« 落書き。「欲しがるシリーズ」その6。鶴屋さん。 | トップページ | いまおかしんじ監督作品「たそがれ」を観てきた。 »

2008年2月28日 (木)

古泉VSキョンバトル漫画。「虹」26~28ページ。

 こんにちは、だんちです。涼宮ハルヒシリーズの二次創作漫画、キョンと古泉のバトルもの「虹~Because there is a rainbow~」の26~28ページを描きましたのでアップします。
 アップしているファイルは下書き状態に台詞と描き文字を加えたもので、そのうち仕上げて同人誌にしようと目論んでおります。
 バックナンバーは「古泉対キョンバトル漫画(「涼宮ハルヒ」二次創作)」カテゴリーをご覧下さい。

 *かなり好きなように描いておりますので、原作の雰囲気やキャラクターイメージを大事にされたい方は見ないようにお願いします。あと、カップリングものじゃないです。

「虹~Because there is a rainbow~」
・ファーストコンタクト
26ページRainbow26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27ページRainbow27
 
 
 
 
 
 
 
 
28ページRainbow28
 
 
 
 
 
 
 
 
 つづく。

 エピソード「ファーストコンタクト」はここまで。次回からはエピソード「修羅」をお送りします!
 怖い古泉を描いているのは、僕はすごく楽しいのですが、古泉好きの人には「えー…」って感じがあったりするのでしょうか。
 もし、嫌な気分になっちゃったりしたら、本当にすいません。

 や。僕、古泉大好きですよ。
 カップリング的には「古みく」が切なくて好き。
 すげー形相でキョンに殴りかかったりする古泉なんかは、「かわいいなぁ」とか思いつつ描いております。
 こんな感じの古泉が暴れまくる漫画ですが、それでもよろしければ、今後も生暖かく見てやっていただけると嬉しいです。

 あ。そうそう。
 この漫画ではキョン視点だけでなく、いろんなキャラクターの心の声を漫画的モノローグふきだしで描写しています。
 本来のシリーズではありえないことなわけですが、この漫画の場合、臨場感を出すために必要なので、各キャラクターの心の声を表現するようにしています。
 ニュアンスとしては、後になってキョンがそれぞれの人からその時のことを聞いて「この時、この人はこう思っていたらしい」という感じになるかと思います。

 とりあえず、現時点でネームはここから先はまだできていないので、改めてネームを描き進めて、また続きも描いてアップしていきたいと思っております。

 でも、仕事以外の時間の使い方として、これからは4月27日の「CIMIC1」に向けた作業に集中していくことになるため、「虹」の更新ペースは落としていくことになります。
 それでも、一週間に一回はなんとか更新したいかなぁ…。
 ちょっとどうなるか分かりませんが、続きも楽しみにしていただけると嬉しいです!

 前回、見て下さった方、コメント下さった方、WEB拍手を押して下さった方、拍手コメントを下さった方、捕捉して紹介して下さった方、バックナンバーも見て下さった方、皆様ありがとうございました!
 そして、今回も見て下さってありがとうございます!
 おかげさまでとても楽しく描かせていただいております。

 少しでも、楽しく読んでいただけたら嬉しいです。
 次もまた、是非見てやって下さいね!

 こないだの春一番以来、花粉すごくなってきましたね。僕は漢方飲みまくりです。
 花粉はキツイけど、ちょっとずつ暖かくなってきました。いよいよ春ですね。
 別れや出会いの季節、春。
 皆様、それぞれの春を満喫して、付き合ったり合体したり、頑張って下さい。

 僕は、手がかじかまなくなるので、いっぱい漫画を描くのです。

 ではでは、またです!

|

« 落書き。「欲しがるシリーズ」その6。鶴屋さん。 | トップページ | いまおかしんじ監督作品「たそがれ」を観てきた。 »

コメント

すごい!一樹がここまで本気になってキョンに殴りかかるなんて!
こんな一樹を待っていた。この「虹」という作品、僕の想像している一樹とほぼ同じ人格になっているので感動しました。
できれば一樹に必殺奥義とか付けていただければ尚良いのですが、あなたの構想を優先してもいいですよ。
では、完成を心待ちにしております

投稿: セツナ・グレイズ | 2008年2月28日 (木) 20:42

此方のハルヒ漫画を読ませて頂きました。原作のキャラ観を壊さず、伏線も消化しての物語構成に、いたく感動しました。
また自分は古泉が結構好きなのですが、こちらのバトル漫画の更新が楽しみでなりません。バトル漫画の古泉が本当に格好良くて、痺れます。まさしくこんな古泉を求めていた!です。古泉といえばホモ、な作品が他所では多いもので、キョンと対等に真っ向からバトル熱い展開はまったく、新鮮でした。これからの展開にますます、期待しております。

投稿: 通りすがり | 2008年2月28日 (木) 21:11

お久しぶりです!
どんどん熱い展開になっていきますね!
やっぱ燃え要素って重要だと思うのよねBYハルヒ
というわけで、すみません。こんな展開大好きです!
古泉好きだけど、もう全然OKです!!むしろどんどんやってほしいです!白い古泉もいいけど、黒いのもね・・・

古みくは私も結構気になります。バックの組織は敵対とは行かないまでも、あまり仲がよろしくないようですが、逆にそこがロミジュリのようでいいのです!

でもやっぱり、5人でわいわいやってるSOS団が一番なんですが・・・

これからの展開がますます楽しみです!
花粉症はお辛いでしょうが、身体に気をつけてください!

投稿: よしゆき | 2008年2月29日 (金) 00:06

こんにちは。
古泉、そんなにキョンが好きか。いや好きなんだろうなぁ、とは思っていたんですが。
私は、格闘モノ二次創作作品はLeafものの「鬼狼伝」くらいしか読んだことはないんですが、ガチの格闘技って一種のオーラルセックスじゃないかって思ってますので、毎回のエクスキューズについニヤニヤしてしまいます。
いや、捩くれた発想でどうもすんませんことですが、修羅編、もうガンガンにやっちゃって欲しいと思ってます。
それでは失礼いたします。

投稿: 臨川庵 | 2008年2月29日 (金) 02:42

>天使朝倉の役割は?
 僕はやっぱり励ますと思います.
 と言うか,励ましてほしい.
 死した知的生命体が生きていたら・・・.可能性を信じる者がいる限り,その相手は天国にいけるんです.

 ついに来た!
 古泉の鉄拳!
 キョンはどうするんでしょうか.
 中途半端なタックルをしても,跳ね返されると思うぞ.
 臨川庵様の指摘は正しいと思います.
 人は,思いを伝える時に様々な方法を用います.
 中には痛みを伴う物もあるでしょう.
 だから燃える,あこがれる!

投稿: リューガ | 2008年3月 1日 (土) 23:34

>セツナ・グレイズさん、こんばんは。初めまして^^
漫画を読んで下さって、コメントをありがとうございます。

≫こんな一樹を待っていた。この「虹」という作品、僕の想像している一樹とほぼ同じ人格になっているので感動しました。

ありがとうございます!こういう古泉に激しく違和感を持たれる方もいらっしゃるとは思うのですが、こうして受け入れていただけて嬉しいです^^

≫できれば一樹に必殺奥義とか付けていただければ尚良いのですが、あなたの構想を優先してもいいですよ。

あははは(笑)では遠慮なく優先させていただきます^^
かなり長いお話になりそうですが、また見てやって下さいね。

ではでは、またです^^

 
>通りすがりさん、こんばんは。初めまして^^
漫画を読んで下さって、コメントをありがとうございます。
「SweetHome」も読んで下さったんですね。重ねてありがとうございます!

≫原作のキャラ観を壊さず、伏線も消化しての物語構成に、いたく感動しました。

そう仰っていただけて、すごく嬉しいです。「SweetHome」は原作の雰囲気を自分なりに壊さないように気をつけて描きましたので、とても報われます!

≫バトル漫画の古泉が本当に格好良くて、痺れます。まさしくこんな古泉を求めていた!です。

実は、僕もこういう古泉を求めてまして^^
なので自分で描いてみたわけですが、その古泉を受け入れて下さって、格好良いとまで仰っていただけて、ホッとしますしとても嬉しいです!

ホモネタも、古泉だとキャラの必然を感じたりしますよね。僕にとってはこんな感じの、「苛ついてて溜まっている古泉」がすごくしっくりくる感じがありまして。そんな古泉を新鮮に感じていただけて受け入れて楽しんでいただけて、こうやって描いている甲斐があります^^
続きもまた描いていきますので、是非また見てやって下さいね!

ではでは、またです^^

 
>よしゆきさん、こんばんは^^
漫画を読んで下さって、今回もコメントをありがとうございます!

≫こんな展開大好きです!

ありがとうございます^^燃えていただけてすごく嬉しいです!いよいよ本格的に燃える展開にしていくきっかけとして「本気の怖い古泉」がここで出てくることになったのですが、いざ描いてみると「これは…いいのかな?」とちょっと迷うところもありまして。
だけど、

≫古泉好きだけど、もう全然OKです!!むしろどんどんやってほしいです!白い古泉もいいけど、黒いのもね・・・

と仰っていただけて、すごくホッとします。受け入れて励まして下さってありがとうございます^^
黒い古泉、バリバリ描きますよー!

古みく、仰られる通りで、ロミオとジュリエットのような悲恋シチュエーションを感じますよね。みくるが、絶対に恋愛をできない、というところがたまりませんよね!…はっ!みくる(大)がそれ相応の未来から来ているのだとしたら、その未来では古泉は既に死んでいるってことに…うっわ、超切ないっすね(涙)

≫でもやっぱり、5人でわいわいやってるSOS団が一番なんですが・・・

そうですよね^^
「驚愕」では、どうなっていくんでしょうね。どうも、とんでもない新入部員が入ってきそうな気配もありますし。今後の彼らの青春模様がどうなっていくのか、すごく楽しみですね!

≫花粉症はお辛いでしょうが、身体に気をつけてください!

ありがとうございます!気合いでどうにかなるものではないのでしっかり対処して乗り越えていきたいと思います。
花粉に抗いながら、また「虹」の続き描いていきますので、是非また見てやって下さいね!
ではでは、またです^^

 
>臨川庵さん、こんばんは^^
漫画を読んで下さって、コメントをありがとうございます!

≫古泉、そんなにキョンが好きか。いや好きなんだろうなぁ、とは思っていたんですが。

愛の強さが強い敵意を生んでしまうのでしょうね^^

≫ガチの格闘技って一種のオーラルセックスじゃないかって思ってますので、毎回のエクスキューズについニヤニヤしてしまいます。

楽しんでいただけて嬉しいです^^
一種のオーラルセックスっていう発想は、正直さっぱり分かりません。「捩くれた発想」と仰っておりますが、臨川庵さんならではの感じ方があるのでしょうね。
「エクスキューズ」ということは、「本音は別のところだろ?」という読まれ方なのかもしれませんね。ふふふ。どうなりますか。今後もニヤニヤしつつ楽しんでいただけたら、と思います^^

≫修羅編、もうガンガンにやっちゃって欲しいと思ってます。

ありがとうございます^^
いよいよ怖い古泉をバリバリ描いていくことに躊躇もあるのですが、こうして励ましていただいたことを支えに、ガンガンにやっちまいますね!

是非また見てやって下さいね!
ではでは、またです^^

 
>リューガさん、こんばんは^^
漫画を読んで下さって、コメントをありがとうございます!

≫ ついに来た!
≫ 古泉の鉄拳!

来ましたよ!いよいよここからですね。キョンがどうするのか、どうなるのか。描いていて僕も楽しみです^^

≫ 人は,思いを伝える時に様々な方法を用います.
≫ 中には痛みを伴う物もあるでしょう.
≫ だから燃える,あこがれる!

あこがれますか!形としては人を殴りつけるものになっていますが、そこに本気のコミュニケーション、あるいはそこに至ろうとする何かを感じていただけているのでしょうね。燃えていただけて、すごく嬉しいです^^

伴う痛みについて、みくる(中の人)も指摘しておりますし。その辺りがどこまで表現できるかは分かりませんが、魅力的な彼らに引っ張られながら描いていきたいと思います。

是非また見てやって下さいね!
ではでは、またです^^

投稿: だんち | 2008年3月 5日 (水) 04:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/40300683

この記事へのトラックバック一覧です: 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」26~28ページ。:

« 落書き。「欲しがるシリーズ」その6。鶴屋さん。 | トップページ | いまおかしんじ監督作品「たそがれ」を観てきた。 »