« 風邪で絶不調。でも落書きはする。 | トップページ | とにかく、元気になって欲しい。 »

2007年11月16日 (金)

「電脳コイル」の特に好きなところ。

 こんばんは、だんちです。NHK教育で放送中のアニメーション作品「電脳コイル」。毎週楽しく視聴しているのですが、この作品の特に好きなところを感想としてちょこっと語りたいと思います。

********************

 僕が、「電脳コイル」ですごく好きなところは、「生々しい感情」が描かれているところです。

 非常に丁寧に作られているこの作品、謎の部分や電脳関係のギミックのところなんかを取っ払ってドラマ部分に注目してみると、基本的にとてもシンプルな感情移入しやすい少年少女達の青春群像が浮かび上がってきます。

 友情だったり、恋心だったり、敵対心だったり、仲間意識だったり。
 それが何かははっきりしなくとも、大切な何かを掴もうとするそんな心根だったり。

 それぞれのキャラクターが、その時の状況の中で一生懸命生きている姿が描かれていて、「電脳の体」とかメガネとか、そういうバーチャルなことが出てきていても、その中での「生の感情」、「人間性のあり方」が物語として大きな意味を持つことを感じますし、そこに面白さを感じます。

 だから僕は、謎の部分とか物語の背後に見え隠れする巨大な何かだったりにわくわくする気持ちを感じながらも、電脳のツールを媒介にして、生々しく泣いたり笑ったり感情をぶつけ合うキャラクター達のドラマを毎週とても楽しく見ています。

 そして、そこに物語自体の持つメッセージも感じます。

 デジタルだとかバーチャルだとか、そういったものが生み出す仮想の何かがあって。
 作中のお医者さんなんかも、ハラケンに向かって「子供はもっと体を使って遊ぶべきだ」と言ったりする。

 だけど、作中のキャラクター達、子供達にとって、デジタルの世界であったりツールであったりするものでも、それを通して感じる自身の心に沸き起こるあらゆることは、「生」のもの、そのものなんですよね。

 心に感じることに、仮想だとか虚構だとか嘘だとか、そんなもんは、ないのだと思います。
 心に感じることは、全てその人にとってリアルなもの。

 じゃあ、それを、虚構だとかなんだとかというカテゴリーに整理するのは、どの部分なのか。

 それは、「頭」なのでしょうね。
 つまり、嘘をつくのは頭。

 ヌルに囲まれた状況で「こんなことはありえない」と頭で判断して心に感じる恐怖を押さえ込んでメガネを外そうとしたフミエ。
 カンナに対する思いに締め付けられ、頭の中であっちとこっちを繋げて、なんとかできるのではないか、と自分を騙そうとしたハラケン。
 自分の心にある想いを頭で正当化しようとし、それを人が作った嘘によって覆され、行き場をなくしたイサコ。

 ここまで来て、「やっぱり便利なものに頼ってばっかりだと人間いけないよね」的な小ぶりなメッセージに決着させるわけもないでしょう。
 生まれた時から携帯電話やネットワークが存在している世代の子供達に向けて、本気のメッセージを投げかけようとしている気配をビシビシ感じます。

 心と頭の繋ぎ方。
 心に感じることに、どう向き合って、生きていくのか。

 カンナを否定することなく、カンナの言葉を伝えた上で、ハラケンに対する想いを、心から頭に通して「好きです」と言葉にしたヤサコ。
 首長を助けようと手を尽くし、そして首長が消滅する時には本気で涙するデンパ。

 そういう見方をしていくと、いくらでも拾っていくことはできて。
 電脳ペットの死にショックを受けたフミエが「あんなのはデータなんだ」と心に嘘をつこうとしていて、それでも自分の心に嘘をつき通せなくて、首長の消滅に大泣きしてしまうことや、デンスケをなんとかして助けようとすることで、デンスケそのものとヤサコの想いを守ろうと必死になるイサコのことや。

 そこにあるのは、本物の心の動き。

 「生々しい感情」。

 生きている人間が持っている、リアルな心そのもの。
 心に感じるものに嘘なんか無いから、友達を大事にしたり、人を好きになったり、するのでしょうね。

 生の人間の持つ感情と心の動きと、そこから発生してくる青春群像。
 その瑞々しい生き生きとした姿が描かれていて、そして、そこに作り手の本気のメッセージを感じるところが、僕はとても大好きなのです。

 シンプルだけど、すごく大事なメッセージ。物語が生まれてくる必然性と意味。
 そういったものが、いよいよ最終回に向けて結実していくのではないか、と期待感が高まっております。

 最後まで見ていって、心に感じることをしっかりと受け止めていきたいものです。
 この心で受け止めるものは何なのか。
 何を感じるのか。

 キャラクター達の姿、心の動きを追いかけながら、しっかり感じていきたいと思います。

 明日の放送も楽しみです!

 以上、「『電脳コイル』の特に好きなところ。」でした。

********************

 そういう好きなところはそれはそれとして。
 もし僕が二次創作するなら「ハラケン×イサコ」っすね。受けイサコちょー可愛い。イサコがハラケンを「ハラカワ」って苗字で呼ぶのも萌える。
 次点で「デンパ×ヤサコ」。巨肉デンパ…。いいね。

 風邪、良くなってるようなそうでないような。10時間寝ても体に力が入ってない感じ。
 まだ眠い。

 文章チェックは後でします。誤字脱字、意味不明箇所があったりすいません。

 ホント、寒くなってきましたね。
 皆様もお体にはお気をつけ下さい。

 ではでは、またです!

|

« 風邪で絶不調。でも落書きはする。 | トップページ | とにかく、元気になって欲しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/17086073

この記事へのトラックバック一覧です: 「電脳コイル」の特に好きなところ。:

« 風邪で絶不調。でも落書きはする。 | トップページ | とにかく、元気になって欲しい。 »