« 「らき☆すた」第15話を見た。 | トップページ | アジアカップ準決勝の感想と雑談。 »

2007年7月22日 (日)

ぼんやりとアジアカップサッカーを楽しむ日々。

 こんばんは、だんちです。アジアカップサッカー、日本代表、オーストラリア代表に勝ちましたね!厳しい戦いを勝ち抜いて、日本代表が成長していく姿を日々見られるのは、本当に楽しいし、気持ちがいいですね。
 そんなわけで、ここまでアジアカップのいくつかの試合をテレビで見て楽しんできた感想をちょろちょろと書きたいと思います。

 僕はNHK-BSでテレビ観戦しているのですが、日本以外の試合もなかなか面白くって楽しいですね。
 タイ対オマーン戦のタイの決定力なんか、心地良かったし、サウジアラビア対バーレーン戦の中東本気勝負も容赦がなくって見応えあったし。

 日本代表の試合も、グループリーグに関してはかなりのんびりした気分で安心して楽しんでおりました。
 初戦引き分け、その後勝利、勝利で勝ち抜け、といういつもの感じだろうと思っていたら、やっぱりそうなったし。
 日本のアジアカップ初戦って、毎回調子悪いんですよね。やっぱりJリーグの試合を直前までこなして行くからなんですかね。
 毎試合の失点も、相手があるんだし相手も点取りたいんだし、あってもおかしくないですよね。そりゃ、無失点で終えたらいいんだろうけど、高温多湿の環境の中では集中が切れることもあるでしょうし、仕方ないのかなぁって。

 日本代表の戦い振りについては、オシムサッカーの「当たり前のことを当たり前にする」感じが試合毎に浸透してきている感じがあって、頼もしく思っております。
 スペースに走りこんでパスを受けたり、ワンツーをしたり。
 そういう当たり前の崩しが見られるというのはとても安心しますね。
 シュートが少ないとか、サイドでの個人突破勝負が少ないとか、そういうのは課題なんでしょうけど、でも環境がサウナでサッカーやるようなもんだったら、基本省エネになって、あんな感じになるのかもしれませんね。
 でも、確実に「チャンスの数」は上がっているように感じます。
 どれだけ得点できたか、というのも大事でしょうけど、ゴール前でチャンスを作る回数というのが、そもそも上がってきているように見えるんですね。
 当たり前のことを確実にこなしていけば、必ずチャンスは増える、ということなのでしょうか。
 その辺り、見ているこちらの日常生活や仕事にも言えることでしょうから、示唆に富んだ姿だと思えますよ。やはりスポーツ観戦の醍醐味は感情移入と自身へのフィードバックだよな、と思ってみたり。

 それにしても、オーストラリア戦。ノックアウト方式のトーナメントに入って、お互いによく守りましたね。
 見ていて感じたのが、「日本選手疲れているなぁ」ということでした。トーナメントということと、強豪相手ということで、リスクをあまり冒さないという戦い方だったんでしょうけど、運動量はあっても切れが無いかなぁって感じに見えました。
 ここに来て、疲労のピークとかなんでしょうか。直前までJリーグをやっていた影響が出てきているのかなぁ。
 やはり、長丁場の大会にインスタントな姿勢で臨むのは無理がありますよね。コンディションもそうだし、戦術についてもそうだし。
 そういうインスタントなスケジュールの組み方をされたら、千葉の選手を優先的に選んで行くのも当然ですよね。アジアカップは、予選の時からそうでしたが、どうもスケジュールの組み方が雑でインスタントな感じがします。
 暑さに苦しんでいるんだろうな、と思いながら見ていたのですが、それだけでなく、コンディションが上がって来ない、ということもあるのかもしれませんね。
 リカバリーが追いつかない状況であれば、優勝は難しいかもしれないっすね。

 でも、それでも本当によく戦っていますよね。すごいです。
 オーストラリア戦は、選手交代がものすごく遅かったわけですが、見ていて「これは延長が視野に入っている」と思いましたし、PK戦も折り込み済みで挑んだ試合だったように感じました。
 コンディションも含めて、90分でオーストラリアの息の根を止めるのは難しい、という認識が最初からあったのかもしれませんね。
 そうであれば、10人になったオーストラリアがPK戦狙いになったのは、実は願ったり叶ったりだったりして。
 そう思うと、通常の試合は「90分で勝負を決める」なんて言われるわけですが、こういうトーナメントになると「120分+PK戦で勝負を決める」という意識の持ち方が必要なんでしょうし、実はその意識の持ち方は本当は「当たり前のこと」なのかもしれませんね。
 「このままじゃ90分で勝てないじゃん!」と思って見ているとすごくイライラする試合だったかもしれませんが、「最後PK戦も含めて勝てればいいんだ」と思って見ていると、計画通りな感じがする試合だったように思います。
 なかなか、「狸」な戦い方といいますか。
 いいっすね。
 そういうの、大好きです。

 次の相手はサウジアラビアになりそうですかね。見ていると、ウズベキスタンよりちょっと格が上な気がします(現時点で1-0でサウジがリード)
 次も、「120分+PK戦」で勝負を決める戦い方をするでしょうね。その中で、どれだけチャンスを作れるのか。どんな内容になるのか。楽しみです。
 勝つにせよ負けるにせよ、「当たり前のことをする」オシムサッカーは、「当たり前の結果」を見せてくれることになるのでしょうね。
 あと二試合。
 どんな試合を見ることができるのか、楽しみです!

 ではでは、またです!

|

« 「らき☆すた」第15話を見た。 | トップページ | アジアカップ準決勝の感想と雑談。 »

コメント

 お久しぶりですー。結構見方も違うので、自分の見解をほんの少し書いていきますね。
 120分を視野に入れたオーストラリア戦での戦い方は、相手の個人能力が高く、カウンター一発で沈められる可能性があったから、ああなったんだと思います。
 普通に考えて、90分と120分でなら選手の疲労(怪我率)も全然変わってきますし、できるなら90分で決めるべきだった。ただ、日本が前がかりになってしまうと、その分リスクが増えるので、決定力に勝るオーストラリア有利になってしまうという問題が生じてくるわけです。相手は一人退場していましたし、相手の決定機の数はほぼ0でしたし、無理攻める必要がない……戦況を読んだ、という印象を受けましたね。
 何をするのが、一番勝利に結びつくか……つまり、もっともリスクとリターンのバランスがいい試合運びをするという、当たり前ながら中々難しいことを、日本代表(特に中村俊輔)が出来ていたんじゃないかなと思います。

 それはともかく、コンディションの問題は確かにあるかもしれませんね。ピッチも気温もあれですが、やはりリーグ戦が……それでもあれだけ動けたなら立派ですねー。(ところで、運動量と動きのキレって、両立が不可能なように思えるのですが……どうなんでしょう?)


 ……さて、いつも通り思うまま書いていってみたら、色々違う見方をしている中、「当たり前のことをしている」という点で共通している、というのは中々面白いですね。
 当たり前の基準は人それぞれ、監督ごとにも違うでしょうが、そのレベルの中での統一が出来ているからこそ、オーストラリアに勝つことが出来た……のかも。ではまた!

投稿: すまいらー | 2007年7月23日 (月) 03:20

追記です
 当たり前のことが、できなくなるという恐怖……特に、サッカーはタイムを取れませんし、流れが変わりにくいスポーツですよね。
 主力にマークをがっちりとつけられた場合、周りの選手は考えないといけない……たとえばマークをずらすためにわざと被ってみたり、あるいはフリーで抜け出してみたり、ミドルを打ってみたり……。

 現状では、戦術に固められて……というか、理解度の低さから自分自身で身動きがとれなくなっている←これはまともな監督が育たないJの土台が(以下略)

 そんな感じで、まだまだ引き出しの数が足りないですね。
 チーム理念としての鉄則と、それを具体化する戦術。その区別が出来るようになって、鉄則の中から選手がオリジナルの戦術を編み出す日はまだまだ遠いかも知れません。
 で、やはり今一番大事なのは、ありきたりですが、敗戦を次につなげることですね。W杯で結果を残すことに、期待しましょうか。

P.S 敗戦後すぐに(?)書いた文章なので、おかしな所等等があれば、スルーしてやってください……

投稿: すまいらー | 2007年7月26日 (木) 01:37

すまいらーさん、こんばんは^^
日本、残念ながら負けてしまいましたね。まぁでも、準備期間もろくになくノルマもなく、かなりプライオリティ低かったし、こんなもんでしょうね。
逆によくベスト4まで残りましたよ。

> 何をするのが、一番勝利に結びつくか……つまり、もっともリスクとリターンのバランスがいい試合運びをするという、

そうそう。そういう意味での「120分+PK戦で勝つ」っていうことっすね。
ついつい、サッカーは90分のスポーツって思っちゃうんだけど、時によって条件付けが変わってくるんだなって。
グループリーグでオーストラリアと当たっていたら、また勝ち点の状況によっては、全然違う戦いになるんでしょうね。
面白いもんです。

>運動量と動きのキレ

運動量があるけどキレが無い、っていうのは、「体を動かすことはできるけど、思った通りイメージ通りには動かない」ってことですね。
スポーツ経験があったりすると分かる感覚だと思います。
更に、「夏合宿」経験があったりすると、ますますよく分かるわけです。あー…思い出したくねー…。

サウジアラビア戦は、日本代表、思った通り動くこともできなければ、体を動かすこと、足を運ぶこともできなくなっていましたね。疲労ピークでしたねぇ。ベトナムは開催国中一番暑かったっていうし、実は二位抜けで移動した方が良かったのかもしれないっすね。
まぁでも、あれだけハードに戦って鍛えたんだから、代表選手のコンディションが9月くらいにはすっげぇ上がってきたりして^^

> 現状では、戦術に固められて……というか、理解度の低さから自分自身で身動きがとれなくなっている

その辺りは、サッカーに限らず、日本の青年の育ち方、教育のされ方の問題っていうのがあるんだろうな、とずっと思っています。
いわゆる、「指示待ち世代」「マニュアル世代」って言葉があるわけですが、「こうしなさい」と言われないとできないし、言われたことから逸脱して自分で考えることが苦手、っていうメンタリティは、現代日本人の多くが持っているものでしょう。
漫画だってそうですよ。「こう描け」と言われると、ついつい面白さの追求を忘れて、その指示を守ることに意識が行ってしまったりするし。そういったことは様々な仕事でもあることでしょうね。
それを克服するには、「再教育」しかないと思っています。
だからこそ、イビツァ・オシム監督には是非頑張って「日本サッカーの新しいモデル」を作っていって欲しいですよね。

ただ、チームの土台、基礎、ベーシックはできた感じですね。
その意味では、

>鉄則の中から選手がオリジナルの戦術を編み出す

ことは、これから、ということでしょう。
この大会で見えてきたベーシックがどう発展していくのか、とても楽しみですね^^
韓国戦では、代わりに出る選手に注目ですね。
決勝は、素朴サッカーのイラクを応援しつつ。

残りの試合も楽しみましょう!
ではでは~^^

投稿: だんち | 2007年7月27日 (金) 03:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/15845172

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんやりとアジアカップサッカーを楽しむ日々。:

« 「らき☆すた」第15話を見た。 | トップページ | アジアカップ準決勝の感想と雑談。 »