« 落書き。「欲しがるシリーズ」その4。佐々木。 | トップページ | 「面白い」の在り処。 »

2007年11月 1日 (木)

落書き。「欲しがるシリーズ」その5。朝倉。

 こんばんは、だんちです。「欲しがるシリーズ」落書き第五弾。今回は朝倉。

Wantsasakura
 
 
 
 
 
 何気に朝倉初挑戦。
 や、ちょっと頑張りました。
 初めて描くのに難しい構図でね…。四つん這いで遠近が強くって。
 でも、その分楽しかったですけれども。

 制服を裂けさせるのは、プリントアウト同人誌「涼宮ハルヒさんの危険な愛体験2」の表紙でもやったのですが、朝倉のイメージもそういう凶暴さがあるので、そうしてみました。
 誰かに切り裂かれた、というよりも、自分で切り裂いた、というイメージですね。

 で、はいてないわけですな。

 尻はいい。

 あぁ…。ビリビリに引き裂いた制服着てるシリーズとかもやりたくなってきた…。
 絵を描くのは「トライ&エラー」で、描いては失敗を見つけて次に生かして経験を重ねていくプロセスがあるわけですが、イメージがイメージを呼ぶ、というのもありますね。
 つまり、際限が無くなる。という。

 まぁでも、あまり欲深くならず、描けるものをちょこちょこと描いていきたいものでございます。
 次の「欲しがる」女の子は鶴屋さんを、と思っております。

 仕事、詰まりぎみ…。
 進んでいるから、順調だとは思いたい。
 頑張って作ってもらった原作をネームにする作業をしているのですが、焦るとダメですね。
 一コマ一コマやっていく、という基本を大事にしていかないと。

 頑張るぜー。

 ではでは、またです!

 欲しがるシリーズその1(有希)欲しがるシリーズその2(みくる)欲しがるシリーズその3(キョン妹)欲しがるシリーズ4(佐々木)

|

« 落書き。「欲しがるシリーズ」その4。佐々木。 | トップページ | 「面白い」の在り処。 »

コメント

朝倉がその格好でそんなポーズをしていると「欲しがっている」シーンと言うよりはホラー映画とかでよくある「敵から逃げようとしているときに転んだりして逃げ遅れた人が一人目の犠牲者に…」という感じのシーンに見えるのは僕だけでしょうか。左手が隠れているのも何か凶器を持っているのではないかと変に勘ぐってしまいます。
次は鶴屋さんですか。あの人は描き方によって大人っぽい扇情的な感じにも子どもっぽい無邪気な感じにも出来そうですよね。

投稿: Y | 2007年11月 2日 (金) 21:52

>次は鶴屋さんですか。あの人は描き方によって大人っぽい扇情的な感じにも子どもっぽい無邪気な感じにも出来そうですよね。

個人的には大人な感じの鶴屋さんを見てみたいですね^^
なんかとても妖艶な感じが・・(妄想

投稿: ヒロぽん | 2007年11月 3日 (土) 03:15

>Yさん、こんばんは^^
想像を膨らませて楽しんで下さって、ありがとうございます。
朝倉はちょっと情動を我慢できない子という印象があって。エロい気分になっても直球で求めてきそうかなぁ、と思ったりしております。
その辺を、描けたらなぁと思いつつ^^
凶器で愛撫してくるのとかも、萌えますなぁ。

鶴屋さん。大人っぽいのも子供っぽいのも、いいですよね。
描いてみた時の、指先のインスピレーションで決まってくるところでもあるんですが、「年相応の少女らしさと、育ち始めている女の部分」なんかが描けたらいいなぁと思っております。

描いたらまた見てやって下さいね^^
ではでは、またです!

 
>ヒロぽんさん、こんばんは^^

≫個人的には大人な感じの鶴屋さんを見てみたいですね^^
≫なんかとても妖艶な感じが・・(妄想

ふふふ。ハードル上げてくれてますね。
ろくな画力を持っていないので、どんなもんが描けるか分かりませんが、せくしーなのが描けるよう、頑張ってみます^^

描いたら、また見てやって下さいね^^
ではでは、またです!

投稿: だんち | 2007年11月 8日 (木) 23:10

Yさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます^^
先ほどいただいたコメントについて、権利物の関係がありますので非公開にさせていただきました。
ご了承ください。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: だんち | 2007年11月10日 (土) 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/16946679

この記事へのトラックバック一覧です: 落書き。「欲しがるシリーズ」その5。朝倉。:

« 落書き。「欲しがるシリーズ」その4。佐々木。 | トップページ | 「面白い」の在り処。 »