« 本日はよろしくお願いいたします! | トップページ | 同棲キョンハル四コマ。その4。 »

2009年4月27日 (月)

「COMIC1☆3」では、ありがとうございました!

 こんばんは、だんちです。昨日の「COMIC1☆3」では、スペースまで来て下さった方、本を見て下さった方、買って下さった方、差し入れを下さった方、一声かけて下さった方、皆様、ありがとうございました!!
 おかげさまで、とても楽しいイベント参加となりました。
 一般参加の皆様、サークル参加の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした!!

 当日の感想や、今後のことなど、ちょっと書いてみたいと思います。

 ↓まずは、当日間に合わなかった突発とらドラ本の下書き。
大河を襲うみのりん

 絵を見ていただければお分かりのように、これ、僕ではなく、ハム粉さんが描いております。ハム粉さんは、「涼宮ハルヒさんの危険な愛体験4」でウンコの仕上げをして下さって、神懸った画面にして下さった方でございます。
 今回は間に合いませんでしたが、夏コミでスペースが取れたらプリントアウト本で出したいと思っております。
 僕もこの本では8ページ程エロ小ネタを描く予定です。
 
 
・当日

 オフセットの本を出すのは今回まだ二回目で、朝会場入りしてスペースに届いている新刊の箱を開けるのは、緊張の一瞬でございます。
 でも、二回目の表紙オンデマンド印刷だったので、「こういう塗り方が合うんじゃないかな?」と思って塗った表紙が非常にイイ感じで印刷されていて、ガッツポーズですよ!ユーライトという紙だったんだけど、いい具合でした。
 中身もいい感じで刷っていただけて。
 とても充実した気持ちで頒布物のセッティングをすることができました。

 そして、「涼宮ハルヒさんの危険な愛体験」の完結本を出すことができて。
 多くの方に手に取っていただけて、買っていただけて…。

 読んでいただいた時に、どのように思っていただけるのか。楽しんでいただけるのか。

 不安もあるわけですが、どうかお手元の本が、少しでも、そして何度でも、買って下さった方を楽しませるものであることを心より願っております。

 
 僕は、イベントが開始してしばらくはちょっと出歩いておりまして。なので、スペースにいなかったのですが、その間に、「完結おめでとうございます」というお言葉と共に、差し入れを下さった方がいらっしゃったとのこと!!!!
 確かに頂戴いたしました!!!!素敵な差し入れを、本当にありがとうございます!!!!
 直接お礼を申し上げることができなくて、本当に申し訳ありません。「愛体験」シリーズは2006年の夏に最初の無印を出していますので、ずいぶん長いことかかってしまったのですが、それでもずっと応援していただけて、完結を祝っていただけて。描いてきたものを楽しんでもらえていたんだと実感することができて、とてもとても嬉しいです!!
 この喜び、嬉しさを糧に、これからも、もっともっと漫画を描くことに励んでいこうと思います!
 繰り返しになりますが、ありがとうございました!!!!

 
 「~愛体験」を完結させるに当たって、苦しむこともありました。

 今年の花粉があまりにも酷かったり、仕事のスケジュールが予想外に遅れてしまったりもあって、今回は出せないかも、と思って諦めかけたこともありました。

 布団の上で丸くなって、「こんなんじゃ、楽しく描けないよ…」と泣き言をつぶやいたりもしました。

 それでも、どうしても諦めたくなかったのは、やっぱり、今まで見てくれていた人達がいて下さったからだと思います。
 「これを読んで欲しい」「これを届けたい」
 という、そういうネームを描くことができたのも、やはり、見て下さっていた方々のおかげだと思うんですね。
 以前、描き手は読み手に育てられるし、作品に描き手の人間性が反映するのであれば、読み手の方の人間性も反映されていく、と書いたことがありましたが、そういうことなんだと思います。

 そうそう!
 自分の中でとても印象的だった出来事もあって。

 作業に集中するため、ブログの更新ペースを落としたわけですが、特に何も更新していなかった4月14日。WEB拍手がびっくりするくらい、ものすごく沢山押されていたんですね。
 特にコメントは無かったのですが、作業の合間に何度かWEB拍手のチェックをすると、その度に押されている拍手の数がどんどん増えていて。
 ものすごく、応援されている気がしました。
 ホントに涙出るかと思いました。ものすごく嬉しかったですし、とても支えになりました。
 拍手を押して下さった方、本当にありがとうございました!

 おかげさまでモチベーションを切らすことなく取り組み続けることができて、〆切数日前になって、一気に花粉が楽になったこともあって、頭を使ってスケジュールを組み立て直して、仕事も無事終わらせて、「~愛体験4」も描き切ることができました。
 終わってみれば、とても楽しい数日間でしたし、幸せな数日間でもありました。

 その楽しさ、幸せは、読んで下さっている皆様からいただいたものと、心より感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

 
・反省点と通販について 

 そんな幸せな気持ちを味わうことのできた「~愛体験4」。
 やり切った満足感と、多くの方に買っていただけた幸せも感じつつ、反省点もあります。

 僕は、ついついどうしても長い話を描いてしまうのですが、連続したストーリーを同人誌で出していくことは、読んで下さる方にストレスを与えてしまう部分があるようにも感じました。
 年に一回か二回しか新刊を出せなかったりすると、続きを読むために長いこと待っていただくことになりますし、しかもスペースまで来ていただいた時に「売り切れ」だったりすることもありますし。

 自分の性質として、どうしても長いネームを描いてしまう、というところは仕方がない部分もあるとは思うのですが、それでも、一冊の中で完結させて楽しんでいただけるものを生み出すことも、考えなければいけない、と感じました。

 まぁ…そうは言いつつも、「『愛体験』が終わったし、次は『虹』の同人誌化だな!」とか思ったりしてるんですけども…。

 いやいやいや。一点ものもちゃんと考えます。
 連続ものと、一点もの。それを同時か交互か、バランスさせて作っていくことができたら…。

 そのあたり、いろいろと考えていこうと思っております。

 
 通信販売についてですが。
 自家通販をしていこうと思っております。
 「涼宮ハルヒさんの危険な愛体験4」と「涼宮ハルヒさんの小ネタ集~比較的健全版~」を。
 送料のことなど調べてから、改めて告知をさせていただきますね。

 あと、「涼宮ハルヒさんの危険な愛体験」の無印から3までは、いつオフセット化できるか、正直まだ分からないので、ダウンロード販売を先行させることを考えています。
 ダウンロード販売のサイト様に近日中に登録させていただけたら、と思っております。
 これも、詳細が決まりましたら改めて告知させていただきますね。

 Melonさん(リンク新窓)が合同誌として発行して下さった「大好きなハルヒだからいじめたくなるんじゃないか。」は書店委託があります。詳細が分かり次第お知らせさせていただきますね。
 Melonさんは5月3日の「SUPER COMIC CITY 18」にもサークル参加されます。そこでの頒布もありますので、お立ち寄りの方はどうぞお手に取って見てみて下さい!スペースは「東2ヒ3a」とのことです。
 
 
・アフターなど諸々

 COMIC1☆3の後、maepyさん(リンク新窓)主催の打ち上げに参加させていただきました。
 多分、僕は最高齢の部類なんだろうなぁと思うんですけど、ハタチくらいの子達もいる飲み会に参加することは、学生の頃を思い出すようで、とても楽しいです。

 席がちょっと外れていたんだけど、六人掛けで、ちょうどそこに、ポクロウタさん、R254さん、さなこさん、猪さん、ハム粉さん、僕、とスペースが隣同士だったメンバーで固まったので、アフターのプチオンリー状態になってました。
 R254さんは、そのハンドルをどう読むのかずっと気になっていたのですが直接伺うことができて良かった!
 書かれているSSの、気持ちのいい文章のままの方でした。
 さなこさんはあまりお話できなかったのですが、帰ってからサイトを拝見させていただいたらば、なんかえらくツボなSSを書かれていて。ショウジキタマリマセン。
 猪さんは、「スカトロ苦手なんですよ」と言いつつも「愛体験」の完結を祝って下さって、お土産も下さって。なんていい青年なんだ…。はっきりものを言う方でとても話しやすい方でした。

 そして、今回、ネームを押し付けさせていただいたポクロウタさんですが、ゆっくりお話したのはこの日が初めてでした。
 非常に頭の回転の速い方で、「ボキャブラリーがなくって上手く言葉が出てこないんです」とご自分では仰ってましたが、むしろ、感覚の捉えるスピードや頭の回転の速さに言葉がついてこないところがあるのでしょうね。
 「感覚に対する確信」というものをはっきり持っていて、喜怒哀楽をすぱっと出す方だと感じました。

 漫画を描いて欲しい、と思ってネームを描かせていただいたのは、ポクロウタさんの「表現力」にとても魅力を感じたからです。サイトで描かれていた笑顔のハルヒが本当に無茶苦茶素敵で。
 お話させていただいて、その表現力は、感覚や感情に対して確信を持っているからこそ、なんだろうなと思いました。
 描いていただいた漫画を拝見しても、全然迷いがなくて。やはり、画面に「感情」や「感覚」がある。

 ネームをお渡しした際に、一つ一つのシーンの細かい解釈についてお伝えするかどうか、ちょっと迷ったことがありました。
 最初、メールで「このシーンはこういうことで、ここでの感情はこうで」とか書こうとしていたんだけど、結局僕はそれを送りませんでした。ポクロウタさんの感覚に任せて、それを見てみたい。と思って。
 そして出来上がったものは、解釈をお伝えしなかったからといって「ただネームをなぞったもの」になるようなことはまったくなく、キャラクターの感情や感覚がそこに存在している一つの作品として成り立ったものになっていて、ネームを描いた僕も、一人の読者として心から楽しませていただきました。

 具体的に言うと、「表情」なんですね。

 絵が上手い方は、沢山いらっしゃると思うんですよ。
 でも、「表情を描ける」という人は、そんなに多くはないんじゃないか、と思ったりもするんです。

 ポクロウタさんは「伝わる表情」を描ける方だと僕は思います。

 そんなポクロウタさんに、漫画を描いていただけて、改めて本当に嬉しく思います。
 同時に、もっともっと沢山ポクロウタさんの漫画を読みたい!
 そう思わされました。
 なので、またネームを押し付けたいとか思ったりしております。

 また打ち合わせをさせていただいて、詳細が決まりましたら、お知らせさせていただきますね。

 
 ところで。
 なんでヘンタイな漫画ばっか描いてるだんちがポクロウタさんにネーム描いたりしてんだ?と思われた方もいらっしゃったかもしれませんね。
 というか、いました。
 開場前、maepyさんにお会いしたら、「何ネーム描いてるんですか!何の繋がりですか!」といきなり言われました。
 飲み会の時も、「こんな変態ですよ?」とポクロウタさんに正確な僕の情報を伝えようとしておりましたが、大丈夫大丈夫。僕の方からポクロウタさんにすげぇ変態なの描かせようとか、ないですから。
 だから、もし万が一ポクロウタさんがおもらしで感じちゃうハルヒを描いたりしても、それはポクロウタさんの意思ですから。

 っていうか、maepyさんだって立派な変態なのにねー。

 それから、龍泉堂奇譚(リンク新窓)の蔵人さんともお会いしました。
 遠いところ参加されてお疲れ様でした!お会いできて良かった!
 非常に純粋なお人柄がにじみ出ている方で、やはり作品から伝わってくる印象のままの方でした。すごく、いい人な感じがあって、悪いことさせたくなっちゃう。
 別れ際、握手してハグしたんだけど、ネットでやりとりしてた人と直接触れ合えるのは、とても素晴らしい経験でございます。

 あと、ぱんつ王(リンク新窓)が「虹」のパロディ描くっつってた。本気にして待ってるぜ!

 他にも多くの方とお話させていただいて、絵や漫画の描き方のことなど伺ったり、いろいろと有意義な一日でございました。

 
 楽しかったこの日のことを糧に、これからもまた、止まることなく、様々なことをしていきたいと思います。
 皆様。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!

 それでは、長い上にまとまりませんが、この辺で。

 またです!

|

« 本日はよろしくお願いいたします! | トップページ | 同棲キョンハル四コマ。その4。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/44811557

この記事へのトラックバック一覧です: 「COMIC1☆3」では、ありがとうございました!:

« 本日はよろしくお願いいたします! | トップページ | 同棲キョンハル四コマ。その4。 »