« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」29~31ページ。 | トップページ | 落書きと学習機会メモ。 »

2008年4月 9日 (水)

「仮面のメイドガイ」第1話を見た。

 こんにちは、だんちです。仕事と同人誌作業に追われつつ、アニメも見ております。先日録画していた「仮面のメイドガイ」第1話を見まして。ちょっと「なるほど」と思ったことがあったのでメモ書きのつもりで感想を書いてみます。
 *原作は未読です。

**********

 なえかと幸助の元にやってきたメイドコンビ、コガラシとフブキは、「親」の姿を象徴しているんでしょうね。

 「強制的にご奉仕」するということで、年頃の娘さんの気持ちが分からないまま本人なりに良かれと世話を焼いたり。掃除をしたりご飯を作ったり。

 それをしてくれるのが、大人の雰囲気を持った女性とがさつなオッサン。
 まるっきり「両親」というものの象徴的な姿ですよね。

 逆に、なえかと幸助は、家事もろくにせずゴミ屋敷を形成して。とても「人としての暮らし」をできていない。そこもギミックで、「子供だから自立できていない」という姿になっているわけですね。
 そんな有様であれこれ主張したところで説得力が無いから、人の世話になるしかない。

 だけど、コガラシのようなメイドガイなんて選んでもいないし世話になんかなりたくない。でも結局、祖父に無理矢理押し付けられてしまう。

 そこがまた、「親」を象徴するところなんだろうな、と思います。
 祖父から「親(象徴的な意味での)」を与えられる。その「親」を選べない。

 そしてそれは「強制的」である。

 それは子供の立場から見た「親」のある一面を表しているものだと感じます。
 この作品は、「親子関係」を象徴しているドラマとして見ることができるものなのでしょうね。

 最初は「色物なのかな?」くらいにしか思っていなかったのですが、絵も好みだったし力ちゃんだし、とりあえず見てみよう、と思って見てみたら。かなりアプローチのしっかりした作品ですね。ちょっとびっくりしました。
 極端な作品世界を構築しながら、その実、人物配置や役割がかなり丁寧かつ分かりやすいものだと思うんですね。
 や。これは面白いですね。

 「親」を象徴する姿、その役割を子供にとっての「メイド」として提示するところなんか、なかなかに風刺が効いていて、粋じゃないですか。

 なえかがちょいとお色気担当というか汚れ役というか、そういう役回りになってみたり、コガラシが血まみれになってみたり火だるまになってみたり、という「ドタバタかつちょっとH」という王道な見せ方をしつつ、その実「親子関係」を「メイドとご主人」という姿に象徴させる。そいういったところに、薄ら寒い現実感もあって唸らされるものがあります。
 物語を作る人間として思う感想としては、「上手いな!」ということですね。

 ここまで基礎がきっちりと作られていれば、丁寧に作りさえすれば絶対に面白いものになるし、分かりやすいテーマやメッセージというものを、きちんと視聴者に届けることもできるでしょう。

 「薄ら寒い親子関係」がスタート地点に隠されているのであれば、ここからは、「親」の立場と「子供」の立場のそれぞれの葛藤や成長、そしてお互いが麗しい関係を築いていく人間ドラマが見えてくることでしょうね。

 勿論、ど派手なギミックやギャグをふんだんに使いながら。

 「子供」が本当に自立していく自覚をちゃんと持って成長していけるのか。「親」が子供のために尽くすことは何のためなのか。
 どう展開して、どう描かれていくのでしょうね。

 あ。そうか。なえかが「18歳になるまで」ということも、「子供が大人になる」ことを象徴化している部分なわけですね。
 いや、本当に丁寧ですわ…。プロフェッショナルの仕事をひしひしと感じます。
 相当勉強になりますし刺激を受けます。

 第2話以降も楽しみです!

 それにしても。
 自分でも二次創作で「家庭」をテーマにしたものを描いたりもしましたが、昨今、「家族」とか「家庭」とか、そういうテーマを描く物語が増えてきているようにも思います。印象でしかありませんが。
 僕が青春期の頃は「大人は敵だ!親は何も分かっちゃくれない!」みたいな感じが物語の世界にはあったと思うんだけど、それはやっぱりバブルっぽさだったのかなぁ。
 その頃の家族ものになると、「積み木くずし」が象徴的だったと思うけど、最近描かれる(あるいは「描かれるべき)「家族」や「家庭」はだいぶ違ってきているように感じます。
 社会状況も違うし。
 その辺り、あれこれ考えるには時間がちょっと無いので、「仮面のメイドガイ」を見つつ、考えていきたいなぁとも思うところです。

 とりあえず思うこととしては、「幸せって何だ」という漠然とした疑問に対して、物語を作る側が「家族や家庭にヒントがあるのでは」と作るようになってきているように感じます。
 逆に、「物語の世界で幸せを描かなければならない」ということでもあるでしょう。

 物語は、時代の必然から生まれるもので、役割を持って伝わっていくものですから。

 何はともあれ、その辺りは今後の考察テーマということで。

 また、思うことや書きたいことが浮かんだらこうしてアニメ感想も書こうと思います。
 というわけで、今回はこの辺で。

 ではでは、またです!

|

« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」29~31ページ。 | トップページ | 落書きと学習機会メモ。 »

コメント

丁寧な感想で興味が湧いてきますね(原作未読)
こちらでは放映してませんからどうしても動画サイトやDVDなどで後追いになるのがつらいとこですが。

投稿: 蔵人 | 2008年4月 9日 (水) 23:47

蔵人さん、こんばんは。
感想記事を読んで下さってコメントをありがとうございます^^

興味が湧いたとのこと、感想を書いた甲斐があってとても嬉しいです!
蔵人さんがお住まいの地域では放送されていないということですが、ブロードバンド配信もあるようですね。
まだ始まっていないようですが、公式ページにリンクがあるので、近いうちに配信があるのではないでしょうか。

http://www.maidguy.com/

早く配信が始まって共々に楽しんでいけるといいですね^^
ではでは、またです!

投稿: だんち | 2008年4月10日 (木) 19:40

 親は選ぶ事はできない.
 当たり前の事だけど,うけいれられない人もいるんでしょうね.
>だんち様
>「大人は敵だ!親は何も分かっちゃくれない!」
 確かに多かったですね.
 キンキキッズが主演の「未満都市」とか.
 僕なんか,このような作品は問題解決を放棄した大人ポイ捨てドラマに思えるんですけど.
 放送中,いつもいらいらしていた記憶があります.
 アレは命に関りますよ.

 スレ違いかも知れませんが,こんなの見つけました.
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2668491
 会長に何が?

投稿: リューガ | 2008年4月11日 (金) 06:25

リューガさん、こんばんは^^
感想を記事を読んで下さってコメントをありがとうございます。

> 親は選ぶ事はできない.
> 当たり前の事だけど,うけいれられない人もいるんでしょうね.

そうでしょうね。それを受け入れていく麗しい様子を、笑いやちょっとエッチな描写も含めつつ、エンターテインメントで見せてくれる、というのは、非常に心意気を感じますし、優しさを感じるところです。
今後どういったものを見せてくれるのか、とても楽しみです^^

> キンキキッズが主演の「未満都市」とか.

90年代の作品ですね。僕はこの作品を見ていないので詳しくは分かりませんが、この辺りになってくると仰られるように積極的に大人を排除する見せ方になってくるのかもしれませんね。
それは、70年代80年代の大人は敵、反面教師、だったことよりも、もっと歪んだ状況、見せ方になっていたのかもしれないですし、今、親子関係をどう描写するべきなのか、の逆説的下地になっている部分が見れるかもしれないから、なかなか興味深いものがありますね。

> 放送中,いつもいらいらしていた記憶があります.
> アレは命に関りますよ.

エンターテインメントが人に与える影響力のことを思うと、深刻な話だと感じます。90年代のドラマだったりアニメだったりはいろいろと混乱期だったかもしれないですね。
僕はその頃は全然ドラマもアニメも見ませんでしたが、その頃に青春期だった方々にとっては、いろいろと思うところのある時期だったでしょうね。

様々な時期を経て今、アニメ作品やエンターテインメントがどういった役割を果たしていくのか。楽しんでいきつつ、お互いいろいろと感じ取っていきたいですね。

ではでは、またです^^

投稿: だんち | 2008年4月16日 (水) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/40825266

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面のメイドガイ」第1話を見た。:

» 仕事帰って [龍泉堂奇譚]
11時だもんなあ、SS書いたらもうこの時間だ(時間表示されてないよ) まあ深夜だと思いねえ。 ・「LOGiN」が休刊へ(ITmediaニュース) - Yahoo!ニュース PC手に入れるのが遅かったんであんまお世話になったことないんですが、ゲームネタとか探すんで昔は何冊か買った... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 03:01

« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」29~31ページ。 | トップページ | 落書きと学習機会メモ。 »