« 同棲キョンハル四コマ。その30。 | トップページ | 作業。時々。語り。 »

2009年11月20日 (金)

冬コミ準備。作業雑記。あとSS「豆乳とハルヒ」

 こんばんは、だんちです。仕事と冬コミ準備を毎日しております。
 そんな中、ついったで戯れに書いたSSをちょこっと手を加えて転載。あと、描いてるものを貼っつけつつ、雑記。

**********

・豆乳とハルヒ

 昼休み終了間際。教室の自分の席でハルヒが紙パックの豆乳を飲んでいる。
「お、豆乳。好きなのか?」
 飯を食い、ひとしきり遊んだ俺は自分の席に戻りつつ声をかける。
「好きなわけないじゃない。こんなマズイもの」
 ハルヒは三白眼になり、鼻をぷくぷくと膨らませ、口を歪めた。面白い顔だ。心のメモに永久保存しといてやろう。
「マズイのに飲むんだ?」
「美容と健康のためよ。良薬口にってヤツね」
 今度はちょっとほっぺを膨らませて、肌つやの良さを誇っているらしい。是非機会を作ってじっくり触らせてもらうとするか。
「ふーん。そういや、豆乳って古くなるとザーメンの味するって言うよな」
 ふと俺は、どこかしらで聞いた情報を口にした。
「ぶふっ!!何言い出すのよ!!飲めなくなったらどうすんのよっ!!」
「うちの妹も毎日飲んでるな」
「ちょっとっ!!毎日って…何飲ませてるのよあんたっ!!!!」
 ハルヒの顔がなぜだか真っ青になる。
「小学生のくせに、美容とか気にしてるのかねぇ」
「あ…うん。そうね、うん、妹ちゃん、きっと美人になるわよ…」
「そうかねぇ」
「……」
 今度は顔を真っ赤にして黙り込んでしまった。
「……」
 うつむいてちびちびと豆乳を飲むハルヒを、俺は眺めた。
「……」
「エロハルヒ」
「!!!!!!!!こ…のっ…バカキョーン!!!」
 それから、ハルヒは毎日顔を赤らめ恥ずかしそうに豆乳を飲むようになったのだが。そんな顔、他のヤツらにも見せるのはあまりにももったいない。
 豆乳を飲む時は、俺と二人だけの時にしろ。と言いたいが。
 聞いてくれるかな。

END

**********
 
 なんてなことを書いたりしつつも、冬コミに向けた作業を進めております。
 DL販売用に準備しているハルヒの飲尿もの(2~7ページの下書き。18禁)を、プリントアウト本にして出そうかと思っております。
冬コミ準備中

 下書きをスキャンして台詞打って描き文字書いて。さー、ペン入れするぞー。

 あと、普段ストーリーとか関係なく描いて溜め込んでる妄想画なんかも、巻末とかに入れようかと。
Roughga01
Roughga02
 こんな感じの。ここにはアップできないようなのも。

 ハルヒ本はこれを出して、「BabyDog」出して、こないだの「わんわん♪あーさん」とで、冬コミ初売りは三冊が目標。
 飲尿ハルヒは今回は前編。「BabyDog」も前編。また、続きものであります。
 あと、もし可能だったら、「首輪と脱糞」っていうテーマでハルヒと佐々木の本も出せたらなぁとか思ったりはしてるんだけど。きっと難しい。
 今回、新刊は全てプリントアウト本。
 プリントアウト本はやめるって言ってたんだけど…。今回はまたちょっとプリントアウト本中心で、と思っています。今後の本の出し方もいろいろ考えていかないと。「愛体験」のオフセット化も進めなければ…。

 
 スキャンしてた時に目に入ったので、練習したものも一枚。
Renshugirl
 練習楽しい。
 女の子描くの楽しい。
 もっと練習するぞー。

 諸々作業進めていって、またなんやかんやとアップしていきたいと思います。
 ではでは、またです!

|

« 同棲キョンハル四コマ。その30。 | トップページ | 作業。時々。語り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/46806574

この記事へのトラックバック一覧です: 冬コミ準備。作業雑記。あとSS「豆乳とハルヒ」:

« 同棲キョンハル四コマ。その30。 | トップページ | 作業。時々。語り。 »