« 「ロケットガール」第2話を見た。 | トップページ | 「ロケットガール」第3話を見た。 »

2007年3月 4日 (日)

Jリーグ開幕戦。FC東京対サンフレッチェ広島戦を味スタで見てきた。

 おはようございます。だんちです。
 昨日、味の素スタジアムにてJリーグ開幕戦、FC東京対サンフレッチェ広島戦を観戦してきました。
 ちょっと早めの誕生日プレゼントということで、姉からチケットをプレゼントしてもらって。楽しい1日を過ごさせていただきました。
 久々のJリーグ観戦。久々の原東京。ちょっと観戦記なんぞを、書いてみようと思います。

 残念ながら、FC東京は負けてしまったけれども合計6点入る動きのあるゲームで、見応えありました。
 FC東京は原監督が復帰し、福西が入り、五輪代表組がいたりといろいろ注目点があって。対する広島もペトロヴィッチ監督のオシム系譜サッカーの浸透だったり、佐藤寿人、ウェズレイのザ・ツートップだったり、やはり注目点があって、楽しみな一戦でした。

 FC東京、センターバックはルーキーの吉本と本来はサイドの徳永。
 最初、吉本も佐藤寿人やウェズレイによく食いついてハードなマークを見せていたんだけど…。前に向かっての対応はできていたけど、裏は完璧に破られていましたね。経験の浅さもあったんだろうけど。それにしても昨日の広島ツートップは良すぎましたね。
 前半30分までに3失点。吉本アウト藤山イン。
 前半でセンターバックの交代って…。
 ベンチで顔を覆う吉本。彼の頭をポンポンと叩いて慰める控え選手達。
 これを糧に、吉本選手にはまた頑張って欲しいものです。

 藤山が入ってからは落ち着いたFC東京のバック。
 でも、元々バックの問題ではなく、前線や中盤の守備に問題があったように思います。

 前半は平山のワントップでルーカスが左、石川が右の少し下がり目。
 石川は右サイドバックの伊野波と組んで広島の左サイドをケアしていたんだけど、東京の左サイドはもう、がら空きで。
 ルーカスが駒野を見て下がってくることはなくって、だからといって梶山が見るわけでもなく。左サイドバックの金沢がセンターバックのカバーに中に絞ったりすると、もう駒野が完全にどフリー。
 広島が左から右にサイドチェンジをしたら必ず決定機になっていました。

 ルーカスがFWぎみに前に残るのなら、金沢と組んで左サイドをケアするのは梶山の仕事ってことだったんだろうけど…。彼がそんな仕事をする気配はない。これは梶山代えた方がいいだろう。鈴木規郎を入れて左サイドのバランスを整えるべきだろう。と思っていたんだけど、後半梶山に変わって馬場投入。
 後半、ルーカスと平山のツートップになって、中盤の左は今野が見るようになったようでした。でも、まだ曖昧だった気がする。結局、鈴木規郎が入るまで東京の左サイドの中盤は穴が開いたままでした。そこを、日本代表の駒野が楽々と使えるわけだから…そりゃまぁ、失点も重ねるでしょう。

 選手の怪我やら病気やら、さらに五輪代表組が抜けたりと、準備万端とはいかなかったFC東京。バランスの悪さを試合をしながら整えていかなければならない、ということなのかもしれませんね。

 しかし、負けたとはいえ。
 昨年見た時みたいに「こりゃ、監督解任コースだな」というような情けなさはなく。
 前に前に、と仕掛けていく姿勢を90分間見ることができたし、観戦した後味は爽やかなものでした。
 ガーロの時は「このチームに未来はないな」という印象がはっきりしていたのですが、今シーズンの東京にはちゃんと未来が見える感じ。
 選手のコンディションが上がって、バランスやら連携やらが向上してくれば上位に顔を出せるチームだと感じます。
 特に福西はやっぱりすげかった。
 彼の落ち着き、視野の広さ、正確な配球は大きな武器ですね。本当にいい補強ですよ。

 昨年はコンディションが悪かったり、メディアの雑音ばかりが目立ったりした平山も、一生懸命走っていたし、頑張っていました。
 実際に平山を見て思うのは、頭の回転が少し遅いんだろうな、という印象でした。
 ボールを持ってから考えている感じで。シュートを打つのがとにかく遅い。サポーターから「シュート打て!」コールを浴びせられてやっとシュート打っていたけど。
 どのポジションでも一緒なんだろうけど、特にFWは頭の回転、判断だったりを早くしていかないといけないのでしょうね。広島のツートップのように、二手三手先を考えて動けるようになったら、平山はすごく怖い選手になると思います。

 なんというか。実際にスタジアムで観戦するとその辺りのことって顕著に感じるところですね。
 身体とか技術、タイプの違いは勿論あることだけど、日本代表の佐藤寿人と平山とだと、頭の中身がまったく違うな、と感じます。
 サッカー選手の実力は、頭の中にこそあるのかもしれませんね。

 そうそう。その「頭の中」ということでいうと、本来は中盤の藤山のセンターバックでの守備も非常に頭の中を感じさせるものでした。ウェズレイに対する守備でトラップのタイミングで仕掛けて奪ったり、パスのタイミングを読んで前で奪ったり。
 その辺りを吉本が身につけていくといいんでしょうね。
 梶山もそうだけど。若い選手には頭の中をしっかり鍛えてもらって、活躍していってもらいたいですね。

 それにしても広島。
 昨年からの継続性もあることから、非常に練り上げられたチームで良かったですね。
 あのツートップの破壊力は本当にすげぇ。
 佐藤寿人のあの動き出し。ウェズレイのレベルの違うプレー。
 いや本当にすごかった。いいもん見たわ。
 若い柏木も良かったし、駒野も切れていたし。
 東京を応援する観方をしていたので、あまり広島をよく見ていなかったのですが、組織的で考えの整理された、非常にいいチームという印象を受けました。
 試合後の記者会見でペトロヴィッチ監督が「我々のスタジアムにも一度、2万人ぐらい観客が入って応援してくれることが私の望みです」と言ったとのことですが、監督が言うように「見る価値のあるチーム」ですよ。本当にいいチームに仕上がっているので、広島の人達は是非応援してあげて欲しい、と思ってしまいます。今年はいっぱいお客さん入るといいよね。

 でも、選手交代のカードなんかを見ると、選手層が薄いかな、とも思います。
 昨日のメンバーがベストだとすると、怪我や出場停止、代表で抜けるなど、ベストメンバーが揃えられない時に控え選手がどれだけ力を発揮できるのか。その辺りが課題かもしれませんね。

 何はともあれ、監督が率先して「試合を観に来て!」とアピールする。
 素晴らしいことですし、同時に危機感もあってのことなのでしょうね。
 エンターテインメントはお客さんに見てもらってなんぼなわけですから。
 先日の五輪代表の試合もお客さんが少なかったりしたわけですが。
 監督、選手、関係者、メディア、みんなで危機感を持って、日本サッカーをスポーツエンターテインメントとして、より良いものにしていって欲しいものです。

 僕なんかはチケット代に関して絶対考えるべきだ、と思いますよ。
 今回はありがたいことにチケットをプレゼントしていただけたから行って楽しく観戦させてもらいましたが、じゃあ自分で払って観に行くか?と言うと、行かないでしょうね。
 何千円も払うなら漫画買ったりCD買ったりDVD買ったりしますよ。
 「何千円も払う価値がない」とかっていうよりは、そもそも何千円も払わないといけないこと自体がおかしいと思うんですね。
 だって、バブル期の値段設定でしょ。おかしいって。
 以前アテネ五輪代表の一次予選の試合を味スタに観に行ったことがありましたが、通常4千円の指定席が6千円だったことに本当に驚きました。正直、二度と行くかと思いましたよ。

 こういう、実際のエンターテインメントと値段設定との間に違和感を感じることはサッカーだけのことでなく、様々なジャンルで感じることです。
 そろそろ、エンターテインメントをやる人達は自分達の足元を見直すべき時期に来ていると思うのですが。

 でも。それは、実際のところ。
 エンターテインメントだけの問題でなく、社会全体に言えることなのかもしれませんね。

 と。
 サッカー観戦記から思わぬ方向に向かってしまった。

 今後も、サッカーが好きな人間として、日本のサッカーの発展を楽しみつつ、エンターテインメントに携わる人間として様々なことを学んでいきたいものでございます。
 何はともあれ、今シーズンのJリーグがどうなっていくのか、楽しみです!

 ではでは、またです!

|

« 「ロケットガール」第2話を見た。 | トップページ | 「ロケットガール」第3話を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/14125031

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ開幕戦。FC東京対サンフレッチェ広島戦を味スタで見てきた。:

« 「ロケットガール」第2話を見た。 | トップページ | 「ロケットガール」第3話を見た。 »