« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」14~16ページ。 | トップページ | 本当? »

2008年2月 7日 (木)

ちょっと、ホッとした。

 こんばんは、だんちです。
 雪の中行われたサッカーW杯アジア3次予選、日本代表対タイ代表。テレビ観戦しました。
 順当に日本勝ちましたね。
 Jリーグはシーズン前ということもあって選手のコンディションが整わない中、初戦の緊張感もありながら、現時点の力を尽くしたいい試合だったと思います。

 試合の内容とか結果とかよりも、特に印象に残ったことがあったので、そのことについてちょっと書きたいと思います。

 試合前。
 チケット販売が伸び悩んでいることが報道されていたり、そのことを記者に聞かれた岡田監督が「私の興味はチケットの販売よりも試合の内容、結果」と答えたり、ということがあったりしたわけですが。
 W杯出場も三回連続で遂げたし、まだ最終予選じゃないし、スター不在的なこともあったりもして、サッカー日本代表を取り巻く環境もだいぶ変わってきたんだろうな、と思いました。

 あと、原油価格の高騰、オーストラリアの小麦の不作の影響なんかもあって、生活していく上での出費が上がる一方の昨今、ただでさえ高価な代表戦のチケットを買って平日に観戦に行くなんていうのも、ちょっと難しくなってきているのかもしれませんね。
 ここ最近すっごく寒いことも、原因の一つかもしれない。

 チケット販売不振の実際のところの理由は僕なんかでは分かりようがないのですが、ただまぁ、「そうだろうな」という感覚はあります。
 W杯初出場以来のサッカーバブル。ちょっと地に足の着いていない感じは、ここ数年あったように思うんですね。

 Jリーグの新人選手が「早く海外に行きたい」とか言って、スタジアムに足を運ぶファンのことをまったく意識できていなかったり。
 経験もあるいい年した選手がメディアに向かってつまんない監督批判をしてみたり。
 犯罪するヤツが出てきたり。交通事故もちょこちょこあったり。

 実生活レベルでも、こんなことがありまして。
 電車に乗っている時に、ジャージ姿にスポーツバッグを持った、どっから見てもサッカーをしているらしき中学生二人が談笑しながらシルバーシートにどかっと座って。
 そん時はまだ空いていたんだけど、しばらくして混んできて。気がつくとけっこうな人数のお年寄りが乗ってきていて座れないでいたんですね。どう見たって足腰悪そうなお年寄りが。
 なんだけど、サッカー少年達はそんなお年寄り達を無視し続けて、シルバーシートに居座り続けてて。
 その少年達の横にたまたま座っていたご婦人がたまりかねて「あなた達、立ちなさい」と叱ったんですね。そうしたらばやっと少年達は苦笑いしつつ席を立ったのですが。
 彼らも、練習でへとへとに疲れていたのかもしれないけれども、自分達が周囲からどう見られるのか、の意識の低さを目の当たりにすると、彼らがいくらサッカーが上手くなろうとも、「それだけ」だよな、と、いう気持ちになり、考えさせられました。

 海外のビッグクラブの若手育成の話なんかで、「サッカーだけでなく、人間としての教育をすることの大切さ」なんていうことが出てくるのですが、日本はどうなんでしょうね。人間形成に踏み込んでいるクラブもあるようですが、礼儀とか周囲に対する気配りとか、そういう人間として学ぶべきことがどこかおざなりになってしまっているんじゃないのか?と心配になってしまいます。
 「サッカーだけ」になっちゃってんじゃないのか?地に足着いてんのか?
 って。

 そんな中、今期からJ2で戦うFC岐阜松永英機監督の「また次も見に行きたいと思わせるサッカーを」という発言にすごくホッとさせられたりしました。
 お客さんあってのエンターテインメントなんだから。そういう発言が監督からも選手からもどんどん出てこないとおかしいって思うんですよ。
 よく、ゴン中山が「あなたの力が僕の力になります。パワーを僕に下さい!」なんて言いますが、それが、エンターテインメントの現場のスタンダードでなくっちゃおかしい。

 ここ数年のサッカーのバブル人気が下火になるのは、個人的には「地に足着いてないんだから、さもありなん」という感覚だったので、W杯予選でありながら今回のタイ戦が満員にならなかったことには驚きは無く、「まぁ、そうだろう」という感じでした。

 それでも、3万五千の声援はテレビを通しても迫力があって。満員じゃなくっても、寒い中でもこれだけ応援してくれる人がいるんだから「チケットが売れない売れない」とか言うんじゃなくって、買ってくれた彼らをちゃんと大事にするべきだよな、と思って見ていました。

 で、試合後。

 テレビのインタビューでFW大久保が寒い中応援に来てくれたお客さんに対して感謝の言葉を述べたり、川淵三郎氏が「これだけ雪が降って雨も降って、3万5000人も来ていただいたことは妃殿下もおっしゃっていたが、本当にありがたいと思う」と発言したり(スポーツを読み、語り、楽しむサイト | The Stadium ザ・スタジアムより)、GK川口が「お客さんが少なかった?」と聞かれたことに対して「といっても1人1人応援してくれることは伝わってきた。」と発言したり(Jリーグ ファンサイト[ J's GOAL ]より)。

 ちょっと、ホッとしました。

 試合内容に関して、岡田監督は「楽な勝ち方をするより課題ができて良かった」ということを言っておりますが、チケット云々のことに関しても、同じことが言えるんじゃないかなぁと思います。
 満員にならなかったからこそ、応援に来てくれた人達に思いを馳せることができるんじゃないかな、って。

 同人誌をやっていても、即売会の最中に近くのスペースから、わざわざ周囲の人に聞こえるように「売れないなぁ」「今日はいまいちだー」とかいう声が聞こえてきたりすることがあるんですね。
 で、そういうのが聞こえてくると、「買ってくれた人がいるんでしょ?だったら、その人のことを思うべきだよ」と思うんです。

 地に足着けようよ。って。

 サッカー日本代表の試合も、これからまた満員になることもあるだろうけど、たとえ満員にならなくても、お客さんが少なくても、スタジアムに足を運ぶ人を楽しませる、地に足の着いた良質のエンターテインメントであって欲しいな、と思います。
 今回、満員にならず、でも3万5千人に応援されたことが、よい経験になればいいですよね。

 良質なエンターテインメントは、人を明るくするし、世の中も、ちょっと明るくなるから、是非頑張って欲しい。

 そんな観点で、今後もサッカー日本代表に注目して応援していきたいと思います。

 ではでは、またです。

|

« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」14~16ページ。 | トップページ | 本当? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/40022378

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと、ホッとした。:

» 対タイ戦 [ジーコの素顔]
お疲れ様でした!前半はいかにも“予選”て感じのゲームで嫌な感... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 17:14

» W杯への長い道 まずはタイに快勝! [しっとう?岩田亜矢那]
南アフリカへの長い道が、いよいよ始まった。 テレビ画面からもはっきり判る程の雪、 完全防寒でピッチに入ってきた日本に対し 上着さえ着る事なく入場してきたタイ。 暖かい国の人やのに大丈夫かいな〜? といらぬ心配していたが、全然大丈夫のようだった。 タイの方が一人少なくなってからは なんとか日本のペースに持ち込む事が出来たが 「内弁慶」のタイのホームではこりゃ侮れないぞ。 引き分け、いやいやひょっとしてなんて事態になれば 最終予選に赤信号なんて事に成りかねないので 努々油断めされるな! それにして... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 23:02

» まずは第一歩 [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
南アフリカWCアジア3次予選 日本4−1タイ まずは順当な勝利、おめでとうございます。 しかもキリンチャレンジカップで不安視されたFWが2得点ですよ。 4大会連続出場へ、まずは第一歩ですかね。 さてさて試合内容ですが、ヤットの先制FKはゾクッとした。 完璧にGKの予想を超え、見送るしかないボールだった。 俊輔が入っても、そうそうキッカーは譲る必要はないね。 ただその後がいけない。 完全に浮かれてたのか、少ないパスで意表を突くミドルシュート。 川口を始め、準備できてない日本。 あれはいらない失点... [続きを読む]

受信: 2008年2月 8日 (金) 01:51

» 岡田ジャパン、タイを4-1で下す W杯南アフリカ大会 [ネット社会、その光と影を追うー ]
サッカーの10年ワールドカップ/W杯南アフリカ大会 [続きを読む]

受信: 2008年2月 8日 (金) 09:24

« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」14~16ページ。 | トップページ | 本当? »