« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」41~43ページ。 | トップページ | らくがき。 »

2008年6月 8日 (日)

大丈夫でしょうか?

 こんばんは、だんちです。今日日中出かけていて、さっき帰って来て秋葉原の事件のことを知りました。大変驚いています。今日は比較的天気もよく、お出かけされた方も多いと思います。皆様、大丈夫だったでしょうか?
 直接的に限らず、間接的に巻き込まれたりしていないでしょうか。とても心配です。

 最近。外出すると、変にイライラしている人を見かけることが多くなっているように思っていました。今日もそんなことを感じつつ帰宅したのですが、こういう事件が起こるとは…。

 追い詰められた人が多く出てきてしまう現状があるのなら。少しでも人の心を慰め和らげることが、エンターテインメントの役割だろうとも思います。世の中を良くすることまではできなくても、エンターテインメント業に携わる者として、少しでも人の心を明るくポジティブなものにしていけたら、と改めて思います。

 亡くなられた方々のご冥福と、怪我をされた方々の回復、そしてこういう事件が二度と起きないことを祈っています。

|

« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」41~43ページ。 | トップページ | らくがき。 »

コメント

こんばんわ。俺は地方に住んでいるのでニュースだけしか情報は無いのですが、痛ましいですね。
誰でもよかったと言いながら、ニュースとして大きく使われそうな秋葉原で犯行を行うというところに犯人の自己顕示欲を感じてしまい、非常に不快ですね。
知り合いが言ってたんですが、これをオタクと言われる人たちの存在と無理やりこじつけてマスコミが報道したりしそうだと。
そうなると規制とかの話がまた出てきたりとかするんでしょうかね?
そうじゃない部分でも、なんというかイライラを暴力的な衝動でしか解決できないというのは怖いですね。そういうものを押さえる理性というのが人間が人間たりえるものだと思うのですが………
ストレスの溜まりやすい現代、被害者だけではなく、加害者になる自分というのも考えなくてはいけないのかもしれないなあと、少し落ち込みながら考えました。

投稿: 蔵人 | 2008年6月 9日 (月) 03:03

>少しでも人の心を慰め和らげることが、エンターテインメントの役割だろうとも思います。
 
 おお!頼もしいお言葉!
 世紀のスーパーヒーロー・仮面ライダーを愚弄し,特撮漫画雑誌特撮A(エース)を廃刊に追い込んだ馬鹿漫画家,江川達也に爪の垢煎じて飲ませたいです!

 僕の住んでいる所も,東京都は遠く離れた場所なのですが,犯人はわざわざ福井まで行ってサバイバルナイフを調達してきたのですね.
 キレるタイミングが違ったら,日本中どこでも事件現場になった可能性があると思うと,恐ろしいです.

投稿: リューガ | 2008年6月 9日 (月) 22:54

どうもお初です。
自分は東京に住んでいます
今日このニュースを見たとき、秋葉にある大学に通っている妹が心配になり迎えに行こうとした所で、妹が帰ってきました。
ここ何年か、ニュースや新聞で取り上げられるように病んでる人の増加が顕著です。
自分にはキョン同様小6の妹もいるので、早く免許を取って俺が送り迎えして守ってやらねば、と改めて思わされました。

投稿: アガト | 2008年6月10日 (火) 03:41

>蔵人さん、こんばんは。僕は神奈川在住ですが、秋葉原は電車に乗ればそう遠くないですし、とてもショックでした。3月に友人達と日曜日の歩行者天国を楽しく歩いたこともあり、その思い出までも無惨に汚された思いで、悔しく、そしてとても腹立たしいやり切れない思いになりました。

犯人は、警官に銃を向けられて投降したそうですね。
自分の命を惜しむだけの判断力はあったということなのでしょう。

ならば。

目の前の警察官に、
引鉄を引かせるためにはどうすればいいかも、
判断できたことなのでしょうね。

規制のことでは。まずなんといってもナイフのことが重要になってくるのだと思います。
アメリカでは銃乱射事件が何度も起こっておりますが、その度に銃規制のことが話題になります。
実際、ナイフの規制について既に言及があるようですし、まずはその方向の話が進むのでしょうね。
それと、ナイフ等を使った表現の問題。
さっそくテレビドラマが放送自粛になったりしていますが、当然、アニメーション、漫画、ゲームなども影響を受けることになるでしょう。
ハルヒ二期も、例外ではなく。

オタクがどうのということは、小さな問題だと思います。
社会全体にとって、とても大きな問題として様々なことを考えていかなければいけないことだと僕は捉えています。

この日は、愛知でも女子中学生が中年の男の通り魔に切りつけられています。
幸い怪我は無かったそうですが、恐ろしい事件です。
また同じ日、Jリーグナビスコカップの東京ダービーで、30代の男性サポーターがライバルチームのサポーター席で暴れる事件も起きています。
同じ日であったかは記憶していませんが、妻が夫を刺殺する事件もありました。

≫なんというかイライラを暴力的な衝動でしか解決できないというのは怖いですね。そういうものを押さえる理性というのが人間が人間たりえるものだと思うのですが………

仰る通りだと思います。人間が人間性を失ってしまうだけのものが、社会にある、ということなのでしょうね。

≫ストレスの溜まりやすい現代、被害者だけではなく、加害者になる自分というのも考えなくてはいけないのかもしれないなあと、少し落ち込みながら考えました。

重要な視点だと思います。自らが加害者にならない発想を持つことは、被害者を生み出さないことに繋がります。
それがつまりは他人事だと思わず受け止めることの一つなのだと思います。

僕自身も、常に自分を冷静に見れるようにありたいと思いますし、そのための努力をしていきたいと思います。

その上で、こうした横の繋がりを大事にしていきたいですね。

投稿: だんち | 2008年6月13日 (金) 02:27

こんにちは。mementoです。
この事件に関しては僕自身はもういうことがなにもなく、なにもいいたくないというのが本音なのですが、個人的にこの記事に感銘を受けたのでURLを記載しておきます。ご参考までに。

http://d.hatena.ne.jp/sk-44/

特定の誰かを殺す、という明確な意志のないまま殺す無差別殺人という行為は、人間を、その肌の感触に触れ、血の温かさを感じ、鼓動を聞くことで得られる、“実存”において認識するというよりは、ただの“情報”として認識するような、無感覚から生ずるものなのかもしれません。
情報ではなく実存としての他者を実感するということは、自分と同じようにその他者に命があることを実感し、その延長に他者と自分を含む社会があることを実感するものなのでしょうが、他者も社会も情報としてしか感じられないとあれば、犯人が孤独であったのは必然でしかないと、僕には思えます。
僕はこの犯人に同情しますが、同情することを自らに厳しく禁じたい気持ちもあります。僕も人並みに孤独は怖いですから。

だんちさんとのやりとりも2年を過ぎましたが、ネット上の、文字を介した交流であるにも関わらず、これが血の通った人間的な交流であったことに、僕は心から感謝します。だんちさんの絵と文章が、僕がときに抱えがちな孤独を癒す、大きな要素のひとつになっていたことは間違いありません。
表現者としてのだんちさんが、情報としての表現より“血の通った”表現を、これからもつづけられることを期待しています。それが僕を含む、多くの人の孤独を癒すことになるのですから。

投稿: memento | 2008年6月13日 (金) 12:57

>リューガさん、こんにちは。

≫ キレるタイミングが違ったら,日本中どこでも事件現場になった可能性があると思うと,恐ろしいです.

ホントにそうですね…。この日は愛知でも通り魔事件がありましたが、恐ろしいやら嘆かわしいやら…。
犯人が福井までナイフを買いに行ったのは、それだけ入手しにくいものだったということなのでしょうね。ナイフ等の販売について、規制も進んでいくことでしょうし、売る側もいろいろと考えることになるのだとは思いますが、自衛についても考えなくてはいけないのでしょうね。

その意味では、エンターテインメントは「社会的な自衛」だとも言えると思うんですね。「笑う門には福来る」なんて言うわけですが、世の中を明るくして人の心を少しでも前向きにして犯罪から遠ざけるツールになり得るものだと思います。
それは、お笑いとかギャグとかに限らず、様々なエンターテインメントで出来ることだと信じます。
僕の力は小さいものですけど、多くのエンターテインメント業の方々と、そしてリューガさんのように楽しく漫画などを見て下さる方々と一緒に、世の中を盛り上げていけたらいいなぁと思っております。

投稿: だんち | 2008年6月14日 (土) 03:24

>アガトさん、こんにちは。初めまして。コメントをありがとうございます。
妹さんのこと、とても心配だったと思います。何事もなくて本当に良かったですね。
仰られる通り、老若男女問わず心を病む方、とても増えているように感じます。その現状に対して何ができるのか…。考えさせられます。
こうやっていろいろ漫画なんかを描いているブログも、少しは見る方のストレス解消に役立っているとよいのですが…。
アガトさんには小学生の妹さんもいらっしゃるということで、車による送り迎えなど、自衛のことはいろいろと考えなくてはいけないことなのかもしれませんね。
うちの近所の小学校も登下校時に父母の方々がちょっとした警備などをしています。
僕にも小さい甥や姪がいるので、守ってあげられるよう自分にできることをしていかなければ、とやはり考えさせられます。
自衛をしつつ、世の中を少しでも良くしていけるように皆で努めていきたいですね。

投稿: だんち | 2008年6月17日 (火) 10:47

>mementoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
こういう事件の時に、何を思い、何を言うのかは、すごく難しいものがありますよね。ただそれでも、やっぱり感情の動きは抑えられないところもあって。
事件当日、午後1時頃、秋葉原に行ってらした蒼樹うめ先生のその時その場からの日記と、大勢のファンの方達が心配して書き込んでいるコメントを見ていたら、無性に泣けて涙がこぼれるのを抑えられませんでした。

仰られている「人間を情報として認識する」、というある種の「無感覚」は、昨今確かに顕著なものがあるのかもしれませんね。
その元を、スキンシップの欠如や欠落に求めることはできるのかもしれません。僕にも、実に覚えのあることですし。
他者や社会を情報として捉える、ということは「自分はあらゆることを情報化して、それを理解し使いこなすことができる」という傲慢そのものでもあるように感じます。
その辺り、僕らがアニメ感想などで時々言っている「感じることと理解することは違う」ということにも通じることなのかもしれませんね。
育ち方、教育のされ方によっては、「理解する」ということが、善悪でいうところの「善」になってしまうというか。「理解できない」ことがあるというのは、すなわち「劣等」であって、「悪」になってしまうのだと思います。
だから、あらゆるものを情報化して、理解できるものは「善」、理解できないものは「悪」として処理して自分を正当化する。
その傲慢さ。
僕らが上の世代に感じてきていたもののように、僕には思えます。
経済的に発展することと同時に極端に傲慢化が進んだ思想。その影響を受けた世代が生み出す次の世代にとっては、経済的な発展はごっそり抜け落ち、傲慢だけが残っていると言えるのかもしれません。

その意味でも、mementoさんが「同情する」という気持ちも非常に分かります。しかし、孤独の必然が傲慢にあったことを感じるにつけ、やはり「同情を禁じたい」ということにも同意です。
事件について直視することで、自分も精神的に少なからず被害を受けることを感じます。それでも、直視するしかないし、するべきだろう、とも思います。
それは、俯瞰する視点を許さないことでもあるのかもしれません。
だから。
彼が自らの命を惜しんだことに対し、僕はどうしても感情的にならざるを得ません。

≫だんちさんとのやりとりも2年を過ぎましたが、

もう、そんなになるんですね。こちらこそいつも温かいコメントをいただけて、こうしてつきあって下さって、ありがとうございます!
「血の通った人間的な交流」と仰っていただけて本当に嬉しいです。

≫だんちさんの絵と文章が、僕がときに抱えがちな孤独を癒す、大きな要素のひとつになっていたことは間違いありません。

ありがとうございます。本当に嬉しいです。
それは、mementoさんの方で心を開いて接して下さっていたからだと感じます。僕が何をしたいのか、どういう交流を望んでいるのか、mementoさんの方でこちらの態度や行間を読み取って尊重して下さっていたのだと思います。
だから、僕はすごく当たり前のように、mementoさんのことを大切な友人として思っていて、心の支えの大事な一人になっていただいております。

≫表現者としてのだんちさんが、情報としての表現より“血の通った”表現を、これからもつづけられることを期待しています。それが僕を含む、多くの人の孤独を癒すことになるのですから。

本当にありがたい励ましです。僕は、表現をすることを選択したつもりもありますが、それをするべきだと役割を与えられているのだとも思っています。…それしかできない、ということでもあるんですけれども。「血が通っている」と受け取っていただけている、ということは、大げさでなく、僕が生きている、ということの証明であるように感じることができて、とてもありがたいです。
拙いものではありますが、僕の表現が、見て下さる方々との「スキンシップ」のようなものになるのであれば、そして仰って下さっているように、見て下さる方々の心に少しでもポジティブな何かを提供することができるのであれば、本当に嬉しいです。

そして。多くの表現、エンターテインメントが、多くの人を楽しませて、人々の心を癒し、世の中を明るくすることを心より念願しています。

僕も少しでも力になれるよう、頑張っていきます。
これからも、見て下さいね。

投稿: だんち | 2008年6月19日 (木) 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/41471429

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫でしょうか?:

» 昨日の事件について [Speak Like a Child]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000009-yom-soci http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000049-jij-soci  すでに皆さんご存じのことかと思いますが、昨日の事件に関していくらか思ったことなどを。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 16:13

« 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」41~43ページ。 | トップページ | らくがき。 »