« ぼんやりとアジアカップサッカーを楽しむ日々。 | トップページ | 「掲示板」のサービスが終了するそうです。 »

2007年7月26日 (木)

アジアカップ準決勝の感想と雑談。

 こんばんは、だんちです。仕事と練習をこなしつつ、休憩休憩。
 昨日のアジアカップ準決勝の感想と、実家から送ってもらった桃の話などを。

 まず、アジアカップ準決勝ですが。「韓国対イラク」も「日本対サウジアラビア」も、見る前からなんとなく予感っぽいものはあって。
 希望や願望とは別に、また悲観などというわけでもなく、ただ、普段サッカーやスポーツを観戦してくる中で培ってきた勘、みたいなものとして、「イラク勝ちそうだな」「日本、今日は勝てないかもな」という、そういう予感があったんですね。

 イラク、なんだか強いんですよね。派手さは無いんだけど、意外と足元の技術しっかりしてるし、フィジカルも強いし、へこたれないメンタルもある。「素朴に強い」そんな印象があります。
 韓国は主力何人かが怪我でいなかったり、得点力不足があったり、あとやっぱりコンディションが良くない感じ。今大会の韓国を詳しく知っているわけではないのですが、見ていてこうなんというか肌つやが良くないっぽい感じはあるような気がします。表情冴えない、というか。
 PK戦になって「あぁ。これはイラク勝つな」とさらに確信めいた予感が沸き。やっぱりイラクが勝ちました。
 イラク、決勝でどんな戦いを見せてくれるんだろう。
 なかなか、面白いチームですよ。機動力のあるいい選手もいるし。名前まで分からないけど、ちょっとサイズの小さい選手でスキンヘッドか坊主頭か、そんな感じの選手だった気がする。
 ちょっと決勝楽しみ。

 さて、日本。
 やっぱりリカバリーできませんでしたね。
 前半の序盤はいい動きをしていて「お!回復したか?」と期待したんだけど、しばらくしたらぼろぼろミスが出まくって。「こりゃダメだ。今大会中最悪のコンディションだ。無理無理。限界だ」と早々に諦めがつきました。
 コンディションの悪さはミスと集中の欠如に表れて、セットプレーからの失点も後半すぐの失点も、個人突破からのダメ押しも、さもありなん、という感じでした。
 まぁ、ろくな準備期間もなく、「やっつけ」で臨んだ割りに、よくここまで勝ち上がったと思います。その意味では、日本サッカーの底力は上がっている、ということなのでしょう。

 コンディションの悪さ、疲労の蓄積はテレビで見ていてもはっきり分かるくらいだったわけですが。準備期間が足りなく、また休養日無しで練習を重ねて。疲労が溜まって、その上で勝てる程サウジアラビアは甘い相手ではないのは当然で。
 まぁ、ここらが限界だろう、というのは予想できたことなわけですが。
 でも、この大会の日本代表の様子を俯瞰して見ると、なかなか面白いですよね。
 まるで、「合宿」ですよね。シーズン前なんかの。アジアカップに向かっての準備はほとんどできなかった。じゃあ、このアジアカップを「準備」に使おうっていう、そんな感じに見えるというか。
 試合は真剣勝負という名の練習試合ってな感じで。メンバーも固定してベースを固めて。
 韓国との三位決定戦ではメンバーをある程度入れ替えて、チームのポテンシャルアップやオプション作りが進められるって感じですかね。

 そういう観点で見てみると、相当濃厚な「練習」ができた大会になったかもしれないですよね。まぁ、あともう一試合あるわけですが。基本的な土台はできた、と見ることはできるかもしれません。
 その土台に突破できてシュートも打てるサイドアタッカーをどう発掘して当てはめていくか、ポジションごとのバックアップをどれだけ鍛えられるかってなところっすかね。
 あと、過酷な状況に耐えられるメンタルを持っている選手は誰で、根を上げるのは誰なのか。そういった根本的なタフさも見えてきたでしょうし。技術があっても海外遠征に弱い選手強い選手っていますもんね。

 サウジは、よく集中してましたね。攻撃の三人の能力はやっぱり高いものがあったし。意外性や面白さは感じないんだけど、日本を倒す、という明確な意思で結束していましたね。
 でも、決勝はどうでしょうか。
 イラクの不気味なポテンシャルにさくっとうっちゃられちゃうかも。それとも、サウジが「怖さ」を取り戻して古豪復活とばかりに優勝するのか。
 見応えのある面白い決勝になるといいですよね。

 三位決定戦は、次回アジアカップの出場権獲得(予選免除)のためには日本に勝って欲しいですが。それよりは、W杯予選の準備のために、どういう内容を展開できるか、を見てみたいかもしれません。今の「当たり前のサッカーを当たり前にする」日本の戦い方がどれだけ韓国を崩してチャンスを作れるか、ということですね。
 オーストラリア、サウジアラビア、韓国と戦う。
 いいんじゃないでしょうかね。いい準備、練習になるんじゃないでしょうか。あと一試合だし、互いに攻め合っていい試合を見せて欲しいですね。

 何はともあれ、このアジアカップでの「合宿」の成果が発揮されるのはいつなのか。
 どこからの「逆算」での準備なのか。
 なんか、試合よりも日々の練習を放映して欲しかったかも。そっち見た方が面白かったりして。
 この先の日本代表の強化のあり方を見ていくのが楽しみですね。

 
 さてさて。
 サッカーの話はここまでで。
 先日実家から桃が送られたのですが、季節ですね!いい桃を送っていただけてありがたいことです。
 早速もりもりと美味しくいただいたのですが。
 皮の剥き方がよく分からないんですよね。包丁でりんごみたいに皮をカットすると、皮に果肉がいっぱいついちゃってもったいないし。上手いやり方はないものか、と思っていたら、やはりシーズン。テレビを見ていたらたまたまやっていました!!
 そんな方法があるんだ!と復習のため早速ネットで検索。そしてテレビで見たのと同じようなやり方を発見。

検証! 桃の美しい切り方&剥き方

 ↑の、「アボガド法」がそれ。試してみたらすっげぇ上手くいった!!そうかぁ、やはりいろんなやり方があるものなんですね。生きていると学ぶことはいくらでもありますし、新しいことを覚えるのは楽しいですね。そして桃は美味い!

 あと、テレビでやってた「桃のシャーベット」も試してみました。
 テレビでは水にガムシロップを3~4個入れて、レモン三分の一分のスライスを入れて、そこにカットした桃を入れて3~4時間漬け込んでから冷凍。という手順だったのですが、ガムシロップは無いので「水に溶ける砂糖」で代用。レモンが無いので「濃縮還元レモンジュース」で代用。
 昼間に漬け込んで冷凍させていたものを、ついさっき食べてみました。
 すっげ冷たい!
 ちょっと砂糖が足りなかったか、甘さ控えめだったけど、シャクシャクしててちょーうめーっ!レモンのシャープさが舌触りの心地良さを引き立てて、非常にいい!!仕事の合間のデザートに最適ですね!
 桃はあといくつかあるので、またやろうっと。

 そんな感じで家事スキルもアップ中。
 次は何を覚えよう。
 やはり、収納とか片付けか…。ふぅ。

 あ、そうそう。最後になりますが、ココログが先日メンテナンスしてて。ちょこちょこバージョンアップしたそうです。
 カテゴリーやバックナンバーの表示のされ方が今までと変わって、全文表示ではなく「続きを読む」形になってます。僕はいちいち長文を書くので、今までのカテゴリー表示やバックナンバー表示だと、えらく縦長になってしまっていました。なので、この表示の仕方は見やすくなって有難いかも。
 見やすくなった「妄想界の住人は生きている。」を、これからもよろしくお願いします。

 ってな感じで。さぁ、仕事仕事!
 ではでは、またです!

|

« ぼんやりとアジアカップサッカーを楽しむ日々。 | トップページ | 「掲示板」のサービスが終了するそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/15906327

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ準決勝の感想と雑談。:

« ぼんやりとアジアカップサッカーを楽しむ日々。 | トップページ | 「掲示板」のサービスが終了するそうです。 »