« 逆にいっそのこと。 | トップページ | きっとまた、殻をやぶった。 »

2012年5月 4日 (金)

やっぱり買っていただけるのは本当に嬉しい。

 こんばんは、だんちです。
 ダウンロード販売用描き下ろし作品「女子校生露出調教~杏奈1●歳~」をお買い上げ下さった皆様、ありがとうございます!
 何度でも楽しんでいただけますことを、心より念願しております。
 エロで調教でSMなんだけど、杏奈とご主人様の関係性はホッコリできるものでもあると思います。エッチな気持ちになりつつも、どこかホっとしていただけたらいいなとも思っております。

 やっぱり、買っていただけることは本当に嬉しいですし、力になります。

 ダウンロード作品は各販売サイト様に、過去描いた作品も多数置いていただいているのですが、そういったバックナンバーにも興味を持っていただいて買っていただくこともあり、これまた本当にありがたく嬉しいです!

 描いた作品は、過去のものであっても自分にとっては大事な作品で。
 それこそ、自分が死んだって作品にはずっと残ってて欲しいと思うくらいです。
 だから、過去のものを読んでいただけることも嬉しさで胸がいっぱいになります。

 とはいえ。
 やはりお金がかかるものなので。
 「見てみたいけど、どうしよう」と躊躇されている方も多いかと思います。
 こちらも、なるべく値段を抑えるとか、サンプルを多く見ていただいて検討材料を増やすとかいろいろ努力をしていきたいと思っております。

 そういったわけで。
 以前、「百円便器物語」という100円作品を作りましたが、また100円作品を作ろうと思います。

 …また、飲尿ものなんですけども…。
 自分が欲するものを描くと、どうしてもそうなってしまうようで。

 その作品で描いているのは↓の娘。

まみ1●歳

 今まさに描いていて、基本画像は10枚。

 今描いている絵のテイストの作品を多くの方に見ていただくこと、飲尿もの作品の良さが少しでも広まればということなどを考えて最安値で販売する予定です。

 近日販売開始できると思います。
 また改めて告知させていただきますね。

 最近、エロ作品関連の話ばかりで恐縮ですが、でも見ていただけたら僕が描くものはやっぱり僕が描くものだと分かっていただけると思います。
 僕はやっぱり人間を描きたい。
 「便器」とか「牝奴隷」とかいう言葉も作中には山のように出てきますが、それは人間だからこそのことで。「関係」のあり方、見え方として描いています。
 だから、「陵辱」を僕は描くことができません。だって、そんな悲しいもの、描きたくないよ。

 いろんな作品を、少しでも多くの方に見ていただいて楽しんでいただけたら、と心より念願しております。
 ではでは、またです!

********************

 ニューテイストで描いた意欲作にして最新作、「女子校生露出調教~杏奈1●歳~」をどうぞよろしくお願いいたします!

 DLsite様の販売ページ
 DMMアダルト様の販売ページ
 メロンブックスDL様の販売ページ
 DiGiket.com様の販売ページ
 Gyutto.com様の販売ページ

|

« 逆にいっそのこと。 | トップページ | きっとまた、殻をやぶった。 »

コメント

>「陵辱」を僕は描くことができません。
同じくです。勿論、好きな人を否定はしないんですが「プレイ」を
超えちゃうと悲劇になっちゃうんですね。
当然、そういった「悲劇」も物語なんでそういったのは書きたいし
書きますけど「・・・どう?気が済んだ?」という被虐者の腕の中に
崩れ落ちて泣きわめく加虐者なんて「人間の原罪」ってな
重たいものになっちゃいます。

投稿: и | 2012年5月 4日 (金) 13:53

>иさん、こんにちは。コメントありがとうございます^^

同じ書き(描き)手として、同意嬉しいです^^
「人間の振る舞い」として描くならば、どうしたってものすごく重いものになってしまいますよね。
自分が描くことを想像してみましたが。
エロとして成り立ったとしても、キャラクターに絶対に感情移入できないから、途中で飽きてやっぱり描けないだろうな、と思いました^^;

「関係」としてのエロ。「人間」だからこその調教。
そこにある興奮や気持ちよさをもっともっと表現できるよう、精進していきたいと思います!

投稿: だんち | 2012年5月15日 (火) 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/54625088

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり買っていただけるのは本当に嬉しい。:

« 逆にいっそのこと。 | トップページ | きっとまた、殻をやぶった。 »