« 新年明けましておめでとうございます!! | トップページ | 「カレイドスター」スペシャルセレクション第1回を見た。 »

2007年1月 4日 (木)

新年あっちへこっちへ

 こんばんは。だんちです。
 昨日の夜、帰ってまいりました!!
 1日は国立競技場で天皇杯サッカーの決勝を見て、家族で都内ホテルで一泊。食って飲んで。
 2日は等々力競技場で高校サッカー二回戦を見て、実家へ移動。食って飲んで。
 3日は富士山の方へと。
 帰りの東名高速、あんまり渋滞酷くなくって良かったぁ。
 電池切れでほとんど撮れなかったけど、それでも1、2日はちょっと写真も撮ったので、その辺アップしつつ振り返ってみようかと。
Horidashi
実家で見つけて持って帰ってきたお宝。

 
 
 天皇杯サッカー決勝。
Kokuritsu01
 
 
 
 
 
 
Kokuritsu04
 
 
 
Kokuritsu05
 
 
 
Kokuritsu06
 
 
 
 浦和レッズ対ガンバ大阪の決勝戦。好カードですね。
 レッズはなんだかもうグズグズでした。試合を支配しチャンスを作りまくったガンバは本当に良かった。でも、どうしても点を決めきれず、レッズにワンチャンスを決められて敗退。

 とにかく、ガンバの前半の攻撃がすごく良かったですね。
 播戸の切れ味が凄まじく。今、本当に絶好調なんだな、と思いました。来シーズンの播戸の活躍が無茶苦茶楽しみですよ。
 スピードも運動量もあるし、ゴールへの意識も高い播戸ですが。生で見ていて感じたのは「体の向き」の技術が非常に優れている、ということでした。
 ボールの展開に合わせてキュッ!キュッ!と体の向きを的確に調整していて。「どういう形でボールを受けてゴールに向かうか」ということを常に考えているということが見ていてすごく伝わってきました。それは、コンビを組んでいるマグノ・アウベスも一緒で。ツートップが、走りながらぐいんぐいん切れ味鋭く体の向きを明確な意思を持って変えていく様は見応えありました。
 もう、すげー格好いい踊りを見ているかのようで。
 でも、高さが無いから。
 センタリングはどうしても跳ね返されていましたね。シジクレイも中山もベンチのまんまで出てこなかったし、セットプレーが何度あっても、どうしても武器が無い感じで。
 後半は遠藤が疲れてきて前半程の勢いが持続できなかったように見えました。
 どうしても「遠藤頼み」というところがガンバの弱点なんでしょうね。
 ベンチにも流れを変える選手はいない感じだったし。「押し続けていて点が入りそうで入らない」という難しい展開の後半終了間際に失点して、最悪の展開でしたね。
 試合はそんな感じで負けてしまいましたが、家長もすごく良かったし、高さのバリエーションが増えれば、もっともっと力強いチームになりそうですよね。
 来シーズン楽しみです!

 対してレッズは、前後分断で。見ながら姉と「これ絶対湯浅さん怒ってるぜ」とか話しておりました。
 永井とポンテのツートップぎみで、その後ろに小野がいる感じだったんだけど。三人だけでなんとかしようとしても、どうしても潰されてしまっていて。相馬も孤立していたし。
 でも、やはり控えに流れを変えられる選手がいるのはレッズの強みですよね。
 岡野が入ってポンテが中盤に下がって、ガンバのマークが混乱したところを永井がワンチャンスをしっかりと決めて。
 レッズとしては押されていた分、交代のカードを切りやすい試合だったかもしれないですよね。
 それはやっぱり、ゴールキーパーを始めとする守備陣がよく守りきった、ということが言えるのでしょうね。
 今回はしょっぱい試合だったけど、今度見る機会がある時には是非「強いレッズ」を見せて欲しいものです。

 高校サッカー二回戦。
Todoroki01
 
 
 
Todoroki04
 
 
 
 神奈川代表の桐光学園と福岡代表の九州国際大付属の試合を観戦。
 桐光が押して押して、そしてセットプレーで一点押し込んで勝ったゲームでした。
 技術的にプロと比べると当然劣るから、アバウトなプレーも多いんだけど、その分アドリブが少なくなるからか、チームとしての個性がはっきりしていて、見ていて面白かったですね。
 セットプレーのトリックプレーのパターンとか、「おお!漫画みてぇ!!」とか思ってしまいました。

 桐光は4番のセンターバックが印象に残りました。
 でかいし、強いし、判断も的確だし。いい選手でしたよ。
 九州国際大付はエースの10番が後半からの投入されたんだけど(怪我してたのかな?)、桐光の4番とマッチアップしないように、右サイドの12番のところから攻めようとしていて。
 桐光の12番は小さくて。足が速いんだけど、ちょっとスタミナに難があるようにも見えました。九州国際からしたらそこを狙おう、ということだったんでしょうね。でも、12番、良く頑張っていましたよ!ヘディングも必死になってしていたし。その狙われているところを4番もよくカバーしていたし。
 対する九州国際は一点取り返そうと終盤にこちらも4番の長身のセンターバックを前線に上げてパワープレーを狙ったんだけど。桐光が前線から厳しくチェックして、全くパワープレーをさせませんでした。その辺りも見事でしたね。
 九州国際は10番が万全だったら違ったんでしょうね。タイムアップの瞬間、倒れこんだ10番は悔しくて倒れたとか疲れ果てて倒れたとかじゃなく、痛くて倒れたように見えたんだけど。大丈夫だったんだろうか。
 何はともあれ、青春でございます。
 懸命に走る高校生の選手達を見るのは、いいですね。気持ちがいいです。

 あと。ハーフタイムに高校サッカー応援歌として絢香さんの「Start to 0(Love)」という曲が流れたのですが、彼女のこともこの曲のことも僕は全然知らなかったのですが、非常に良い曲で、一発で気に入りましたよ!何せアレンジがすげぇいい!!バッキングのアコギの音色をどこまでも生かして、音数はひたすら少なめ。それによってヴォーカルを引き立たせ、曲のイメージを壊さない。「関西系のアレンジな気がする」と思っていたら、やっぱり関西出身の方なんですね。アレンジャーが誰なのかは分かりませんが、やはり関西の人なんだろうなぁ。ギター弾いてるのは誰なんだろう。今度借りてくるなりして改めて聴いてみようっと。

 もう一点。すごく気になったことが。
 桐光ベンチに、コーチらしき人物がいて。その人、ノースリーブに短パンだったんですよ。
 すげぇ、気になった…。
 というか、見ているこっちが寒くなったよ。
 いったい、なんだったんだろうあの人…。

 そして、最初の写真に戻りますが。
 実家で見つけてきた昔のお宝でございます。

 ・小説「リーンの翼」第一巻。
 ・「前略ミルクハウス」1~4巻。

 いや懐かしい!!!!「リーンの翼」を発見できるとは!!!驚きっすよ!!
 あと「前略ミルクハウス」は好きでしたねー。何度読み返したことか。
 さっき、1巻だけ読んだんだけど、「うわ!昔の漫画文脈だ!!」って思って、当時の漫画の雰囲気をすごく思い出しました。昔の漫画は、なんだかすごくおおらかだったなぁ。
 漫画本来の楽しさを思い出させてくれるような直感が働いて、引っ掴んできたんだけど。それは正解だったような気がする。近いうちにもう一回実家に行って5~10巻も持って来ようっと。

 しかし。
 昔好きだった漫画の一つが「小山荘のきらわれもの」だったり。
 僕はどうも「下宿もの」とか「一つ屋根の下もの」なんかが非常に好きなようですね。
 なるほど。それもあって「いつまでも、どこまでも」なんかを書いたりしてるのかなぁ。
 また一つ、自分のことが分かったような気がする。そういや、「ガンダム」だってホワイトベースというでっかい「一つ屋根の下」だったわけですしね。
 あー…二次創作で描いているハルヒさん漫画もそういやそうか。

 なるほどそうか…。その辺りのものが自分の中でしっくりくるのであれば、そういう路線を追求していくのもいいですね。
 じゃあ、そのためにも。まずは「前略ミルクハウス」を読まなければ!!うっひょー楽しみ!

 気がつくと、長々だらだら書いてますね。
 今回はこの辺りにして、終わりたいと思います。

 これからまた、こつこつちょこちょこブログ書いていきますので、また見てやって下さいね。
 ではでは、またです!

|

« 新年明けましておめでとうございます!! | トップページ | 「カレイドスター」スペシャルセレクション第1回を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/13325552

この記事へのトラックバック一覧です: 新年あっちへこっちへ:

« 新年明けましておめでとうございます!! | トップページ | 「カレイドスター」スペシャルセレクション第1回を見た。 »