« これもチャンス。 | トップページ | 同棲キョンハル四コマ。その81。 »

2013年6月24日 (月)

ザッケローニ監督の采配に対する僕なりの理解。

 こんにちは、だんちです。
 コンフェデ杯、日本代表は全敗で終わりとても残念でしたが、W杯に向けて強化ポイントが明確になってよい大会だったのではないでしょうか。
 それにしても、ブラジル人観客が味方になってくれたのはありがたいですね。
 ブラジルでは日本のアニメなどの文化が愛されているということは聞いてはいましたが、日本へのシンパシー、関心はかなり高いものがあるんですね。
 来年、是非ホームのような雰囲気で戦えるといいですし、その分、どこになるかは分かりませんがキャンプ地の方々に対しても代表はファンサービスをして欲しいし、僕等もリスペクトを持ってコンタクトできるといいな、と思います。

 「続きを読む」以降に、今回の日本代表の3試合を見て感じたことを書いてみようと思います。

・勝者のメンタリティ

 さて。
 日本代表のサッカーの中身ですが。
 ザッケローニ監督がメンバー固定で疲労の見える選手を酷使したり、選手交代が遅かったりで、批判も出ているようですね。

 僕は現時点ではザッケローニ監督支持です。
 彼のコンフェデでの選手起用は僕なりに理解できますし、本大会に向けて彼がアイデアを持っているのかいないのかは、これから分かってくることだと思うからです。

 その「僕なりの理解」の前に、日本代表の戦いぶりについて思うのは「やはり勝者のメンタリティというのは簡単なものではないんだな」ということでした。

 ブラジル戦の後半立ち上がり。イタリア戦の後半立ち上がり。メキシコ戦の後半立ち上がり。
 相手がハーフタイムでメンタルと戦術を修正してくると日本は失点する。
 ブラジル戦は前半もやられたけど、強豪が前半を慎重に戦ったり、あるいは気合いが乗ってなかったりした時にはそれなりに戦えたりするけど、ハーフタイムを挟むと相手はリセットされる。
 そこをしのげない。
 やられる。

 それは、南アフリカW杯のオランダ戦と同じだな、と感じます。
 あの時はカメルーン代表とデンマーク代表が実際はそれほど「強豪」ではなく、カメルーンはチームが壊れていて、デンマークは普通でした。
 だけど、準優勝チームのオランダだけは間違いなく強豪で、勝者のメンタリティを持っていました。
 前半は日本代表がなんとか0-0でしのいで、だけど後半、日本が何だかふわっとゲームに入ってしまい、ミスから早々に点を奪われた。
 そしてそのままオランダに勝ち切られた。
 あの時は惜しいゲーム、惜敗と思ったけど、今回のブラジル戦、イタリア戦、メキシコ戦と失点の仕方は一緒なんですよね。
 一流国相手、いわゆる「勝者のメンタリティ」を持っている国と戦うと、必ずといっていいほどそういう負け方をしているんだな、と改めて思います。

 岡田監督もザッケローニ監督も、当然ハーフタイムに指示を出したり気合いを入れ直させたり、いろいろしたと思いますが、ハーフタイムを挟んだ強豪の方が常にそれを上回る。
 それはおそらく、日本選手が持つメンタリティの問題。最近言われる「勝ち癖」というところの差なのでしょうね。

 後半に入って強豪の「勝ち癖」「勝者のメンタリティ」にやられる。

 こういう負け方は監督が代わっても一緒ですし、おそらくこれからも簡単には変わらないでしょう。
 勝利を重ねていくことで少しずつ改善されていく部分なのでしょうね。

 逆に、五輪でブラジルやスペインを破ったり、W杯でカメルーンを破ったりした時はどういうサッカーだったかというと、どれも初戦で、テンション高く走って守って相手のミスやワンチャンスをものにする。という共通点があるように思います。
 その経験値、記憶は大事にしていけるといいのでしょうね。
 「日本は強豪と当たっても初戦は勝つことが多いんだぜ!」って感じで(わざと「多い」と言ってしまう)。

・「守備力」という基準

 ザッケローニ監督の選手起用についてですが。
 ブラジル戦を踏まえて、それ以降の2戦は「ディフェンスに難のある選手は使わない」「交代させる」という姿勢がハッキリ表れたように思っています。

 日本のサブメンバーは、パワープレー要員としてハーフナー選手。ディフェンスのバックアップ。守備MF、攻撃MFのバックアップ。サイドの攻撃的選手。
 いわゆるスーパーサブはいなくって、基本はバックアップで構成されていると思います。
 だから、選手交代もコンディションを見て同じポジションの選手を入れ替える場合が基本になる。
 別ポジションの選手を入れ替える場合でもスライドさせてバックアップを完成させる。

 そんな中でも、攻撃的な変化をつけられる選手として清武選手、乾選手が挙げられると思います。
 彼らはブラジル戦に出場しましたが、それ以降は出番無し。
 乾選手の出番は少しだけで分かりませんでしたが、清武選手は守備が軽い印象で、抜かれてもフルスプリントで追いかけない姿勢が気になっていました。すると、後半早々に交代。

 イタリア戦の酒井宏樹選手は内田選手のコンディションを見ての交代なのか、空中戦での高さを求めてのものだったのか。
 続くメキシコ戦では宏樹選手は先発しましたが、連携不足によるものか判断が遅い印象がありました。レイトタックルが多くイエローをもらい、センタリングも上げさせてもらえない。
 彼のサイドから質の高いクロスを上げられることが多く、失点もあり、交代。
 その後、吉田選手が入り3-4-3になり中盤のサイドに長友選手、内田選手。
 短い時間でしたが、ザッケローニ監督の守備に対する感覚といいますか、求めているものが見えたように思います。

 サイドの攻防で抜かれない。
 抜かれても最後まで追う。
 センタリングを簡単に上げさせない。

 そういう、基本的なことを何度も繰り返せる、根本的な守備力。

 長友選手が怪我をしてしまい、準備していた中村憲剛選手が入って4-2-3-1に戻りましたが、憲剛選手が入るところにも「守備ができる選手」「守備に不安がない選手」という基準があってのことだな、と感じました。

 ブラジル戦で見極めをして、それ以降「守備力」を基準に選手を起用する。
 そういう一貫性を僕は見ていて感じて、だから選手交代を見て「どういうこと?」と思うことはなく「なるほど。そういうことか」と受け止めていました。
 もちろんそれは「僕なりの理解」でしかないわけですが。
 メキシコ戦の酒井宏樹選手の起用も「高さ対策」ということでやはりディフェンスを基準にした起用でしたが、それも納得です。
 岡田監督もそうでしたが、日本のサイドバックは身長が低い選手が多いので、身長があるサイドバックで戦力になる選手がいるなら使いたい、というのは監督としてはあるのでしょうね。
 結局岡田監督時代も最終的には長友選手、駒野選手に落ち着きましたけども。

 強豪と戦う場合に「守備力」という基準は絶対不可欠で、そこに不安があると攻撃自体ができない。
 ドリブルが上手かったとしても、それは起用のための前提にならない。

 ということでの采配だったのだと、僕は理解していますし、それは当然のことだとも思います。

・今後のセレクション

 全敗という結果、9失点という内容はチームを作り変えるいいキッカケになるのではないでしょうか。
 「僕なりの理解」からすると、ザッケローニ監督は今後「守備力を持った選手」を使っていくことになると思います。
 3-4-3(実質的な5バック)の採用も現実的になってきましたね。
 「裏を取られたら奪い返すまで追う」姿勢を持っている選手が使われるでしょうし、そういう場面を多く見られるようになるなら、それは頼もしいことになるな、と思っています。
 ただ、いわゆる「スター候補」的な、メディアが推すタイプの選手は選ばれなかったりすることも多くなりそうですから、ザッケローニ監督バッシングは熱を帯びそうですよね。
 「監督対スターシステム」はいつだってあることだから、ファンの立場としては冷静に見ていきたいものです。

 あと、ハーフナー選手に代表されるような「身体能力に特徴のある選手」のセレクト。
 アジアと違ってカウンター攻撃も多くなるから、技術的にちょっとくらい難があったとしても「やたらと脚の速い選手」なんかは選ばれそうですよね。

 そういう、地味なところでも走りきる選手、身体能力に特徴のある選手はいるかな、という観点でJリーグを観戦するのも楽しいかもしれません。

 今後、メディアがドン引きするような、びっくりするような地味な選手選考なんかをしてくれるんじゃないかな、と正直ワクワクしています。
 好みの問題なんですが、僕はリアリスト好きなんです。

 監督が選考やスタメン構成に悩みまくるくらい、守備をする攻撃の選手、裏を取られても追う選手がいっぱい出てくるといいな、と思います。

 あと。清武選手、乾選手にはザッケローニ監督を是非見返して欲しい。
 酒井宏樹選手、高徳選手も。
 頑張って欲しいです!

 コンフェデをきっかけに、海外組だけでなくJリーグでも「世界と戦う」ことを意識したプレーが増えると面白くなりますよね。
 あと1年、いろんな視点でとても楽しみです。

 ではでは、またです!

|

« これもチャンス。 | トップページ | 同棲キョンハル四コマ。その81。 »

コメント

こんばんわ、だんちさん。

 コンフェデは残念な結果になりましたけど、うん、私としては、あの強豪相手に日本サッカーを真正面からぶつけられたのは大収穫だと思います。今までなら「ガチガチに守ってどうにかカウンターちっくな攻撃」だったでしょうし、それが曲がりなりにもパスを回して得点してますし。

 ……いや、ブラジルは別格。あれは連邦の白い悪魔です。でも、どーにか手を伸ばして相手の爪先に触れた感がしましたのでモーマンタイですね。

 幾つか翻訳された海外メディアの中でもブラジルメディアが一番冷静で的を得てました。でも、サッカー王国のブラジルメディアが詳細に日本サッカーを分析する所まで来てるんだなぁってちょろんと感動。

 残り後一年、選手も監督も成長してくれると思います。それが他の国よりも伸び率が高ければ、本戦で世界を驚かせることだって!!

 この一年で日本がより強くなる事を願いつつ、でわでわです。

2013/06/26 宇奈月悠里 拝

投稿: 宇奈月悠里 | 2013年6月26日 (水) 00:47

宇奈月さん、こんばんは^^
ツイッター上で一緒にコンフェデ見れて楽しかったですね!
仰る通りで、ごまかしなしであれだけ真正面からぶつかることができるようになってきたのは、本当に素晴らしいことだと思います。

パス回せて得点できるとか、一昔前からしたら夢の世界、漫画でしか無いシーンでしたからね!!
いい時代になったものです^^

あと1年で、いいチームになって欲しいですよね。
外野はあれこれ騒ぐだろうけど、いいチームはやっぱり強いですからね。

来年が楽しみです!!
…あと、カタールW杯がどうなるのかも、正直楽しみだったりして^^

ではでは、またです!

投稿: だんち | 2013年9月23日 (月) 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68871/57654692

この記事へのトラックバック一覧です: ザッケローニ監督の采配に対する僕なりの理解。:

« これもチャンス。 | トップページ | 同棲キョンハル四コマ。その81。 »