« 「とらドラ!」第16話を見た。 | トップページ | 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」64~66ページ。 »

2009年1月24日 (土)

やっちゃんと大河を描いてみた。

 こんばんは、だんちです。少し体調が悪めだったので、山ほど寝ました。寝すぎて腰痛い。風邪かなぁ。やだなぁ。
 テンション上げようと落書き。「とらドラ!」の泰子と大河で、麗しい家族愛っぽく。
*25日22時。ほんのちょこっとファイル修正。

Yasutai(リンク新窓)
 
 泰子が「家は三人家族」つって、大河を撫で撫でして「幸せになっちゃった!」と言ってるのを見て、「これは、おはようやらおやすみやら行ってらっしゃいやら行ってきますやらただいまやらのちゅーをしてるに違いない」とか思って。
 でも、泰子のちゅーはすげそうだなぁとか。舌使いとか。
 大河にちゅーして舌入れるのか!?わおぅ。

 何はともあれ、泰子を介して、竜児と大河は間接ちゅーをしてるってことで。

 
 ところで!「とらドラ!」、原作本編は手付かずなれど、スピンオフの「虎、肥ゆる秋」を読み進めております。春田!!春田!!春田ぁ!!!!!「春になったら群馬に行こう!」ちょー良かった!!!!!!ヒョーッ!!!!
 今度、春田と瀬奈を描きたい!!はぁはぁ。

 ゆゆこ先生は、ホント表現力すげぇっすね。分かりやすい表現を使いながら、とても臨場感があって。
 小説なんだけど、エッセイを読んでいるような。そういうリアル感、躍動感、生感があるんですよね。面白い!と思いつつ、同時に「上手えぇっ!!」って叫んでしまう感じです。
 上手いし、面白いし、観察眼がすげぇし。
 キャラクターの生きてる感じが、エッセイっぽい雰囲気を醸しているんでしょうけど、キャラクター達が、すごく大事に描写されていて、一人一人をとても応援したくなります。

 生み出したキャラクターは、もう、生きている人間なんだろうな、と感じます。
 だからこそ、「誰一人として不幸になんかするもんか!」という気迫や優しさを感じるし、「どいつもこいつも、簡単に幸せになんかなれると思うなよ!」という厳しさも感じます。

 それは、現実に生きて感じてきていること、見てきていること、周囲に対してできること、できないこと、様々なことを飲み込んで、作品として、物語として形にしている、ということなんでしょうね。

 物語は、現実のカウンターですから。
 そして、カウンターだからこそ、そこにメッセージを込められる。

 物語を作る人間の一人として、大いに勉強させられますし、刺激を受けます。
 こりゃ、早く本編も読まなければ!

 ではでは、またです!

|

« 「とらドラ!」第16話を見た。 | トップページ | 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」64~66ページ。 »

コメント

ご無沙汰しております。ФЕВです。
あけましておめでとうございます(旧暦だったらセーフなのではないでしょうか。あ、いや失礼いたしました。)そして更に今更なのですがHNを分かりやすく日本語にいたしました。リンクの変更ありがとうございます。
すみませんなんか後手後手で……。

エッセイのような雰囲気ですか、確かにそれっぽいです。原作の一人称でもなくさりとて三人称にしては視点が(いい意味で)曖昧な文体を何と例えたらいいのか、と思っていたのですが、確かにエッセイ的かも。
原作はここ数年で一番心をかき乱される作品でした……! オススメです。ぜひ。
かき乱されるといえばアニメ十七話はもうOPから何からずっと悶えながら観てしまいました。言葉にできない。でも(二次)創作意欲が湧くのです。

投稿: 二月(ФЕВ) | 2009年2月 5日 (木) 12:17

二月さん(ФЕВさん)、こんにちは。コメントをありがとうございます^^
こちらこそご無沙汰していて新年のご挨拶もせず申し訳ありませんー。改めまして、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします^^
HNの件、サイトを拝見した時に変更のことが書かれていたので修正いたしましたよー。

>エッセイのような雰囲気ですか、確かにそれっぽいです。原作の一人称でもなくさりとて三人称にしては視点が(いい意味で)曖昧な文体を何と例えたらいいのか、と思っていたのですが、確かにエッセイ的かも。

そうなんですよね。僕はまだスピンオフだけですが、視点を固定しすぎないで柔軟に見せてくるところは意識的だと感じます。すごく「語って聞かせる」感じがあって、柔らかく伝わってくるところがあるように思えるんですね。言葉の選び方もすごく気を遣って書かれてますよね。
「虎、肥ゆる秋」を読んで特に「こんなことがあってさ」というニュアンスをすごく感じて「エッセイ的だ」と感じたんですが、僕はこういうの、すごく好きです^^
原作本編もじっくり読んでいきますよー!
新OP、EDすごくいいっすよね!!
スピンオフだけとはいえ、少しばかり原作に触れてみて、あの新OPがとても原作の持つ何かを表現していることは僕にも感じられましたし、今後の展開や、彼ら彼女らの人生に起こること、そして「意思を持って起こすこと」を感じることができて、興奮を抑えることができません!
二次創作意欲、湧きますね!SS、漫画、イラスト、いつも楽しませていただいております^^
僕も原作をしっかり読みつつ、思いついたらいろいろ描いてみたいなぁ。

ではでは、またです^^

投稿: だんち | 2009年2月12日 (木) 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/43836503

この記事へのトラックバック一覧です: やっちゃんと大河を描いてみた。:

« 「とらドラ!」第16話を見た。 | トップページ | 古泉VSキョンバトル漫画。「虹」64~66ページ。 »