« 「ロケットガール」第3話を見た。 | トップページ | 珈琲好きの一工夫。 »

2007年3月12日 (月)

涼宮ハルヒさん二次創作漫画「SweetHome」41~45ページ。

 こんにちは、だんちです。涼宮ハルヒさん二次創作漫画「SweetHome」の41~45ページを描きましたのでアップいたします。
 今回は、下書き、ペン入れ、枠線をアナログ。線の修正やゴミ取り、台詞を「コミックスタジオプロ3.1.4」にて、色付けを「フォトショップ」にて作業しました。33ページまでは全部デジタルでやっていましたが、アナログ作業をメインにした方が今のところ描き易いですね。

 勝手なキャラ解釈をして描いておりますので、読まれる方はその点ご了承下さい。読み苦しかったりしたらホント、ごめんなさいです。
 感想などコメントをいただける場合は、既刊原作ネタバレOKでございまする。

 1~5ページ。 6~10ページ。 11~15ページ。 16~20ページ。 21~25ページ。 26~28ページ。 29~33ページ。 34~40ページ。

Sweet41
 
 
 
 
 
 
 
Sweet42
 
 
 
 
 
 
 
Sweet43

 
 
 
 
 
 
 
 
Sweet44

 
 
 
 
 
 
 
 
Sweet45
 
 
 
 
 
 
 
 今回はここまで。
 最近、仕事に追われていたので「SweetHome」を描いたのは久しぶりで。ちょっと描き方を忘れていた気がします。ハルヒさんも久々の登場だし。
 そういえば、今回描いていて、「そうか!ハルヒの顔のパーツってかなり下に寄っているんだ!」ということにやっと気がつきました。
 自分の絵のバランスで顔を描くと、頭がでかくなっちゃうんですよね。かなり子供バランスの顔なんですね。今後そのポイントを気をつけようっと。

 今回はだいぶ間が空いちゃったけど、ネームは52ページまでできているので、あまり間を空けることなくどんどん描いていきたいなぁと思っています。
 もうちょっと描き飛ばせればいいんだろうけど。
 今、「絵を早く」ということを課題にしております。

 お話は地味に佳境に入っているので、描いているとついつい力が入ってしまうのですが。それでもざくざく描けるようになりたいものです。
 そのお話はというと。今回ついにテーマ部分に行き着いた感じですね。こういうところを描くのはやっぱり緊張感がありつつも醍醐味もあって。描きながら興奮する部分があります。
 漫画を描くのは、面白いですね。
 その上で、読んで下さる方々に少しでも楽しんでいただけたら、言うことありませんね!

 せっかくここまで来たので、頑張って最後まで描き切りたいなぁと思っちょります。
 花粉症の症状もキツいぜよと思っていたらどうも風邪っぽかったり。風邪大流行りらしいですね。
 皆様も体調にはお気をつけ下さいませ。

 また描いたら見てやって下さいね。
 ではでは、またです!!

|

« 「ロケットガール」第3話を見た。 | トップページ | 珈琲好きの一工夫。 »

コメント

こんばんわ。TailBellの尾鈴明臣です。

「SweetHome」の続き待っていました! 今回も楽しませて頂きました。
キョンの慟哭とモノクロで描かれた長門一人の部屋の描写が胸に来ました。
キョンの泣き顔を見たハルヒと見られたキョン、長門のこの後の展開が凄く楽しみです。
あと42p3コマ目の長門の表情が可愛ぃ!

ハルヒの顔のバランスは自分も何時も苦辛させられますねぇ。
ハルヒはスタイルとか抜群なのに全体の印象はまだまだ子供っぽいって処が魅力の1つだと思っているので、なんとか上手い具合に表現したんですが……。
描いては修正を繰り返していくウチに頭部全体が小さくなってしまったり、未だに納得のいく表現が出来た事ないです。
漫画とかイラストを一つ描くたびに「コウじゃないだろっ」って凹んでしまいますね^^;

風邪、ツライですねぇ。自分も現在風邪っぴき中です。幸いインフルエンザではないようですが、気にならない程軽くはなく病院行く程重くもないって位の症状がずっと続いてなかなか治りません。
いっそぶっ倒れて何日か寝込んでさっさと完治してくれた方が楽なのですが。
体調には気を付けましょう^^;

投稿: 尾鈴明臣 | 2007年3月12日 (月) 20:04

こんばんわ。人生Underconstructionの山崎しんのすけです。

ご無沙汰しております。
アンドお疲れ様です。

今年の風邪は来るんだか来ないんだか抜けたんだか抜けないんだかどうもはっきりしないのがなんともしゃくに障る感じですね。自分は平気なのですが嫁さんと子供がちょっとやられました。尾鈴さんも書いておられますが熱がガーッと出てくれる方がさっと抜けていいのですがね。

慟哭するキョンは一般的なイメージからは若干逸脱気味ですがだがそれがいい。正直ワタシがリアル高校生のときは日常的に感情が極端から極端へと揺れ動いて結構こんな感じだったような気がします。

ともかくこれから佳境ということで、熱い男キョンのさらなる湿布怒濤の青春を期待しております。次は修羅場かもしれませんが。

三題噺。書いてます!

それではまた。

投稿: 山崎しんのすけ | 2007年3月13日 (火) 00:28

おっす!!
さすらいのコメント野郎の、俺様です。
そして、お初です。
(・∀・)ノ
毎回、楽しみにしておりますよ。
どうやら、物語は佳境に入ってようで、今後の展開から目が離せませんね。
ちょっと、おセンチなキョンも、カワユス。

投稿: Virus | 2007年3月14日 (水) 22:26

>尾鈴明臣さん、こんにちは^^
「SweetHome」楽しんでいただけて嬉しいです!!こうやって毎回読んでいただけて、感想までいただけて。頑張って描いた甲斐があります^^

長門が一人何も無い部屋にいるところとキョンの叫びは、描いていても緊張感がありました。
自分でもたっぷりとっぷり感情移入しながら描いたので、「胸に来た」と言っていただけて本当に嬉しいです!!

≫あと42p3コマ目の長門の表情が可愛ぃ!

ありがとうございます!!!!この表情…本当に何度も何度も描き直しました…^^;
頑張って良かったぁ…

ハルヒの顔のバランス、難しいですよね…。

≫ハルヒはスタイルとか抜群なのに全体の印象はまだまだ子供っぽいって処が魅力の1つだと思っているので、

本当にそうですよね。これから女になっていくという、まさに少女の魅力って感じですよね。その辺りを表現できたら…最高ですよね。
でも、尾鈴さんがそこの部分を意識して描かれているということ、分かりますよ。無邪気で、まだ男と女ということを分かっていない幼い雰囲気がありつつ、でもやっぱり女であるという、そういう魅力が尾鈴さんのハルヒにはすごくあって、無茶苦茶好きです^^

風邪、心配して下さってありがとうございます。
尾鈴さんの方はいかがですか?今月の初めくらいにひかれたんですよね?
なかなか治らないのは辛いですよね…。
僕は、布団を変えたことでよく寝られるようになって、風邪はだいぶ良くなったような気がします。
あと、薬局勤めの友人から聞いたのですが、身体が弱っている時は内臓に負担をかけない食べ物を採るべきだそうです。なのでお粥を食べるようにして内臓への負担を減らすことなんかも気にしてみました。
お互い体調には気をつけていきましょうね!!

>山崎しんのすけさん、こんにちは^^
風邪のこと、心配して下さってありがとうございます。
奥様とお子さんの風邪はいかがですか?特にお子さんは心配ですよね。
僕の方はお蔭様でだいぶ良くなってきたように思います。でも、油断はせず今後も気をつけていきたいと思います!

漫画、いつも読んで下さって本当にありがとうございます!!いつも感想をいただけて、励みになっております!!
泣いて叫ぶキョンは、確かに一般的なイメージからすると離れているでしょうね。
でも、そんなキョンを「それがいい」と仰っていただけて嬉しいです^^
山崎さんご自身の高校生の頃の「日常的に感情が極端から極端へと揺れ動いて」というのは、よく分かります。僕もそうでしたし。
描いていて、ここで泣かないというのは絶対に無い、と思うんですよ。
こういう女の子を前にして、泣かないんだとしたら、それは男じゃない、くらいに。
でも、僕の中でキョンってかなり熱い男な印象もあったりするんですよね。雪山ん時の彼とか。
とはいえ、こういった描写が受け入れてもらえるかはやっぱり心配だったので、こうやって受け入れていただけてホっとしております^^

≫三題噺。書いてます!

おぉ!!ありがとうございます!!お手を煩わせてしまい本当に申し訳ありません^^;
でも、ちょー楽しみです!!完成を楽しみにしておりますね!!

>Virusさん、初めまして、こんにちは^^
いつも見て下さってありがとうございます!!
基本地味な話なので、佳境といっても地味なままなのですが、楽しんでいただければ嬉しいです。
キョン、可愛いしいいヤツですよね^^
また描いたら見てやって下さいね!

投稿: だんち | 2007年3月17日 (土) 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/14236620

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒさん二次創作漫画「SweetHome」41~45ページ。:

« 「ロケットガール」第3話を見た。 | トップページ | 珈琲好きの一工夫。 »