« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

同棲キョンハル四コマ。その65。

 こんにちは、だんちです。同棲キョンハル四コマ漫画、その65を描きました。昨日のその64の続きです。
*キョンとハルヒの二人が大学生になり、恋人として同棲している設定です。

続きを読む "同棲キョンハル四コマ。その65。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

同棲キョンハル四コマ。その64。

 こんにちは、だんちです。同棲キョンハル四コマ漫画、その64を描きました。
*キョンとハルヒの二人が大学生になり、恋人として同棲している設定です。

続きを読む "同棲キョンハル四コマ。その64。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

朴と出雲が○●○を一緒に舐めて…

 こんにちは、だんちです。
 今週の青エクまだ見れてないけど、朴と出雲を描いてみた。

○●○を舐める朴と出雲
朴と出雲
(ポップアップ表示)

 何を舐めてるのか?
 答えは「続きを読む」以降に。

続きを読む "朴と出雲が○●○を一緒に舐めて…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

朴朔子が可愛くて。

朴朔子

 「スラムダンク」なら藤井さん。「よつばと!」はしまうー。
 そして青エクは朴朔子。
 好みのタイプは常に一定のこの安定感。
 こんにちは、だんちです。

 問題は朴でどんなエロを描くのか。
 やはり屍(グール)×朴か。
 出雲が相手の場合、朴は完全無欠の攻めキャラだし。
 それはそれでいいんだけども。

 ところで、暑いですね。
 寝てるとすげー汗かいて、汗の匂いで目が覚める。
 やせちゃうー。
 でも、夏って代謝が落ちるから痩せないらしいね。

 そうそう。
 思い立って最近「片足立ち」をちょいちょいやってみてるんですよ。
 最初はもうびっくりするくらいフラフラして。
 モモカンに爆笑される体幹の弱さ。
 それでもしつこく、ちょっとした時間の合間に片足立ちでバランス取る運動を続けてみたら、ちょっと体型がスッキリしたような印象。
 体の歪みが矯正された?
 体幹は全然詳しくないけど、片足立ちはいい運動なんだろうね。
 体幹といえばインテル長友。
 長友が体幹トレーニングの本を出したら是非欲しい。…出してたっけ?どうだっけ。

 節電の夏とはいえ、皆様熱中症などにはお気をつけて!
 ではでは、またですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

朴朔子ちゃん。

朴朔子

 襲われなければ、着替えシーンやお風呂シーンなど、朴のお色気シーンがあったのかもしれないのに。

 こんにちは、だんちです。
 青エク、努力友情勝利の話なので、とても気に入って楽しく見ております。

 売れるもので面白いものにしよう、という心意気を感じる作品で、すごいなぁと思っております。
 個人的には、「あぁ。和製ハリー・ポッターを作ろうとしてるんだな」と感じてるんだけど、モチーフをよく料理していて、丁寧かつ大胆で、しかも分かりやすいというのは、実際鳥肌もんだな、と。
 いったいどんな打ち合わせを重ねてきたのか。
 加藤先生と担当さんとの打ち合わせを見学したい。

 それはそれとして朴朔子。
 「朴×出雲」を僕は推します。

 ではでは、またですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

壁なう

壁の前にいる。
苦しさと同時に、変な高揚感がある。
そうか、これが「恍惚と不安」ってやつか。
前田日明はいいこと言う。
太宰じゃなくって前田ってところが世代なのか。

壁を越えられないで逃げると、結局なんでもかんでも人のせいにする。
腐ったことばっかり言う。

それは、やだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

なう

産みの苦しみ中なう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

「うさみみ」再開をずっと待っていました。

 声しか知らない。

 演技や歌声、ラジオでのしゃべりしか知らない。

 だけど、涙が止まらない。

 ファンなんだ、ということを改めて実感する。

 悲しさと同時に、喪失感がとてもある。
 なぜなのか。
 涙を流しながら、そのことを考える。

 その声が、聴く人の傍にあるように、そういう演技、しゃべり方をされていたのかもしれない。

 以前、ラジオで話されていた演技の話が印象的で配信中何度も聴いた。
 「自転車を自分で漕ぐ」という例えで演技についての役者の「一線」、スキルについて語っていた。
 正確な内容は覚えていないけど、漫画を描く上でとても参考になると思って、どういうことなのか分かりたい、と心から思った。

 今感じていることとそのこととは別かもしれないけど、通じている部分があるようにも感じる。
 喪失感があるということは、ここにあったということ。
 つまり、そこに置く、預ける、渡す。差し出す。そこまで、行く。

 存在させた上で、感じさせる。

 そういう表現する上での「一線」。
 それは、漫画でもあることだと思う。

 改めてDVDなどで彼女の演技に触れ直して、ここに「来て」もらって、また多くのことを感じて学びたい。

 一方的に勝手に尊敬していて、表現者のハシクレとして、作品を通して多くのことを学ばせていただきました。
 ありがとうございました。

 これからも、僕はあなたのファンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

「コミックマーケット80」にサークル参加させていただきます。

夏コミ受かりました!

 こんばんは、だんちです。
 夏コミ、抽選に受かりスペースをいただきました。

 サークル名「関東WILD CHICKEN」。
 スペース「日曜日。エ-15a」。

 現在ダウンロード販売用に準備している作品「人間便器志願少女・愛田加奈1●歳(仮)」をCD-Rに焼いて新刊として持って行く予定です。
 自分なりに意欲作で、気合いを入れて作っております。

 が、この作品「食糞」がテーマの作品なんですね。いわば「ハードエロ」というか、うーん…「エログロ」ということになっちゃうのかな。
 なので、そういう作品が置いてあるスペースに足を運ぶこと自体、人によってはちょっとハードルが高くなってしまうかもしれないなぁと思ったりしています。

 ただ、僕が描くものなので。
 陵辱とかバッドエンドとかはなく、キャラクターにとって意味のある出来事として描いています。
 もし良かったら、僕を信じて、見てやって欲しいなぁと思います。

 「妄想界の住人は生きている。ぶらっく!」の方に冒頭4ページや作品の詳細などアップしています。
 この作品に関しては、基本「ぶらっく!」の方で紹介するようにしています。

 「BabyDog」の続きも描きたいですが、今はこの作品に集中しているので、これを完成させてから取り組みたいと思います。

 今、「食糞」を描いているのは、「先に進む」ためだと感じています。
 ただの「直感」で、「先」なんて無いかもしれないし、進めないかもしれない。
 でも、乗り越えたいんですね。

 描くためのタブーが減るというか、より自由度が増すんだろうな、と感じています。
 主に「思考」に関する部分で、頭から「枷」が取れるということなのでしょう。
 それは、「選択肢が増える」とか「幅が広がる」とか、そういうことの根本にあるもので、言葉にするとやっぱり「より自由になる」という感じなのだと思います。

 そう考えてみると、描いていること、キャラクターにさせたいことも、テーマは同じなのかもしれないな、と感じます。

 今描いているこの作品を見てもらえることが、とても楽しみです。

 「Babydog」の続きも必ず描きます。夏コミに間に合うかどうかは分かりませんが、一つ一つ向き合って、取り組んで、乗り越えていきたいと思います。

 夏コミ、どうぞよろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

ペルソナ4の花村と千枝の漫画。

 こんばんは、だんちです。
 「ペルソナ4」の花村と千枝で2ページ漫画を描いてみました。
 この漫画の続きです。

「墓場まで持って行く秘密」
ページ1
花千枝
(ポップアップ表示)

ページ2
花千枝
(ポップアップ表示)

 乙女な千枝と最低な花村を描きたくて。

 順調に付き合って同棲とかして、そこに大きくなった菜々子が恋愛相談とかにきて、その話の流れでいつどうして好きになったのかを千枝に追求されたりして揉めに揉めて欲しい。

 俺の妄想ではその時点で堂島とりせがなんでだか結婚しててりせが菜々子の継母になってるというミラクル設定。りせは年上じゃないとつりあわない気がして。
 菜々子は番長と遠距離恋愛するルート。

 アニメ楽しみー。
 ではではまたですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »