきりしているのでしょうね。だからこそ役割も明確になるのでしょうし。

 基礎力が高く、運動量もあり、ヴィジョンもはっきりしている。
 そりゃ、強いですよ。本当にいいチームですね。
 基礎の徹底をさせる指導者。基礎の重要性を認識して取り組む若者。
 秦野高校サッカー部の躍進は、人間の成長という観点においても、重要な基本を示す一つのモデルとも言えるのかもしれませんね。
 監督はやはり教員でしょうから、教育者と学生という立場で築き上げたチームというものには、スポーツというジャンルだけに留まらない意味がある、ということを改めて思います。

 自分が仕事をしていく上でも、基礎を繰り返していくことと、その基礎の重要性をしっかり認識する知性を持つことは大事なことです。そのことは、おそらくは仕事の種類や年代に関わらず、道理なのでしょう。
 だけど、この「当たり前」は「当たり前」であるがゆえに忘れがちになってしまうことでもあります。
 後輩達の活躍を見ていて、「当たり前のことをちゃんとやることが大事だし、そこに成長がある」ということを、彼らから教えられるようでありました。
 本当に、素晴らしい戦いを見せてもらいました。

 秦野高校サッカー部の皆さん。決勝進出おめでとう!そして素晴らしい試合をありがとう!!

 決勝で当たる桐光学園は技術が高く足許をきちんとつないでくるポゼッションサッカーな気がします(今、テレビで見ている印象ですけれども)。
 秦野高校は「プチオシムサッカー」であるなら、桐光学園は「プチバルセロナ」ってなところでしょうかね?
 どちらのチームも、厳しい練習を積み重ねてきた成果をぶつけまくることでしょう。
 勝敗は必ずつくわけですが、どちらのチームも、悔いの無いように全身全霊を掛けて勝利を信じて最後の最後まで戦い抜いて欲しいと念願しております。

 頑張れ!秦野高校!!桐光学園!!

 ではでは、またです!

|

« 「リーンの翼」を一挙無料放送で全話見た。 | トップページ | 「ネギま!?」第6話を見た。学習機会メモ付き。 »

コメント

こんにちはだんちさん、おひさしぶりです!
先月末の記事で知りましたが秦高がだんちさんの母校と知ってびっくりです。
簡単に個人特定されてしまうので詳しくは言えませんが僕は
ここ10年近く神奈川県央地区のとある少年サッカーチームの指導をしてるんですけど秦高現役キャプテンのゲンくん、近所のチーム出身で小学生の頃から知ってるんですよね。
僕のチームの子も何人かサッカー部OBになってますし、サッカーとは関係ないけど従姉妹も秦高卒だし縁があるので応援します。
是非全国めざして決勝戦頑張って欲しいですね。

投稿: おちゃつ | 2006年11月 9日 (木) 18:46

おちゃつさん、こんばんは。お久しぶりです。コメントありがとうございます!^^

おちゃつさんが少年サッカーを教えていらっしゃることは、ブログで拝見していて知ってはおりましたが、まさかこんなにご縁があろうとは!!
小学生の頃から知っている選手が大きくなってインタビューとか受けていると、面映い感じがするでしょうね^^
特に玄君…眉毛整えすぎ!!もし付き合っている彼女がいるのなら、是非指摘してあげて欲しいものです(余計なお世話か)。
従姉妹さんも秦高出身ということですが、きっと驚いていることでしょうね。最近バスケ部もインターハイに出たり、秦高はなんだかすごいことになってて驚かされっぱなしです。

ここ10年指導されていらっしゃるということは、秦野高校サッカー部の中村監督が就任してからとも時期が重なるんですね。
神奈川県央サッカーが、おちゃつさんや中村監督や、多くの指導者の手によって強くなってきているんでしょうね!!
僕の義父は昔湘南方面で少年サッカーの指導をしていました。様々なところで子供達を教える多くの指導者の情熱で日本のサッカーが強くなってきていることを感じます。
高校サッカーの選手達を見ていると、彼らが少年時代に受けた指導なんかが色濃く反映されているようにも思いますし、おちゃつさん達の働きは日本サッカーの将来にとってとても重要ですね!^^

そういった、県央のコーチ達の情熱にも思いを馳せつつ、決勝戦を楽しみにしたいと思います!
共々に応援しましょうね!!^^

投稿: だんち | 2006年11月 9日 (木) 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/12607638

この記事へのトラックバック一覧です: TVKで高校サッカー選手権「秦野対武相」を見た。:

« 「リーンの翼」を一挙無料放送で全話見た。 | トップページ | 「ネギま!?」第6話を見た。学習機会メモ付き。 »