« CharのDVD「Amano-Jack Movin'~The documentary on studio work &live tour of Char ~」を見まくっている。 | トップページ | 冬コミは山崎しんのすけさんのハルヒ本を! »

2006年12月18日 (月)

無意味にエロいハルヒさんを描きたくなった。

 おはようございます。だんちです。
 最近、健全なハルヒさんを描いていたら、身体の中の毒素が行き場を無くしてしまいそうになったので。ちょぴっと吐き出してみます。
 元からの「妄想界の住人」らしいネタでございますね。「それでもやっぱり妄想界の住人は生きていた。」ってな感じで。
 こういうネタが苦手な方はすんません。

1ページ目Drinkhar01(2008・7・28。絵を全コマ修正) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2ページ目Drinkhar02
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3ページ目Drinkhar03(2008.7.29。1、2コマをコミスタで修正。3コマ目をアナログで描き直し)
 
 
 
 
 
 
 
 
 はー。すっきり。
 ごめんね団長。
 とか言いつつ。もっといろいろさせてぇなぁ。

 ちょっと台詞の言葉選びを悩みました。
 まぁでも、ネタものなんだから、いくらでも下品な言葉使いをさせても良かったんだろうけど。
 健全ハルヒさんの影響かなぁ。
 いかん。今度もっとバリバリに直接的なことを言わせまくってリハビリせねば。

 コメント欄でやりとりしてる時に「ハルヒさんはファザコンだったりして」ということを書いたんだけど。その時に今回のネタを思いつきました。
 というのも、「ファザコンの女の子はフェラが大好き」という偏見が僕にはあるからです。
 しかも、舐めててエロい気持ちになるっていうのと違って、ホっとする、安心するっていう、そういう「大好き」なんですね。

 それは言ってみれば「好き」っていうこと以上に、「必要なこと」という感じの欲求になるかなぁと思ってて。
 だから、冒頭の「我慢できなくなった」というのは、「エロい気持ちになったから」ではなく、「不安な気持ちでたまらなくなった」という解釈なんですね。
 そうなればもう、オシッコの一つも飲みますよってなわけでさぁね。

 その上。

 その相手のことを心から愛して求めていたりしたら、出てくるものを口に含んで飲み込んで、自分の身体に入れてしまうことそのものにも、とても安心感を覚えるでしょうし。
 さらに発展して考えると、縛られたり叩かれたりという、強烈に構ってもらうことに対して、興奮と刺激と、そして大きな安堵を得るんだろうな、なんてなことも思ってみたり。

 と。
 まぁ、マゾヒズム解釈にはいろいろあるんだろうけど。
 僕個人としては、とにかくファザコンから来る不安感を被虐的に満足させようとするマゾヒストが好きですね。
 で。ハルヒさんはかなりそういう人物像に当てはまるような気がしている。
 ということなんでしょうね。
 もう、「こりゃ、どう考えたってマゾ以外にねぇじゃん」という、そのものな感じですよね。

 そうか。その観点でいくと、「ツンデレ」が人気あるのは、「マゾ臭がする」という、そういうことなのかもしれないですね。

 それは、とりあえずいいや。
 この無意味なエロトークを無意味に続けてみよう。

 そういうマゾを満足させることに充実感を覚えるこっち側は、じゃあどうなんだろうか。
 と考えてみると。
 やっぱり父性的なものなんだろうね。

 俺は、女を攻めることで男が言う「征服感」とかいうものには全然ピンとこないんですよ。
 人を征服することに全然興味がないし。それはサディスティックなものとは違うんじゃねぇかなぁと、なんとなく思うんだよね。
 もっと、相手のコンプレックスと自分のコンプレックスとを被虐と加虐とで昇華していくコミュニケーションなんじゃねぇかなっていう感覚があって。
 だから、そこで得られるものは、「達成感」とか「充実感」なんじゃねぇか。って。
 少なくとも、俺はそうだなぁって思う。

 そうか。
 「征服」って、要は一方通行なんだな。
 だから、それが面白いもんだとはどうしたって思えないんだろうね。
 それに、一見強気な言葉なようでいて、すっげぇ弱気な言葉にも見えるし。
 マゾヒストを全然受け止めてねぇし、受け止める気もねぇから出てくるんだろうな。そんな言葉が。

 あ。
 いや。
 いろんな嗜好があることだから、あんまそうやって一方的に批判することでもないか。

 ハルヒとキョンの話に戻すと。
 キョンはシスコンだよなぁって思ってて。そこにすげぇ歪んだもんがあるように感じるから、ハルヒとキョンがまともに普通のセックスをするとは思えないなぁってなったりするんですね。
 最初は普通にしてたとしても、もっとお互いの心にあるもんを晒していくなら、こいつらはどうしたって自然とSMになっていくんじゃねぇかなぁ。

 それは、どっちかがどっちかを征服したり屈服させたりするようなもんじゃなくって。
 お互いの心の奥底までをもぶつけ合う感じでね。

 でも、結局それは表面的にはSMっぽいものであったとしても、恋愛そのものの姿なんだろうな、と思うんだけどね。

 だから、彼らの恋愛を考えていくと。
 今回描いた3枚のようなこともあるんじゃねぇか、と。
 いうことですね。
 まぁ、僕の勝手な解釈では。
 同人誌の方ではもっと本格的なSMにして描こうと思っておりますが。
 緊縛。スパンキング。浣腸。辺りをまずはじっくり描きたいんですよね。
 4月にでも出せたらいいなぁ。

 何はともあれ、「ハルヒはファザコンかも」という解釈が脳内に明文化されたことで、二人のSM漫画を描く上ですごくしっくりしたものを得たような気がします。
 今度プロット作ろうっと。

 そんなわけで、このダラダラトークを終わります。
 個人的には書いてて楽しかったので、またどっかでハルヒさんがどんなマゾかを考えてみようかな。

 ではでは、またです!

|

« CharのDVD「Amano-Jack Movin'~The documentary on studio work &live tour of Char ~」を見まくっている。 | トップページ | 冬コミは山崎しんのすけさんのハルヒ本を! »

コメント

こんばんは。mementoです。

>というのも、「ファザコンの女の子はフェラが大好き」という偏見が僕にはあるからです。

フロイトによると、大人の口唇愛は幼児期に親とじゅうぶんなスキンシップが図れなかったことが原因だそうですからね。
となると、ハルヒの口に吐き出すキョンのほうは、肛門愛タイプってことですか。肛門愛は口唇愛が段階を経て至るものだし、根は同じだし、だからハルヒとキョンは同じコンプレックスを抱える寂しい者同士って感じかな? まあ、女の子にしゃぶられたり吐き出したりするのが嫌いな男もいないだろうけど、キョンも(妹はともかく)、妙に家族の気配が希薄なやつですしね。あ、それは小説や漫画やアニメの主人公には普通か?

キョンってやつは、どうでもいいようなことにはやたら饒舌なくせに、自分のことはほとんど語ろうとしないやつで(おまえがいうな、といわれそうですが)、だから逆に、こいつはとんでもない秘密…それこそシスコンとか、その類の歪んだ欲求でも隠してるんじゃないかと、勘ぐりたくもなるんですが。
キョンが仮に肛門愛(排泄行為に快感を覚えるってことですが、この場合、排泄するのは物ではなくて秘密とかでもいいわけです)の持ち主なら、ひた隠しにしている自分自身の歪んだ欲求を、本当は誰かにさらけ出したくて仕方がないんじゃないでしょうか? アニメ最終話でのやつの“ポニーテール萌え発言”は、倒錯した性癖告白である、とはだんちさんの説ですが、あそこでキョンはきっとカタルシスを得たんでしょう。さらにハルヒもそれに応えて、翌日ポニテにしてきたわけで、つまりは、
「あんたの排泄物なら喜んで飲んであげる」
ってサインだということですね。ならば最終話は、二人の合意によるSM関係が成立した話ということか…。そんな解釈してる人もあんま、いないとは思いますけど。まあでも、ツンデレってそういうもんですよね。

で、挨拶の後いきなり、

>最近、健全なハルヒさんを描いていたら、身体の中の毒素が行き場を無くしてしまいそうになったので。ちょぴっと吐き出してみます。

などとおっしゃるだんちさんも、失礼ながら立派に肛門愛の方だと思います。それを喜んで読んでいる僕は口唇愛型男ハルヒですな。男にしゃぶられたって嬉しくもなんともないでしょうが、これからも健全不健全を問わず、どんどん吐き出しまくってください。
それでは。

投稿: memento | 2006年12月19日 (火) 02:31

mementoさん、こんにちは^^

直感的に思っていることを、こうやって明瞭な知識をもって補完していただけると、「おお。なるほど!」と勉強になるし、とてもありがたいです。今回もふむふむと頷きつつ楽しく読ませていただきました^^
フロイト先生の言われていることは、昔ちょっと読んだことがあるくらいですが、「なるほどなぁ」と思わされること多いですよね。

>フロイトによると、大人の口唇愛は幼児期に親とじゅうぶんなスキンシップが図れなかったことが原因だそうですからね。

ハルヒはスキンシップに対してちょっと過剰なところ…というか加減を全然知らないところがあるから、その辺りの不足とかあっても不思議はないですよね。
はー…そんな子がフェラとかセックスを覚えたらと思うと…ちょー萌えますね!!

>キョンも(妹はともかく)、妙に家族の気配が希薄なやつですしね。あ、それは小説や漫画やアニメの主人公には普通か?

小説ではよくお母さんの存在は出てきますよね。お父さんのことはほとんど触れられないのに。
そこから「こいつはとんでもない秘密…それこそシスコンとか、その類の歪んだ欲求でも隠してるんじゃないか」ということを考えてみると…。

・元々はマザコン。
・でもお父さんとお母さんはすごく仲が良い(第2話冒頭のモノローグで「キスしているところを目撃したわけではない」ってなこと言ってるけど、そういうところからも察せるかもしれませんよね)。
・お母さんの代わりを妹に求める。
・妹はお母さんと一緒でお父さんをとても好き。
・父母はどうしても妹をより可愛がる。
・常に、二番目に愛される立場で一番にはなれない。
・無意識的に父(の存在)を抹殺し、その立場に成り代わる願望を持つようになる。
・その願望の矛先は年が近く、精神的肉体的接触が多い妹に向く。

ってな感じになるかなぁ。なんて思うんですけど。どうでしょうね。
こんな感じのコンプレックスがあったとして、mementoさんが仰っているように、キョンがポニテ萌え発言をして秘密を吐き出し、それをハルヒが受け止めてある種の性的関係が成り立ったと見ると。キョンは無茶苦茶果報者だし、妹ちゃんの危機が本当に回避されたんだなぁなんていう風にも思えますね。
…個人的にはその危機は回避されず、底なしの泥沼へGO!して欲しいなぁとか思っちまうんですけどね^^;
しかし、そんな願望はともかく!!

>「あんたの排泄物なら喜んで飲んであげる」
ってサインだということですね。ならば最終話は、二人の合意によるSM関係が成立した話ということか…。

というところ、非常に納得がいきます!
そこが、一方通行の屈服や征服ではない、受け止め受け入れ合うSMの姿になっていく、ということになるんですよね。
すげぇ…なんとなく心に浮かんで書いていたことをこんな見事に文章化されるとは!!
mementoさんすげぇ!!And Special thanks to Mr.Freud!!

>そんな解釈してる人もあんま、いないとは思いますけど。まあでも、ツンデレってそういうもんですよね。

あははは(笑)
最終話の感想で「キョンはシスコン」って書いてもあんまり受け入れられませんでしたからねぇ…。なぁんでだろうなぁ。配偶者と一緒になって「ぜってぇシスコンだよ!間違いねぇよ!!」って大盛り上がりだったんですが…。
でも、もうmementoさんも共犯ということで^^
ツンデレ=マゾヒスト論も膨らませてみたいですね。

>男にしゃぶられたって嬉しくもなんともないでしょうが、これからも健全不健全を問わず、どんどん吐き出しまくってください。

表現の仕方がこういう形になってはいますけど(笑)
でもこれって、僕が描く(書く)ものをそのまま受け止めていただける、ということですから、こりゃもう、何かを描く(書く)人間としたら最高の言葉ですよ!本当にありがたいです^^
一方的な表現なら、それは表現によるレイプになっちまうわけですね。
それはそれで、まぁ一つのあり方なのかもしれないけど。僕はやっぱりそれよりは、受け止め受け入れ合う方がいいわけですから。そういう表現をしていけるように、頑張りますね!
…と、立派なことを言っているけど、描いてるのはこんな漫画なんですけどね^^;
あ。でもそうか「こんな漫画」というのが、大事なんでしょうね。CharのDVDの感想で書いたんですけど、「落書きをしてそれを授業中にクラスメイトに見せる感覚を蘇らせたい」んですよね。ってことは、やっぱり「こんな漫画」をバリバリ描いていくことが大事なことなんでしょうね。

では、お言葉に甘えさせていただいて。これからもたっぷりしゃぶっていただきますね^^

ではでは、またです!

投稿: だんち | 2006年12月20日 (水) 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/13106853

この記事へのトラックバック一覧です: 無意味にエロいハルヒさんを描きたくなった。:

« CharのDVD「Amano-Jack Movin'~The documentary on studio work &live tour of Char ~」を見まくっている。 | トップページ | 冬コミは山崎しんのすけさんのハルヒ本を! »